14th February 2011

イマジネーション、グローバルなオンチップ放送/接続ソリューションの実現を示唆

UCCP330 モバイルマルチスタンダードプログラマブル通信 IP が単一の共通オンチップ IP コアで主要なすべての放送規格とネットワーク接続規格に対応


2011 年 2 月 14 日スペイン・バルセロナ(MWC 2011)。マルチメディアおよび通信テクノロジーのリーディングカンパニーであるイマジネーションテクノロジーズ(IMG)の ENSIGMA UCCP IP プラットフォームは、完全なマルチスタンダードラジオ処理ユニット(RPU)です。これにより、統合されたシングルオンチップで業界の多数の放送規格に対応する製品の生産に備えることができます。IMG の RPU はオンチップ GPU 統合に続く「次の波」となる SoC 統合と考えられており、IMG は POWERVR IP コアによりこの分野をリードしています。

IMG は最新の ENSIGMA UCCP330 IP プラットフォームで 802.11n Wi-Fi および ISDB-S 衛星放送をサポートします。この UCCP は、世界各国のテレビ、ラジオ、通信、ネットワーク接続用のデバイスに最適なプラットフォームです。UCCP IP コアについては、MWC 2011 の IMG のブース(ホール 1 1D45)において、Linux を実行する META プロセッサを搭載した SoC への統合のデモが実施されます。

ENSIGMA UCCP プラットフォームは、実証済みで高効率かつ驚異の柔軟性を備えたプログラマブルソリューションで、増え続ける通信規格をサポートするよう設計されています。

UCCP330 のマルチスタンダード復調ソリューションは、以下のさまざまな規格に対応します。

世界中のデジタル テレビ規格 – ATSC(8VSB)、Nordig Unified 2.0 DVB-T、DVB-T2、DVB-S2/S、DVB-C、13セグ ISDB-T、ISDB-C、ISDB-S、International ISDB-T、CTTB、J.83B、およびモバイル テレビ規格の DVB-H、T-DMB、ワンセグ ISDB-T

世界中のデジタル ラジオ規格 – DAB、DAB+、DMB-R、RDS 対応 FM、ISDB-Tmm、ISDB-Tsb、HD Radio Technology

ネットワーク接続 – MIMO 技術サポートによる Wi-Fi 規格の 802.11a/b/g/n ファミリ

イマジネーションのマーケティング担当副社長トニー・キング=スミスは次のように述べています。「UCCP330 は 20 種類以上の規格に対応します。IMG と他社のソリューションの違いは、他社がこれらの規格にも「対応しうる」ものであるのに対して、IMG は完全な製品対応型の実装を提供する点です。UCCP は、高度なアプリケーションプロセッサで統合通信のタスクまで実行できる、今日の市場で唯一のマルチスタンダード通信 IP プラットフォームです。この方向性は、いずれ市場でも追随されるものと予想されています。

ENSIGMA UCCP Wi-Fi ソリューションは、IMG の METAFlow 接続型プロセッサファミリの主要コンポーネントです。MWC 2011 では、このソリューションのデモとして、Android OS および 2 つのオンチップ UCCP RPU のプログラマブルな特性を利用した複数のアプリケーションを実行します。

UCCP Series3 を使用すると、単一の共通プラットフォームを使用した大量のグローバル製品の製造が可能になり、各地域の市場に合わせて製品を構成することができます。したがって、UCCP Series3 は複数の市場をターゲットとしたアプリケーションプロセッサベースの設計に理想的なソリューションです。IMG のパートナー企業は独自のアルゴリズムを実装して、SoC 統合の次の大きな成長を実現しつつ、通信規格に関する固有のノウハウを活用することができます。

UCC Series3 はプログラマブルな ENSIGMA UCCP マルチスタンダード通信 IP プラットフォームファミリの中核を成す第 3 世代のアーキテクチャであり、使用可能なすべての規格に対して市場トップクラスのパフォーマンスを実現すると同時に、小さなシリコン領域で完全にプログラマブルな超低消費電力ソリューションを提供します。

ENSIGMA UCCP330 IP プラットフォームのライセンス供与はすでに開始されています。


All Press Releases