20th April 2016

イマジネーション、マイクロチップ、デジレントの3社、世界中の大学向けに最先端IoTカリキュラムを提供

コースは、学生にマイクロチップからクラウドに至るコネクテッド組込みシステムの理解を支援


イマジネーション・テクノロジーズ(以下:イマジネーション)とマイクロチップ・テクノロジーズ及びデジレントの3社は、 イマジネーションのユニバーシティ・プログラム向けに新たに開発されたコース「コネクテッドMCU Lab」を発表しました。 世界中の大学が利用可能な2学期制の新カリキュラムは、 大学で電子工学並びにコンピュータ・サイエンスを履修する学生向けの、 基礎及び初歩マイクロコントローラ(MCU)クラスとして作成されています。 コースは、 MCU及び入力/出力、 リアルタイムOS概要、 MIPSプロセッサ・アーキテクチャ及びクラウド・コネクティビティを扱い、 そのすべてが最新情報に基づき、 また専門用語を用いない形式となっており、 コネクテッド組込みシステムの教育カリキュラムをインタラクティブかつ、 より専門的に学ぶことができます。

コネクテッドMCU Labはハンズオン形式で行なわれ、 革新的なIoTソリューションを設計するために必要な、 WiFiを活用した開発ボード、 各種ツール、 ソフトウェア及びクラウド・サービスを活用します。 講義は、 イマジネーションの32ビットMIPS M-Class CPUを搭載したマイクロチップのPIC32MZ MCUを用いた、 デジレントのchipKIT™ Wi-FIREボードを用いて行なわれます。 chiKIT I/Oシールドは、 マイクロチップのPICkit™ 3インサーキット・デバッガを元に拡張したものを使用します。 講師および学生は、 マイクロチップの統合型開発環境「MPLAB® X」、 「MPLAB XC32」Cコンパイラ及びソフトウェア開発フレームワーク「MPLAB Harmony」と、 イマジネーションのクラウド技術に自由にアクセスすることが可能です。 ノース・カロライナ州立大学のアレクサンダー・ディーン博士が作成したコネクテッドMCU Labには、 各モジュールのプレゼンテーション・スライド、 学生ガイド、 演習問題、 テスト、 ソリューション及びインストラクター向けガイドが含まれます。

イマジネーションで、 ワールドワイド・ユニバーシティ・プログラム担当マネージャを務めるロバート・オーウェンは、 次のようにコメントしています。 「組込み業界ではインターネットに対する接続や、 より容易な開発プロセスに対する要求が高まっており、 32ビットMCUに関する教育が求められています。 次世代の組込みシステム設計者およびデベロッパは、 組込みシステムをクラウドに接続するテクニックを学ぶ必要がありますが、 多くの大学ではいまだに8ビット/16ビットMCUを用いた講義が行なわれています。 ネクテッドMCU Labのコースは、 次世代のエンジニアが必要とするスキルを用意に提供することができます。 マイクロチップ社のPIC32 MCUの中心デバイスである32ビットMIPS CPUは、 この教育に理想的なチップです。 また、 Wi-FIREボードはあらゆる意欲的なプロジェクトを支援するのに充分強力であり、 このコースがどの学生に対しても学位を通して成長できる基礎を提供することが可能です。 」

PIC32 MCUのMIPS IPコアは、 多くのコンピュータ・アーキテクチャならびにSoCソースで使用されているソフトIPコアであるMIPSfpgaと同じファミリのひとつであり、 この二つの強固なエンジニアリング教育間に強力な相乗効果をもたらします。

マイクロチップ・テクノロジーで開発ツール担当バイス・プレジデントを務めるデレク・カールソン氏は、 次のようにコメントしています。 「この最新の教育カリキュラムは、 教育分野の皆さまに対して、 組込み教育に関する最高レベルの内容を提供するという、 当社の継続的なコミットメントを表すものです。 当社の高性能MCUであるPIC32MZファミリへのアクセスを提供することで、 将来のアプリケーションに対する増大する要求に対する、 次世代エンジニアや研究生の理解と、 IoTデザインのハンズオン経験機会の提供を支援します。 さらに、 統合型開発環境「MPLAB® X」とソフトウェア開発フレームワーク「MPLAB Harmony」は、 学生にソフトウェア統合に対する理解を深め、 製品開発サイクルに対するより深い洞察力の習得を支援します。 」

