Press release

14 February 2011

イマジネーション、OpenCL 準拠の POWERVR SGX コアを発表

Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Share on reddit
Share on digg
Share on email

2011 年 2 月 14 日スペイン・バルセロナ(MWC 2011)。マルチメディアおよび通信テクノロジーのリーディング カンパニーであるイマジネーションテクノロジーズ(IMG)は、Khronos が策定した OpenCL 1.0 Embedded Profile に準拠 * する POWERVR SGX ドライバを発表しました。

イマジネーションのマーケティング担当副社長トニー・キング=スミスは次のように述べています。「OpenCL により開発者は独自のアルゴリズムを使用して、CPU の限界を超える大量の計算処理を GPU で並列かつスケーラブルに実行できます。当社は、組み込み GPU テクノロジーの需要を大きく拡大するこのような動向に対応できる最先端のテクノロジーを保持しています。」

OpenCL 機能は、最新リリースの製品ドライバを含む POWERVR SGX ライセンスにより利用できます。
IMG は、2 月 14 ~ 17 日にスペインのバルセロナで開催される MWC 2011 において、現在販売中の POWERVR SGX 対応製品で OpenCL アプリケーションのデモを実施します(ホール 1D45)。

注記

*準拠要件は、Linux ベース OpenCL 1.0 EP 用 POWERVR SGX 535 です。製品は公開されている Khronos Specification に基づき、Khronos ConformanceTesting Process をクリアしているものとします。 現在の準拠状況については、www.khrnos.org/conformance をご覧ください。

www.khronos.org をご覧ください。

Media contacts

If you have any enquiries regarding any of our news or press release items, please contact:

United Kingdom

david.harold@imgtec.com
Tel: +44 (0)1923 260 511

jo.ashford@imgtec.com
Tel: +44 (0)1923 260 511

Related blog articles

Oppo Reno-Z

Oppo Reno Z review – PowerVR Series9XM in action

Oppo has made a name for itself as one of the leading brands, not only in China but around the world, with a 9% market share in Q2 of 2019. It has got there by offering phones with interesting designs

Celebrating the 20th anniversary of Dreamcast and PowerVR

It was 20 years ago today (well yesterday, strictly speaking, but close enough) that Sega released the Dreamcast onto the world in the US, with the Japanese and European launches following on later that year. While its reign was short

Stay up-to-date with Imagination

Sign up to receive the latest news and product updates from Imagination straight to your inbox.

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.