29th March 2016

イマジネーション、新Vulkan™ APIの完全サポートを含む最新のPowerVR®グラフィックスSDKを発表

デベロッパはPowerVRベースのプラットフォームで、強力なAPIを直ちに利用が可能


英イマジネーション・テクノロジーズ(IMG.L、 以下: イマジネーション)は、 グラフィックスとGPU演算アプリケーション開発のすべての側面をサポートするよう設計されたPowerVRグラフィックスSDK(Software Development Kit)の最新バージョンを発表しました。 PowerVRグラフィックスSDK v4.1には、 Khronosの新Vulkan™ 1.0 APIの完全サポートを含む、 数多くの新機能をはじめサンプル、 各種ドキュメントが含まれます。 VulkanはPC、 コンソールから携帯電話、 組み込みプラットフォームまで多種多様なデバイスで使用される最新のGPU上で、 グラフィックスと計算に対する高効率のクロスプラットフォーム・アクセスを実現します。

イマジネーションでPowerVR事業運営担当のシニア・ディレクタを務めるGraham Deaconは、 次のようにコメントしています。 「イマジネーションはVulkan APIに対する貢献度の高い企業であり、 モバイル・プラットフォーム上でVulkan APIのデモを行う最初の企業となりました。 Vulkanの仕様が発表されたので、 できるだけ早くデベロッパの手元に届けることが重要だと考えています。 デベロッパはこの新しいSDKを使うことで、 PowerVRベースのプラットフォーム上でゲーム開発とアプリケーション開発の強力なツールを手に入れます。 このプラットフォームには、 世界で最も普及しているスマートフォン、 タブレット、 OTTセットトップ・ボックスやその他コンシューマ製品が対象です。 」

PowerVR Frameworkは、 デベロッパが独自のレンダリング・エンジンまたはゲーム・エンジンを構築できる基盤として機能する、 クロスプラットフォーム・フレームワークおよびクロスAPIフレームワークであり、 完全に機能するVulkanバックエンドを搭載します。 これにより、 Vulkanを明示的に制御できる有用な機能が得られると同時に、 シーンの描画に必要なコードの量を低減できます。 このレイヤーは、 オブジェクトの作成やアセットのアップロードなどの共通タスク用の機能、 簡略化されたオブジェクトの存続時間管理、 およびクロスプラットフォーム・セットアップを特長とし、 Vulkan向けのマルチスレッド・コマンド・バッファ管理を示す例として、 イマジネーションのGnome Hordeデモも組み込まれています。

PowerVRグラフィックスSDK一式は、 MITライセンスの下で無償配布されます。 Vulkan向けSDKは、 複数のGPUアーキテクチャ(PowerVR GPUおよびデスクトップGPU)ならびに複数のオペレーティング・システム(Android、 Windows、 Linux)のクロスプラットフォームをサポートします。

イマジネーションは、 PowerVRグラフィックスSDKと合わせて、 グラフィックス・デベロッパ向けの高度なツール一式を提供しています。 最新のリリースでは新機能と拡張機能を搭載しており、 PVRShaderEditorは遮光物ごとに異なるコンパイラを選択する機能をサポートし、 PVRGeoPODは3DSMax 2016 SP2をサポートします。 PVRTraceは、 ある時点でのある呼び出しのすべての依存関係を示す完全な「呼び出しレイヤー」を含み、 またバッファ・オブジェクト・データを表示可能です。 PVRTuneは「ISP pixel load」と「Overdraw」の新しいカウンタを含んでいます。

デベロッパはhttp://community.imgtec.com/developers/powervr/でPowerVR Insiderコミュニティに参加し、 SDKをhttps://community.imgtec.com/developers/powervr/installersから無料でダウンロードし、 フォーラムを通じて交流することができます。 また、 デベロッパはwww.imgtec.com/vulkanからイマジネーションのVulkanページの他のリソースにアクセスすることもできます。 すべてのPowerVR Rogue GPUはVulkanのサポートに対応しています。

PowerVR GPUについて
イマジネーションのPowerVRグラフィックス・プロセッサ(GPU)は、 モバイルおよび組み込みグラフィックスとGPUコンピューティングのデファクト・スタンダードです。 PowerVR GPUファミリは、 技術的性能、 充実したロードマップ、 エコシステムで市場をリードしており、 これまで同種の技術としては、 圧倒的な採用、 出荷実績を誇ります。 PowerVRグラフィックスIPは、 業界トップクラスの総合的なGPUラインナップを構成しており、 幅広いアプリケーションをサポートします。 詳しくはhttps://www.imgtec.com/powervr/graphics.aspをご覧ください。

イマジネーション・テクノロジーズについて
イマジネーションは、 世界中の何十億の人々の生活を豊かにする製品を支える、 グローバル規模のテクノロジー・リーディング・カンパニーです。 広範囲なシリコン製品向けのIP(知的財産)には、 様々なモバイル、 家電、 自動車、 企業、 インフラ、 IoT、 組込機器の原動力となるSoC(Systems on Chips)の設計に欠かせないマルチメディア、 通信、 汎用プロセッサが含まれています。 独自のソフトウェアやクラウドIP・システムソリューションとの相乗効果によって、 ライセンシーやパートナーが高度に差別化されたSoCプラットフォームを利用した製品を素早く市場に投入することを可能にします。 イマジネーションのライセンシーである半導体メーカー、 ネットワークオペレータ、 OEMやODMなど多くの世界的な先端企業は、 各国で象徴的で革新的な製品を創り続けています。 詳しくはwww.imgtec.com及びwww.imgtec.com/jpをご覧ください。 イマジネーションの情報はTwitter、 YouTube、 LinkedIn、 RSS、 Facebook、 Blogで提供されています。

イマジネーション・テクノロジーズとイマジネーション・テクノロジーズのロゴはImagination Technologies Limitedと英国及びその他の国の関連会社の商標です。 その他すべてのロゴ、 製品、 商標、 および登録商標は、 それぞれの所有者に帰属します。

イマジネーション・テクノロジー・プレス担当者:
英国:David Harold david.harold@imgtec.com +44 (0)1923 260 511
米国:Jen Bernier-Santarini jen.bernier@imgtec.com +1 408-530-5178
日本:ミアキス・アソシエイツ(河西) kasai@miacis.com

記事掲載時のお問い合わせ先
イマジネーション・テクノロジーズ株式会社
www.imgtec.com/jp
お問合せ https://www.imgtec.com/jp/corporate/contactus.asp


All Press Releases