Press release

11 November 2009

イマジネーション、H.264 ハイプロファイル対応の最新ビデオ エンコーダ IP コアを発表

合成可能 IP コアとしては最高品質のマルチスタンダード HD 復号化を実現する POWERVR VXE380

2009 年 11 月 18 日(横浜) – マルチメディア チップ テクノロジーのリーディング カンパニー、イマジネーションテクノロジーズ(IMG)は、第 3 世代ビデオ エンコーダ IP ファミリの最新メンバー、「POWERVR VXE380」を発表しました。同製品はH.264 ハイプロファイル(HP)対応で、マルチスタンダード ビデオのエンコーダを実現します。

POWERVR VXE エンコーダ ファミリの最新メンバーは合成可能 IP コアとしては最高品質のエンコーダを実現し、現在販売されている IP コアの中でも最も包括的なハイプロファイル、メインプロファイルのツールセットを実装しています。つまりすべてのビット レートに渡って画質が改善され、映像源から最小限の劣化でエンコードストリームの超低ビット レートを実現します。

IMG のマーケティング担当副社長トニー・キング=スミスは次のように述べています。「高品質のユーザー生成コンテンツをあらゆるモバイル デバイスで視聴したいというニーズが高まり続けている現状の中、当社の VXE HD ビデオ エンコーダ製品の注目度が上がっています。当社のパートナーに、VXE380 が採用している高度エンコーダアルゴリズムを数多くの競合ソリューションと比較してもらいましたが、当社のソリューションが最も優れているとのフィードバックをいただきました。同製品は現在モバイル デバイスに搭載されているハイビジョン解像度の高画質センサーに最適の組み合わせだと言えます」

IMG は 11 月 20 日、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology(ET)2009/組込み総合技術展」で POWERVR VXE テクノロジーに関する資料を配布する予定です。

POWERVR VXE はビデオ シーケンスや静止画像を H.264 ハイプロファイル、メインプロファイル、ベースラインプロファイル、MPEG263-4、JPEG などの幅広い圧縮規格でエンコードします。これらのコアは、ビデオ/静止画像のエンコード処理全体のハードウェアに対する負荷を軽減してホスト CPU の処理負荷を最低限に抑え、パフォーマンスを損ねることなく低消費電力を実現します。また、Linux での OpenMAX IL に準拠した API を含め、付随するソフトウェア スタックによって完全にサポートされています。

コアは拡張可能でフルハイビジョンのビデオをエンコードでき、さらに非常に高いフレーム レート(例:QVGA 解像度で 1200 fps 超)での録画が可能なため、現在最も求められているエンコーダの機能である詳細なスローモーション キャプチャを実現します。IMG 独自の拡張可能なアーキテクチャにより、4K 解像度のサポートも可能です。

コアは拡張可能でフルハイビジョンのビデオをエンコードでき、さらに非常に高いフレーム レート(例:QVGA 解像度で 1200 fps 超)での録画が可能なため、現在最も求められているエンコーダの機能である詳細なスローモーション キャプチャを実現します。IMG 独自の拡張可能なアーキテクチャにより、4K 解像度のサポートも可能です。

IP コアは小さな組み込み型 32 ビット META プロセッサを搭載しており、これがホスト プロセッサに依存することなく、レート制御アルゴリズムに柔軟に対応しています。この柔軟性により、最も条件の厳しいアプリケーションにおけるレート制御条件を満たす設計が可能になります。

VXE380 IP コアはほかの IMG の IP コア同様、システム統合の容易さを念頭に設計されているため、外部コンポーネントは最小限に抑えられ、最新の DDR3 デバイスを含む主要な DRAM 用に最適化されたメモリ インターフェースをサポートします。

エンコーダの POWERVR VXE ファミリは幅広い消費者、そして携帯電話、デジタル カメラ、Blu-Ray ディスクの作成、ポータブル メディア プレーヤー、ビデオ会議、セキュリティ カメラ、ナビゲーション、家庭用ビデオ レコーダ、ハードウェア エンコード アクセラレータなどの組み込みアプリケーションに理想的な製品です

POWERVR VXE380 IP コアのライセンス供与はすでに開始しております。

イマジネーションテクノロジーズについて
マルチメディアと通信におけるシリコン テクノロジーの世界的なリーディング カンパニーの Imagination Technologies Group plc(LSE:IMG)は、グラフィックス、ビデオ、マルチスレッド組み込み処理/DSP、マルチスタンダード通信アプリケーション向けの市場をリードするプロセッサ コアの製造およびライセンス供与を行っています。このようなシステムオンチップ(SoC)向けシリコン知的財産(IP)関連のソリューションは、幅広い開発者・ミドルウェア エコシステムだけでなく、強力なソフトウェア ツール製品群によって称賛されています。ターゲット市場としては、携帯電話、携帯マルチメディア機器、家庭用娯楽機器、低消費電力コンピューティングとモバイル コンピューティング、カー エレクトロニクスなどが挙げられます。ライセンス先には、主要な半導体や家庭用電化製品関連の企業が含まれています。イマジネーションテクノロジーズの本社はイギリスにあり、世界各国に販売拠点と研究開発拠点を置いています。詳しくはwww.imgtec.com をご覧ください。

Media contacts

If you have any enquiries regarding any of our news or press release items, please contact:

United Kingdom

david.harold@imgtec.com
Tel: +44 (0)1923 260 511

jo.ashford@imgtec.com
Tel: +44 (0)1923 260 511

Related blog articles

Right or wrong? Looking back at our 2018 predictions

When we gazed into our crystal ball at the end of 2017, we made several predictions for 2018. I’m pleased to say that we weren’t far off the mark on most of them. In this post, we revisit our 2018

What is PowerVR Automotive? Register NOW to hear our webinar.

The automotive industry is going through many changes and that is having a huge impact on the semiconductor IP industry. The vehicle will move from being predominantly mechanical to primarily a computer on wheels enabling a future of self-driving cars,

Image-based lighting

PowerVR Tools and SDK 2018 Release 2 now available

Here’s an early Christmas present for graphics developers – the release of the latest version of our PowerVR Tools and SDK! The headline features for this release include some exciting new examples demonstrating new techniques in our SDK, and some very

on stage in China

PVRIC4 a hit at ICCAD 2018 in China

Imagination’s PVRIC4 image compression tech garnered plenty of attention at the recent ICCAD China 2018 symposium, which took place on 29th and 30th November at the Zhuhai International Convention & Exhibition Centre, China. The annual event focusses on integrated circuit

Stay up-to-date with Imagination

Sign up to receive the latest news and product updates from Imagination straight to your inbox.

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.