14th January 2016

イマジネーション、CES2016に出展されたイマジネーション製品の紹介


イマジネーション・テクノロジーズ(IMG.L、 以下:イマジネーション)が、 Consumer Electronics Show (CES) 2016でご紹介した、 各製品並びに最新技術、 パートナーの製品および技術開発、 イマジネーションの技術をベースとしたエンドユーザーの最終製品は次のとおりです。

CESで発表されたイマジネーションの画期的な技術:

·
モバイルおよびコンシューマ・グラフィックスに大変革を起こす、 シリコン実装したPowerVR Wizard GR6500レイ・トレーシングGPU。 このGPUは、 デスクトップGPUの50 倍の効率で驚くべきリアリズムと性能を提供します。

·
PowerVRグラフィックス、 OpenVX™ 対応GPUコンピューティング、 ビデオのエンコード/デコードおよびカメラISPを搭載した最新の統合プラットフォーム・テクノロジ。 これにより、 先進運転支援システム(ADAS)、 監視、 スマート・カメラ、 ドローンなど、 ローエンドからハイエンドまでさまざまな用途のコンピュータ・ビジョン・アプリケーションを実現します。

·
エンジニア、 開発者、 インテグレータがIoT製品およびソリューションを簡単に構築する方法を実演。 Creator Ci40には、 ハードウェア、 ソフトウェア、 開発ツール、 およびワイヤレスIoT システムを短期間で構築するために必要なクラウド・インフラストラクチャが含まれており、 IoT開発を始めるために必要なすべてがそろった最高のIoT-in-a-Box開発キットです。

CESで発表されたパートナーの製品および技術開発:

·
Ineda Systems Inc.は、 低消費電力I3 Series SoCの量産を発表しました。 FPUとDSPをサポートする2つのMIPS CPUを使用するこのSoCは、 フィットネス・バンド、 スマート・センサ、 サーモスタット、 医療機器など、 電力が重要な要件となる用途に適しています。

·
Mobileyeの先進のADASテクノロジにはMIPSプロセッサが活用されており、 BMW、 Ford、 ホンダ、 Hyundai、 Teslaなどの企業で採用されています。 Mobileyeは、 Road Experience Management(REM)という新しいクラウドソースのリアルタイム・マッピング・テクノロジの開発を発表しました。 REMのパートナーにはGeneral MotorsおよびVolkswagenなどがあります。

·
MQAは、 イマジネーションのCaskeid開発システムによる高品質のオーディオ再生のデモを実施しました。 MIPSプロセッサおよびEnsigmaコネクティビティIPを備え、 ワイヤレスでのオーディオ同期を実現します。

·
NetSpeed Systemsは、 イマジネーションと協力し、 最先端のプラットフォーム設計およびSoC設計向けの次世代ファブリック・ソリューションを提供すると発表しました。

·
Qualcomm Atherosは、 MIPSベースのQCA4531インテリジェント・コネクティビティ・ソリューションで動作する、 GoogleのWeaveの実装についてデモを実施しました。

·
Renesasは、 自動車向けSoCの新製品であるR-Car H3のデモを実施しました。 ハイエンドのPowerVR GX6650 GPUおよび192 ALUコアを搭載し、 ハードウェアの仮想化によって頑健性と安全性を最大限に高めます。

·
RightwareはKanzi Partner Programの創設メンバーを発表しました。 イマジネーションもこれに含まれます。 Kanzi Partner Programは、 自動車産業に重点を置いて、 デジタル・ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)の将来を開発し定義するために協力する、 グローバルなエコシステム企業です。

·
Securifiは、 MIPSベースのAlmondルータを幅広く展示しました。 発表された新製品のAlmond 3は、 タッチスクリーン・ワイヤレス・ルータ、 スマート・ホーム・ハブ、 従来のWi-Fiルータの機能を1 台でこなします。

·
Sequans Communicationsは、 MIPSベースのColibri LTEチップセット・プラットフォームがAT&TのADAPTチップセット検証プログラムに合格し、 AT&Tの4G LTEネットワークでの運用が承認されたことを発表しました。

·
Valensは、 テクノロジ&エンジニアリングのエミー賞を受賞したMIPSベースのHDBaseT自動車コネクティビティ・テクノロジを展示しました。 また、 HDBaseT AllianceのGM、 Daimler、 Delphiとともに、 自動車インフラストラクチャへの展開を明らかにしました。

·
パートナー各社が、 PowerVR GPU搭載SoCによる新しい自動車ソリューションを展示しました。 Green Hills SoftwareはRenesas R-Car H2およびH3でINTEGRITYテクノロジを展示し、 Texas Instruments(TI)はTDA2x ADAS SoCおよび自動車向けSoCのTI「Jacinto 6」を展示しました。 QNXは、 そのTI「Jacinto 6」で新しいQNX In-Car Communication(ICC)テクノロジを展示しました。

