14th June 2012

イマジネ ー ション、PowerVR Series6の「Rogue」ファミリを強化

PowerVR G6230、G6430が2また4クラスタ コアのIPファミリを拡張


マルチメディア テクノロジー分野におけるリーディング カンパニーのイマジネーションテクノロジーズは、 革新的なPowerVR Series6 GPUコア ファミリの最新のIPコアを発表しました。

PowerVR G6230およびG6430のGPUのIPコアは、 拡大し続けるPowerVR Series6 GPUコアファミリの最新コアで、 消費電力および帯域幅要件を最小限に抑えながら高いコンピューティング効率を提供します。

G6200およびG6400コアの後継製品であるPowerVR G6230とG6430は、 2つの「2クラスタ」および2つの「4クラスタ」IPコアを含むようになったSeries6ファミリで設計上、 2つのポイントがあります。

PowerVR G6200およびG6400が、 それぞれ2および4クラスタ アーキテクチャにおいてできるだけ小さいコア面積で最高性能を提供するように設計されているのに対し、 PowerVR G6230およびG6430は消費電力を最小化しながら最大性能を実現するためにコア面積を拡大し「ベストを目指した」製品です。

すべての「Rogue」アーキテクチャ コアは、 機能セットをさらに充実し、 競合ソリューションを寄せつけない消費電力/性能比を提供します。

イマジネーションのマーケティング担当副社長トニー・キング=スミスは次のように述べています。 「これまでに発表されている4つのコアにより、 PowerVR Series6は幅広い市場と要件を対象にできます。 PowerVR Series6は高性能で超低消費電力のGPUコアの新しいベンチマークをすでに打ち立てています。 イマジネーションは、 G6200、 G6230、 G6400、 およびG6430により、 ライセンス パートナーが製品化しようとしている差別化されたさまざまなデザインに合った消費電力、 性能、 およびコア面積を用意します。

PowerVR Series6は拡張性の高い「Rogue」アーキテクチャをベースにしています。 また、 製品の差別化と最短開発期間の最適な妥協点で業界をリードするグラフィックスIPソリューションを展開しようとしているライセンス パートナーに、 最も幅広い範囲にわたる性能を提供するために、 追加コアが発表される予定です。

 

Rogueの内部について

拡張可能なコンピューティング クラスタ数に基づくPowerVR Rogueアーキテクチャは、 モバイルからスマートフォン、 タブレット、 PC、 コンソール、 自動車、 TVなどの最高性能の組み込みグラフィックスを要求する、 拡大し続ける厳しい市場の要件をターゲットとして設計されています。 PowerVR G62xxおよびG64xxは、 これらのさまざまなプログラマブル コンピューティング要素を使用し、 消費電力および帯域幅要件を最小限に抑えながら高いコンピューティング消費電力効率を実現します。 PowerVR G62xxおよびG64xxはそれぞれ、 2つまたは4つのコンピューティング クラスタを備えています。

PowerVR Series6 GPUコアは、 100GFLOPS(ギガFLOPS)を超えてTFLOPS(テラFLOPS)の範囲に到達するコンピューティング性能を提供し、 モバイルからハイエンド コンピューティングおよびグラフィックス ソリューションまで高レベルのグラフィックス性能を実現するように設計されています。 Rogueコアは、 最新のスマートフォン、 タブレット、 TVに加え、 自動車業界で求められているマルチスクリーン サポートに必要なフィル レートを確保する仕様になっています。

RogueはOpenCL 1.xやRenderscript ComputeなどのコンピューティングAPIの要件を満たし、 モバイルおよび組み込みデバイスにとって最適な性能/消費電力比を実現します。 Series6ファミリのすべてのメンバーは、 次世代のOpenGL ES API*、 OpenGL 3.x/4.x、 およびDirectX10を含む最新グラフィックスAPIのすべての機能をサポートするように設計されており、 一部のファミリ メンバーはWHQLに完全に準拠するDirectX11.1の機能にまで機能を拡張しています。

PowerVR Series6ファミリは高度で拡張可能なコンピューティング クラスタ アーキテクチャ、 ロスレス画像、 パラメータ圧縮、 広く認められているPVRTC2™テクスチャ圧縮を含む効率の高い圧縮テクノロジー、 拡張されたスケジューリング アーキテクチャ、 イマジネーションのMetaテクノロジーをベースとする専用のハウスキーピング処理プロセッサ、 新世代のタイルベースの遅延レンダリング アーキテクチャなどの新しいテクノロジーおよび機能の重要なポートフォリオを提供します。 これらの機能の組み合わせにより、 面積および消費電力単位あたりの性能を最大化しながら、 業界で最も低いメモリ帯域幅を消費する高度なレイテンシイ耐性アーキテクチャを実現しています。

 

PowerVRについて

イマジネーションのPowerVRグラフィックス テクノロジーは、 グラフィック製品にパワーを与え、 最高のスマートフォン、 タブレット、 TV、 コンソール アプリ、 ゲームを実現するために世界のトップレベルの カンパニーがライセンスを取得しています。 イマジネーションは飛び抜けたグラフィックス テクノロジーを提供するだけではなく、 PowerVR Insiderエコシステムにより開発者に充実したサポートとツールを提供します。

PowerVR GPUテクノロジーは世界最大のグラフィックス プロセッサ開発専門のエンジニアリング チームによって率いられています。 また、 すでにこれまでにPowerVR対応デバイス向けに最適化された数十万のアプリを開発している専門のサードパーティ開発会社で構成される、 業界で最も充実した大規模な開発部隊にサポートされています。

イマジネーションのPowerVRグラフィックス テクノロジーはモバイルおよび組み込みグラフィックスのデファクトスタンダードで、 これまでに7億5千万台を超えるデバイスに組み込まれて出荷されています。 すでにPowerVR Series6を採用しているパートナーもいます。 現在までに発表しているPowerVR Series6パートナーは、 HiSilicon、 ST-Ericsson、 Texas Instruments、 Renesas Electronics、 およびMediaTekです。

注記* 製品は内部原案のKhronos仕様をベースにしており、 最終リリース前に変更される可能性があります。 これらの仕様に対する準拠基準はまだ確立していません。 詳しくはwww.khronos.orgを参照してください。

 

イマジネーションテクノロジーズについて

マルチメディアと通信におけるチップ テクノロジーの世界的なリーディング カンパニーのイマジネーションテクノロジーズは、 グラフィックス、 ビデオ、 ディスプレイ、 組み込み処理、 マルチスタンダード通信および接続、 およびプラットフォーム間共通のV.VoIP & VoLTE向けの市場をリードするプロセッサ ソリューションの製造およびライセンス供与を行っています。 このシステム オン チップ(SoC)向けシリコンおよびソフトウェアIP(Intellectual Property)ソリューションは、 ソフトウェア ドライバ、 開発者ツール、 大規模市場、 およびテクノロジー重視のエコシステムの充実したポートフォリオによって補完されています。 ターゲット市場としては、 携帯電話、 マルチメディア、 家庭でネットワークに接続するユーザー、 モバイルおよびタブレット コンピューティング、 カー エレクトロニクス、 電気通信、 医療、 スマート エネルギー、 ネットワークに接続されているセンサおよびコントローラなどが挙げられます。 イマジネーションのライセンス先には、 世界中の主要な半導体企業、 ネットワーク事業者、 エレクトロニクスOEM/ODM企業が含まれています。 イマジネーションテクノロジーズの本社はイギリスにあり、 世界各国に販売拠点と研究開発拠点を置いています。 詳しくはwww.imgtec.comを参照してください。


All Press Releases