12th June 2010

イマジネーション、META ベースの SoC アプリケーション プラットフォーム向け Android を発表

シングルスレッド/マルチスレッドへの完全版 Android OS 搭載による独自の SoC ソリューション


マルチメディアと通信におけるチップ テクノロジーの世界的なリーディング カンパニーであるイマジネーションテクノロジーズは、META に接続されたアプリケーション プラットフォームを含む同社の META マルチスレッド プロセッサ ファミリを Android™ でサポートすることを発表しました。

Google Android OS(オペレーティング システム)完全版が META Linux カーネル上で実行されるよう移植され、完全な SMP(対称型マルチプロセッサ)とホットプラグ機能が実装されます。META 向け Android は標準のバイナリ Android アプリケーションを実行し、META 専用に記述された Dalvik VM(仮想マシン)に最適化されたポートを搭載しています。

META マルチスレッド プロセッサや META に接続されたアプリケーション プラットフォーム ソリューションは META プロセッサと ENSIGMA 接続テクノロジーを組み合わせたものであり、デジタル家電時代の「どこでもインターネット」の原動力となるよう設計されています。

イマジネーションは META 向け Android を 12 月 1 日から横浜で開催される組込み総合技術展(Embedded Technology 2010)で発表し、本日 12 月 6 日に 東京の英国大使館で行われる同社の招待者限定の年次業界イベントにおいて実装のデモンストレーション展示を行います。

META によって、非常に小さなフットプリントや高効率プロセッサから非常に高性能な SoC に至るまで、スケーラブルな Android ソリューションが提供されます。イマジネーションではデモにおいて、META に接続されたアプリケーション プラットフォームのエントリー レベルのモデルは接続型ラジオ、スマートフォトフレーム、情報端末、シンクライアント機器、インターネット エッジ アプライアンス、タブレットやセットトップ ボックスなどの拡張組込み機器に最適であることを発表します。

市場調査会社 Gartner によると、2010 年第 3 四半期の世界中でのスマートフォン販売における Android OS のシェアは 25.5% にのぼっています。ただし、最新の傾向によると Android は現在さらに多くのタブレットやセットトップ ボックス、またはフォトフレーム、カメラ、プリンタなどその他の家庭用デジタル製品市場でも採用されています。イマジネーションの META ライセンスにとって Android が魅力的であるのは、この成長トレンドによります。

イマジネーションのマーケティング担当副社長トニー・キング=スミスは次のように述べています。「アプリケーション開発の分野で急速に業界標準となりつつある Android OS をサポートすることによって、完全な META ベースのアプリケーション プラットフォーム ソリューションを提供することができるようになりました。Android が提供する豊富なアプリケーション環境により、当社の META パートナーは Android を基とする開発者、ミドルウェア、コンテンツのコミュニティを十分に活用することができます。」

32 ビット SoC プロセッサ IP コアの META ファミリは、ハードウェア マルチスレッドを使って汎用、DSP 性能を提供する、

META に接続されたアプリケーション プラットフォームは、イマジネーションの革新的な META マルチスレッド プロセッサと、使用条件を問わず低消費電力とハイ パフォーマンスを実現すべく最適化された ENSIGMA マルチスタンダード プログラマブル通信テクノロジーを組み合わせたものです。 比類なき組み込み型プロセッサ製品群です。高い SoC システム待ち時間許容度と今までにないレベルのリアルタイム レスポンスを提供するので、SoC アプリケーションに最適です。

イマジネーションでは META 向け Android により多くの機能を短期間で積極的に追加し、さらに  POWERVR SGX グラフィックスや VXD ビデオ復号化、META AXD オーディオ プラットフォームや ENSIGMA UCCP 通信および接続コアなどその他の IP コアに幅広く統合する予定です。

キング=スミスはさらに、「シングルまたはマルチ ハードウェア スレッドに搭載された Android と、要求の厳しいリアルタイム ネイティブ DSP アルゴリズムとをすべて同一の SoC プロセッサ プラットフォームで組み合わせることができるのは、METAベースの SoC プラットフォームのみです。このことにより、高度に最適化されコストを考慮されたシングルチップベースのソリューション内で Android アプリケーションの柔軟性と要求の厳しいリアルタイム DSP や通信タスクとを組み合わせたい、とりわけ当社の ENSIGMA や POWERVR IP ポートフォリオの IP と共に組み合わせたいと望んでいる最終製品設計者にとって、META はさらに並ぶもののない魅力的な選択肢となっています。」と語っています。

イマジネーションテクノロジーズについて
マルチメディアと通信におけるチップ テクノロジーの世界的なリーディング カンパニーの Imagination Technologies Group plc(LSE:IMG)は、グラフィックス、ビデオ、マルチスレッド組み込み処理/DSP、マルチスタンダード通信アプリケーション向けの市場をリードするプロセッサ コアの製造およびライセンス供与を行っています。このようなシステムオンチップ(SoC)向けシリコン知的財産(IP)関連のソリューションは、幅広い開発者やミドルウェア エコシステムだけでなく、プラットフォーム レベルの IP およびサービスや強力なソフトウェア ツール製品群によって支えられています。ターゲット市場としては、 携帯電話、携帯マルチメディア機器、家庭用娯楽機器、低消費電力コンピューティングとモバイル コンピューティング、カー エレクトロニクスなどが挙げられます。ライセンス先には、主要な半導体や家庭用デジタル製品関連の企業が含まれています。イマジネーションテクノロジーズの本社はイギリスにあり、世界各国に販売拠点と研究開発拠点を置いています。詳しくは www.imgtec.com をご覧ください。


All Press Releases