CESでのその他の展示:

·
NibiruおよびDlodloのVRヘッドセット、 AmazonおよびGoogleのOTTメディア・プレーヤなど、 PowerVR GPUを搭載したコンシューマ向け製品

·
ASUS、 Dell、 HTC、 Huaweiなどからの、 PowerVRによるグラフィックスおよびビデオ機能を搭載した新しいスマートフォンおよびタブレット。 Huaweiスマートフォンの最新フラッグシップ機であるMate 8は、 PowerVR H.265 4Kビデオ・デコード機能を搭載しています。

·
Toshibaの開発ボードは、 PowerVRのグラフィックスおよびビデオ機能を搭載したTZ5011プロセッサを使用し、 Wi-FiコネクティビティにはEnsigma 802.11ac 2×2 MIMOを使用しています。

·
イマジネーションのPowerVR Raptor V2500カメラISPを使用した車載ダッシュボード・カメラ

·
Creator Ci40で動作するIoTおよびM2M用途向けのGoogleの新しいBrillo運用システム

·
ウェアラブル・カメラ、 スマート・グラス、 Swimbotのスマート・フィットネス・デバイスなど、 MIPS CPUを搭載したウェアラブル・デバイス。 中国のウェアラブル・フィットネス・オペレータであるFiiSmartはAlibabaと提携してPay Watchを発表しました。

·
Ali、 Realtek、 Sigma Designsといった企業のテクノロジを使用してTCLなどのブランドから提供されているMIPSベースのテレビおよびセットトップボックス

·
Creator Ci40などのMIPSを搭載したIoT開発ボード、 Vocore、 Standing Egg、 Digilentなどのボード、 MediaTek LinkIt Smart 7688開発プラットフォーム

·
Altairの高性能かつ省消費電力のLTEチップセットは、 幅広いIoTアプリケーションに求められるコネクティビティを向上させるプラットフォームです。 このチップセットにはMIPSが搭載されています。

·
MicrochipのPIC32ライン・マイクロコントローラには、 MIPS Warrior M-クラスCPUが搭載されています。

·
イマジネーションのMIPS CPU、 コネクティビティを提供するEnsigma RPU、 オーディオの同期を実現するCaskeidテクノロジを組み合わせた最高のマルチルーム向けオーディオ・デジタルラジオ・ソリューション、 およびEnsigma RPUを採用した新しい車載オーディオソリューション

·
Baikalが高性能のMIPS Warrior P5600 CPUを初めてシリコン実装しました。

·
ITUS NetworksのShieldネットワーク・セキュリティ・システムには、 Cavium NetworksのMIPSベースOCTEON IIIプロセッサが搭載されています。

·
QuantaのIPカメラには、 MIPS CPUおよびイマジネーションのFlowTalk VoIPテクノロジが採用されています。

·
上記のほか、 AllSeen Alliance、 Digital
River、 HSA Foundation、 Khronos Group、 Pure、 Rockchip、 Sony、 Thread Group、 Wi-Fi Allianceなどもイマジネーションのパートナーです。

イマジネーション・テクノロジーズについて

イマジネーションは、 世界中の何十億の人々の生活を豊かにする製品を支える、 グローバル規模のテクノロジー・リーディング・カンパニーです。 広範囲なシリコン製品向けのIP(知的財産)には、 様々なモバイル、 家電、 自動車、 企業、 インフラ、 IoT、 組込機器の原動力となるSoC(システム・オン・チップ)の設計に欠かせないマルチメディア、 通信、 汎用プロセッサが含まれています。 独自のソフトウェアやクラウドIP・システムソリューションとの相乗効果によって、 ライセンシーやパートナーが高度に差別化されたSoCプラットフォームを利用した製品を素早く市場に投入することを可能にします。 イマジネーションのライセンシーである半導体メーカー、 ネットワークオペレータ、 OEMやODMなど多くの世界的な先端企業は、 各国で象徴的で革新的な製品を創り続けています。 詳しくは www.imgtec.com及びhttp://jp.imgtec.comをご覧ください。 イマジネーションの情報はTwitterYouTubeLinkedInRSSFacebookおよびブログで提供されています。

イマジネーション・テクノロジーズとイマジネーション・テクノロジーズのロゴはImagination Technologies Limitedと英国及びその他の国の関連会社の商標です。 その他すべてのロゴ、 製品、 商標、 および登録商標は、 それぞれの所有者に帰属します。

メディアの皆さまのお問い合わせ先

英国:David Harold      david.harold@imgtec.com +44
(0)1923 260 511

米国:Jen Bernier-Santarini       jen.bernier@imgtec.com +1
408-530-5178

日本:ミアキス・アソシエイツ(河西) kasai@miacis.com

記事掲載時のお問い合わせ先

イマジネーション・テクノロジーズ株式会社

http://jp.imgtec.com/


All Press Releases