Press release

07 October 2008

イマジネーション、業界をリードするPOWERVR SGXファミリーの全製品の設計完了を発表

“モバイルおよび組込みグラフィックスのリーダーであるイマジネーションテクノロジーズ社は、 POWERVR SGXファミリー製品のすべての設計が完了したと発表しました。 このファミリーには、 SGX520、 SGX530、 SGX531、 SGX535、 そしてSGX540があります。 これでファミリーは、 世界最小のOpenGL ES 2.0 IPコアから最強のシェーダベースの組込みグラフィックス・エンジンまで広範囲にカバーするようになります。

イマジネーションテクノロジーズのCEO、 ホセイン・ヤッサイ氏は、 次のように述べています。 「組込みグラフィックス市場は拡大を続け、 より高性能で拡張性のあるソリューションが追求されています。 今ではグラフィックスの高速化を重要視するのは業界リーダーだけではありません。 高度なグラフィックスが売れる製品にし、 迫力あるアプリケーションにするのです。 グラフィック・アクセラレーションをロードマップに入れる計画のないシリコン・メーカーは、 競争力を失ってしまうでしょう」。

POWERVR SGXのライセンスを取得しているイマジネーションのパートナーには、 インテル、 NEC、 ルネサス、 サムスン、 シグマデザイン、 テキサス・インスツルメンツ、 および主要なOEMメーカーが含まれます。 POWERVR SGX535およびSGX530はサンプリング中または量産中です。 SGX540は5社を超えるパートナーにライセンス供与されており、 この四半期に複数のSoCに搭載されています。 またSGX531とSGX520は数社のライセンス供与先と設計段階にあります。 POWERVRグラフィックス・テクノロジーは次世代のコンシューマ製品やモバイル製品において決定的な勢力となっています。 最良と認められたイマジネーションのロードマップとその基盤をなすテクノロジーにより、 SGXのライセンス事業は勢いを増しています。

イマジネーションは、 10年以上に渡る多数の一流シリコン・ベンダー、 OEMおよびコンテンツ開発者との提携の歴史を基盤としており、 組込み環境において他のどんなソリューションよりも極めて効果的な真にバランスのとれたアーキテクチャを作成、 提供し、 そして主要な問題の多くを解決します。 たとえば、 イマジネーションは頂点とピクセル間の負荷の比率が大幅に異なる単一フレーム内でも(たとえば、 一方の角は晴れた空でもう一方の角は複雑な高ポリゴンモデルの画像など)、 動的に処理リソースを負荷分散するアーキテクチャを持ちます。 POWERVR SGX Series5 アーキテクチャは、 パワー、 性能、 およびシリコン領域においてもっとも効果的なシェーダベースのテクノロジーです。 これはイマジネーションの2つの主要な技術的強みである、 長年のタイルベースのグラフィックス経験およびリアルタイムのマルチスレッド・プロセッサ・テクノロジーを、 SGX アーキテクチャをベースとしたUSSE™(Universal Scalable Shader Engine)に統合したものです。 これは高度なスケジューリングと高速なコンテキスト切り替え機能が求められる次世代の組込みオペレーティング・システムおよびアプリケーションの要求に独自に取り組みます。

競合の「統一」シェーダベースのアーキテクチャはより単純化される傾向にあり、 SoCに統合化されたときに非効率性や低性能を招く結果となっています。 頂点とピクセルに個別の処理ユニットを使用する非統一のアーキテクチャでは、 本質的に非効率的で、 アプリケーションの真の要求に合わせて負荷を分散することができません。 あらゆる操作条件において、 POWERVR SGX アーキテクチャの持続スループットや効率的なシリコン稼働率に近づける競合会社はありません。

ヤッサイ氏は続けます。 「当社のパートナーが当社のテクノロジーを競合会社と比較して徹底的に詳細に評価しているならば、 当社は楽勝です。 POWERVR SGX Series5 アーキテクチャは、 その基盤となるテクノロジーと強力なロードマップにより、 競合他社の設計より何年も先を進んでいます。 そして今後さらに進んでいくでしょう」。

Imagination Technologies Group plc(FTSE:IMG)は、 半導体システムオンチップ(SoC)向け知的財産(IP)のリーディングカンパニーで、 市場をリードするグラフィック/ビデオ/ディスプレイアクセラレータ、 マルチスレッドプロセッサ、 マルチスタンダード受信機テクノロジーのライセンス供与を行っています。 これらのIPソリューションはダイナミックで幅広い開発者およびミドルウェアのエコシステムによって補完されています。 ターゲットとしている市場は、 デジタルオーディオとオーディオ、 携帯電話マルチメディア、 PMP(パーソナルメディアプレーヤー)、 車載ナビゲーションとドライバーインフォメーション、 PND(パーソナルナビゲーションデバイス)、 UMPC(ウルトラモバイルPC)とMID(モバイルインターネットデバイス)、 デジタルテレビとセットトップボックス、 携帯テレビなどです。 ライセンス先は、 主要な半導体や家庭用電化製品関連の企業だけにとどまらず、 革新的な最先端の新興企業や工場を持たない半導体企業も含まれています。 イマジネーションテクノロジーズの本社はイギリスにあり、 世界各国に販売拠点と研究開発拠点を置いています。 詳しくは、 www.imgtec.comをご覧ください。

Media contacts

If you have any enquiries regarding any of our news or press release items, please contact:

United Kingdom

david.harold@imgtec.com
Tel: +44 (0)1923 260 511

jo.ashford@imgtec.com
Tel: +44 (0)1923 260 511

Related blog articles

AI in the UK: Year in Review

As a company focused heavily on enabling AI processing, it’s important to us that the country where we live is supporting efforts around AI technology development and policy. Indeed, the government, academic institutions, investors, and the entire ecosystem in the

CES 2019 banner

Get some facetime with Imagination at CES 2019

As the holiday season starts to fade to a distant memory the reality of CES is once again looming large our horizons, promising a new flurry of technology announcements to try and make sense of. As the saying goes, what

Lenovo 300e

PowerVR 2018 consumer tech round-up

Before we shut up shop for the year here at Imagination HQ, we thought we take a quick look at some of the end user products that Imagination tech found its way into in 2018. Our IP has appeared in

7 technology predictions for 2019

It’s the time of year again when Imagination once again gazes into its crystal ball to see if we can discern what will be coming our way in 2019 – and if you want to see how our 2018 predictions

Stay up-to-date with Imagination

Sign up to receive the latest news and product updates from Imagination straight to your inbox.

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.