18th November 2009

イマジネーション、パフォーマンスをシステム レベルで最大化する POWERVR VXD390 を発表

最新のビデオ デコーダ IP コアによりテクノロジー リーダーとしての地位がさらに強固に


“2009 年 11 月 18 日(横浜) – マルチメディア チップ テクノロジーのリーディング カンパニー、イマジネーションテクノロジーズ(IMG)はビデオデコーダ IP コア ファミリの最新製品、POWERVR VXD390 を発表しました。POWERVR VXD390 はマルチスタンダード、マルチストリーム/ハイビジョン対応の低消費電力、高性能ビデオデコーダ IP コアで、放送品質のビデオ スケーラ、エラー ストリームや非準拠ストリームの堅牢な処理機能、JPEG の拡張処理、DDR3 メモリ サポート用最適化機能などを提供します。

VXD390 は MPEG-2、H.264、VC-1、AVS など、すべての国際放送規格のほか、Sorenson Spark を含む主要なビデオ規格をサポートし、MPEG-4 や H.264 などのプロファイルもサポートするため、DivX® 形式に準拠したソリューションを開発することができます。

VXD390 は H.264/L4.2(1080P60)準拠のフルハイビジョンをデコードし、Blu-ray などのマルチストリーム同時デコードが可能です。さらに、H.264 の典型的なハイプロファイル ストリームを 70MHz のクロック レートでデコードするなど、業界トップの低周波数で実現できます。

POWERVR VXD HD ビデオデコーダコアは業界をリードする OEM 各社の製品へ導入実績があり、IMG のビデオ デコーダ ファミリはネットブック、MID、ナビゲーション、電話、メディア プレーヤーなど、多岐に渡る製品に搭載されています。

IMG のマーケティング担当副社長トニー・キング=スミスは次のように述べています。「POWERVR VXD はコアとなるビデオデコード機能だけでなく、通常ではホスト CPU/GPU で複数サイクルのタスクが必要なエラー ストリーム、非準拠ストリーム、出力画像の回転やスケーリングを処理するので、マルチメディア システムのパフォーマンスを大きく向上させることができます。当社の IP コアはシステム CPU/GPU をほとんど占有しません。ドライバ用に数 MIPS を必要とするだけです。これは特にすべてのクロック サイクルやメモリ アクセスが貴重なモバイル プラットフォームにおいて重要ですが、低消費電力化が注目されている最近の電化製品にも大きなインパクトがあります。」

POWERVR ビデオ コアはモバイル機器、HDTV、IDTV、セットトップ ボックス(STB)、Blu-ray 対応製品、メディア プレーヤーなどの多岐に渡るアプリケーションをターゲットとし、多様なハードウェア ドライバや、POWERVR ビデオデコーダ/エンコーダ IP コア ファミリをサポートする数多くのパートナーからなるエコシステムによってサポートされています。

POWERVR VXD390 詳細
POWERVR VXD はシステム帯域の低さにおいて業界をリードする製品ファミリです。今回リリースされた VXD390 は最新の DDR3 メモリを念頭に最適化され、さらにその他の主要メモリ規格との親和性も維持しています

ポストプロセス機能も拡張され、VXD380 の回転機能が追加されました。放送品質のスケーラも追加されたことでハイビジョン ビデオを必要なディスプレイ解像度へとダウンスケーリングすることができ、外部スケーラ使用時と比べて 100MB/秒ほど帯域幅の消費を抑えることができ、さらにメモリ アクセスも抑えられることで消費電力を少なくすることができます。

さらに POWERVR VXD390 は拡張された JPEG デコーダを搭載し、最新のユーザー インターフェースにおいて重要な機能となっている高性能の静止画閲覧が可能です。

POWERVR VXD のストリーム処理と IP コア管理は IMG の META 組み込み型プロセッサが処理し、最大限の柔軟性が保証されます。これがすべてのヘッダーデコードを実行することで、VXD390 は規格外のビット ストリームにも対応することができます。ホスト CPUは、包括的なエラー トラップ/レポート機能を含むエラー・コンシールメント・オプションを提供する META ベースのストリーム マネージャによって、マルチストリームデコードの環境でもそれぞれのエンド アプリケーションのニーズに合ったエラー・コンシールメントをカスタマイズすることができます。META プロセッサはさらに、超低消費電力の VXD390 を実行するハードウェア エンジンをフレームごとに制御・再設定します。

VXD 390 はすべてのハイビジョン解像度をサポートし、TDM(時分割多重化)ベースで設定することができるのでシングルストリーム、デュアルストリーム、マルチストリーム HD のデコードに対応します。これにより、高度 EPG アプリケーション用にピクチャ イン ピクチャやマルチピクチャ メニューなどの機能が可能になります。

IMG の電力管理技術は非常に高い評価を得ており、POWERVR VXD コアはすべて低消費電力のため、電力に限りのあるポータブル メディア プレーヤーや携帯電話でもハイビジョン ビデオを長時間に渡って視聴することができます。

POWERVR VXD390 のライセンス供与はすでに開始しております。

DivX および関連する DivX ロゴは DivX, Inc. の登録商標です。

イマジネーションテクノロジーズについて
マルチメディアと通信におけるシリコン テクノロジーの世界的なリーディング カンパニーの Imagination Technologies Group plc(LSE:IMG)は、グラフィックス、ビデオ、マルチスレッド組み込み処理/DSP、マルチスタンダード通信アプリケーション向けの市場をリードするプロセッサ コアの製造およびライセンス供与を行っています。このようなシステムオンチップ(SoC)向けシリコン知的財産(IP)関連のソリューションは、幅広い開発者・ミドルウェア エコシステムだけでなく、強力なソフトウェア ツール製品群によって称賛されています。ターゲット市場としては、携帯電話、携帯マルチメディア機器、家庭用娯楽機器、低消費電力コンピューティングとモバイル コンピューティング、カー エレクトロニクスなどが挙げられます。ライセンス先には、主要な半導体や家庭用電化製品関連の企業が含まれています。イマジネーションテクノロジーズの本社はイギリスにあり、世界各国に販売拠点と研究開発拠点を置いています。詳しくはwww.imgtec.com をご覧ください。


All Press Releases