Press release

16 Feb 2009

イマジネーション、HD H.264 High Profile 機能を最新のビデオ エンコーダ IP コアに搭載

POWERVR VXE320 と VXE360 でマルチスタンダード モバイル向けSD & HD エンコードを実現

2009 年 2 月 16 日、スペイン・バルセロナ(モバイル世界会議)― マルチメディア チップのテクノロジー会社は IMG のテクノロジーズ(IMG)は、POWERVR™ VXE ビデオ エンコーダ ファミリの新しい 2 つの IP コアを発表しました。

POWERVR VXE320 と VXE360 は IMG のビデオ IP ファミリの第3世代に属し、SD と HD の各解像度での H.264 High Profile(HP)を始めとするマルチスタンダード エンコードを提供します。

POWERVR VXE はビデオ シーケンスや静止画像 H.264 High Profile、Main Profile、Baseline Profile、MPEG-4、JPEG などの幅広い規格にエンコードします。これらのコアは、ビデオ/静止画像のエンコード処理全体のハードウェアに対する負荷を軽減してホスト CPU の処理負荷を最低限に抑え、パフォーマンスを損ねることなく低消費電力を実現します。また、Linux での OpenMAX IL に準拠した API を含め、処関連のソフトウェア スタックによって完全にサポートされています。

VXE320 と VXE360 はいずれも H.264 High Profile エンコーディングをサポートし、低ビットレートでのビデオ画質の向上を実現します。B-frame や CABAC エンコーディングなどの機能により可能な限り最高の画質でビデオを録画、送信することが可能で、なおかつストレージやネットワーク伝送に必須の低データレートを維持します。POWERVR VXE360 を使用した High Profile のプロビジョニングで、現在の効率の低い M-JPEG アルゴリズムを使用する機器に比べ、HD ビデオの録画容量が通常で 10 倍向上します。

これらのコアはスケーラブルなため、フル HD ビデオのエンコードだけでなく、極めて高いフレームレート(例:QVGA で > 1200 fps)で録画して詳細なスロー モーション キャプチャが可能です。これは最近ラスベガスでの CES(Consumer Electronics Show)で発表された「最新機能」の 1 つです。

エンコーダの POWERVR VXE ファミリは幅広い消費者、そして携帯電話、デジタル カメラ、Blu-Ray ディスクの作成、ポータブル メディア プレーヤー、ビデオ会議、セキュリティ カメラ、ナビゲーション、家庭用ビデオ レコーダ、ハードウェア エンコード アクセラレータなどの組み込みアプリケーションに理想的な製品です。

新しいインテリジェントなモーション サーチ アルゴリズムでメモリ帯域幅の要件を劇的に低減する一方で、サーチ範囲の拡大によって可能な限り最高のビデオ画質と圧縮率が得られます。メモリアクセスは SoC(System-on-Chip)の消費電力が高くなる主な原因の 1 つであるため、この帯域幅要件の低減も SoC の全体的な消費電力要件を下げるのに一役買っています。

VXE320 コア と VXE360 コアのマルチスタンダード サポートについては、幅広い未加工の画像データで検証し、表示画質に優れ劣化が最小限な高い圧縮率を保証しています。サポートされる規格は以下のとおりです。H.264 HP@L4.1、MPEG-4 SP@L5.0、H.263 P0@L50、M-JPEG Baseline Profile 4:2:2 & 4:2:0、JPEG Baseline Profile 4:2:2 & 4:2:0。

すべての POWERVR VXE ビデオエンコーダは強力なリアルタイム ストリーム マネージャを搭載しています。これは IMG の META MTX32 ビット組み込みプロセッサを基盤とし、レート制御や全体的なコア管理機能を実行します。VXE コアの包括的で柔軟なレート制御アルゴリズムは固定、可変、固定 QP、低遅延のビットレート制御機能を備え、エンド アプリケーションの要件に対応します。POWEVR VXE 独自のアーキテクチャにより、新しいシリコンを導入することなく既存のハードウェアを使用して、将来的なレート制御要件に対処できます。

POWERVR VXE コアは、3GPP や 3GPP2 などのさまざまな相互運用規格のビデオ要件を満たし、JFIF1.1 へのフルエンコードに対応しているため、幅広いモバイル アプリケーションに利用可能です。

イマジネーションテクノロジーズについて
マルチメディアと通信におけるシリコン テクノロジーの世界的なリーディング カンパニーの Imagination Technologies Group plc(LSE:IMG)は、グラフィックス、ビデオ、マルチスレッド組み込み処理/DSP、マルチスタンダード通信アプリケーション向けの市場をリードするプロセッサ コアの製造およびライセンス供与を行っています。このようなシステムオンチップ(SoC)向けシリコン知的財産(IP)関連のソリューションは、幅広い開発者・ミドルウェア エコシステムだけでなく、強力なソフトウェアツール製品群によって称賛されています。ターゲット市場としては、携帯電話、携帯マルチメディア機器、家庭用娯楽機器、低消費電力モバイル コンピューティング、カー エレクトロニクスなどが挙げられます。ライセンス先には、主要な半導体や家庭用電化製品関連の企業が含まれています。イマジネーションテクノロジーズの本社はイギリスにあり、世界各国に販売拠点と研究開発拠点を置いています。詳しくは、www.imgtec.com をご覧ください。

広報担当者:
David Harold
Imagination Technologies
tel +44 (0)1923 260 511
fax +44 (0)1923 270 188
e-mail: david.harold@imgtec.com
Imagination House
Home Park Estate
Kings Langley
Herts WD4 8LZ

Media contacts

If you have any enquiries regarding any of our news or press release items, please contact:

United Kingdom

david.harold@imgtec.com
Tel: +44 (0)1923 260 511

jo.ashford@imgtec.com
Tel: +44 (0)1923 260 511

Related blog articles

Image-based lighting

PowerVR Tools and SDK 2018 Release 2 now available

Here’s an early Christmas present for graphics developers – the release of the latest version of our PowerVR Tools and SDK! The headline features for this release include some exciting new examples demonstrating new techniques in our SDK, and some very

on stage in China

PVRIC4 a hit at ICCAD 2018 in China

Imagination’s PVRIC4 image compression tech garnered plenty of attention at the recent ICCAD China 2018 symposium, which took place on 29th and 30th November at the Zhuhai International Convention & Exhibition Centre, China. The annual event focusses on integrated circuit

The ultimate embedded GPUs for the latest applications

Introducing PowerVR Series9XEP, Series9XMP, and Series9XTP As Benjamin Franklin once said, only three things in life are certain: death, taxes and the ongoing rapid advancement of GPUs for embedded applications*. Proving his point, this week, Imagination has once again pushed

Opinion: the balance between edge and cloud.

Simon Forrest explains how embedded chips can meet the challenge of delivering true local AI processing. GPUs and NNAs are rapidly becoming essential elements for AI on the edge. As companies begin to harness the potential of using neural networks

Stay up-to-date with Imagination

Sign up to receive the latest news and product updates from Imagination straight to your inbox.

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.