デジレントでプレジデントを務めるスティーヴ・ジョンソン氏は、 次のようにコメントしています。 「デジレント社のミッションは、 教育者及び学生に対して高価値のある業界に直結した教育ツールとカリキュラムを提供することで、 電子工学やデザイン技術を、 より分かりやすく使いやすくすることです。 私たちは、 クラウドによるコネクテッド組込みデバイスの素晴らしい世界を学生に紹介する、 この新しいコースを提供するために、 イマジネーション社及びマイクロチップ社とのパートナーシップに参加することを誇りに思います。 コネクテッドMCU Labで使用するchipKIT Wi-FIREボードは、 学生にプロジェクトの迅速な立ち上げを可能とし、 意欲的なソリューションを作り出すために彼らを支援する、 開発過程で活用できる多彩なオプションを提供します。 」

現在、 オーストラリア、 中国、 ドイツ、 イスラエル、 ポルトガル、 ロシア及び英国の18大学がコネクテッドMCU Labのベータプログラムに参加しています。 大学教育期間の皆さまは、 必要事項ご登録によってコースの資料をご覧いただくことができます(www.imgtec.com/university)。

イマジネーション・ユニバーシティ・プログラム(IUP)について

イマジネーション・ユニバーシティ・プログラム(IUP)は、 世界中の教員がコースや学生プロジェク向けにイマジネーションの技術活用を支援するために設立されました。 IUPでは、 コース教育に必要な次の4項目に焦点をあてています。 第1は、 適正価格で最適なハードウェア・プラットフォームの提供、 第2は無料のソフトウェア開発ツールの提供、 第3は効果的な技術サポート、 第4は必要とされる最高水準の教育を可能とする教材提供です。 IPUは、 教育分野のすべての方々にオープンに公開されています。 詳細はこちらをご参照ください(http://community.imgtec.com/university)。

イマジネーション・テクノロジーズについて

イマジネーションは、 世界中の何十億の人々の生活を豊かにする製品を支える、 グローバル規模のテクノロジー・リーディング・カンパニーです。 広範囲なシリコン製品向けのIP(知的財産)には、 様々なモバイル、 家電、 自動車、 企業、 インフラ、 IoT、 組込機器の原動力となるSoC(システム・オン・チップ)の設計に欠かせないマルチメディア、 通信、 汎用プロセッサが含まれています。 独自のソフトウェアやクラウドIP・システムソリューションとの相乗効果によって、 ライセンシーやパートナーが高度に差別化されたSoCプラットフォームを利用した製品を素早く市場に投入することを可能にします。 イマジネーションのライセンシーである半導体メーカー、 ネットワークオペレータ、 OEMやODMなど多くの世界的な先端企業は、 各国で象徴的で革新的な製品を創り続けています。 詳しくは www.imgtec.com及びhttp://jp.imgtec.comをご覧ください。 イマジネーションの情報はTwitterYouTubeLinkedInRSSFacebookおよびブログで提供されています。

イマジネーション・テクノロジーズとイマジネーション・テクノロジーズのロゴはImagination
Technologies Limitedと英国及びその他の国の関連会社の商標です。 その他すべてのロゴ、 製品、 商標、 および登録商標は、 それぞれの所有者に帰属します。

注: 支援のコメント、 マイクロチップ・テクノロジー、 マイクロチップ・テクノロジー・アカデミック・プログラム及びデジレント社の紹介は、 英文プレスリリースをご参照ください。

###

メディアの皆さまのお問い合わせ先

英国:David Harold        david.harold@imgtec.com +44 (0)1923 260 511

米国:Jen Bernier-Santarini          jen.bernier@imgtec.com +1 408-530-5178

日本:ミアキス・アソシエイツ(河西) kasai@miacis.com

記事掲載時のお問い合わせ先

イマジネーション・テクノロジーズ株式会社

http://jp.imgtec.com/


All Press Releases