14th November 2012

イマジネーション、POWERVR Series6 ファミリをG6630 6 クラスタGPUで拡張


2012年11月14日、 横浜: マルチメディアおよび通信テクノロジー分野のリーディングカンパニーであるイマジネーションテクノロジーズは、 同社の革新的なPOWERVR Series6ファミリに加わる最新の6クラスタPOWERVR GPU IPコアを発表しました。

POWERVR G6630の特長は6つのシェーダ実行クラスタです。 これにより、 すでに多くの2クラスタ・4クラスタIPコアが含まれるSeries6ファミリに、 新しいハイエンドの設計ポイントを提供します。

POWERVR G6630は、 最も幅広いアプリケーションユースケースに対して、 可能な限り最善のパフォーマンスを実現しつつ、 モバイル電力と熱を現実的に持続可能な範囲内に抑えます。 G6630は高度な電力スケーリングテクノロジーを実現します。 アプリケーション負荷に応じてUSCクラスタペアのシャットダウンを可能にする機能を備えているため、 同じオンチップGPUを使用しながらX2、 X4、 X6動作モードで複数の電力/パフォーマンス動作ポイントを提供することができます。

イマジネーションのマーケティング担当副社長トニー・キングスミス氏は次のように述べています。 「POWERVR Series6はすでに、 超高パフォーマンス、 超低消費電力GPUコアの新基準を打ち立てました。 G6630によって、 当社はSeries6アーキテクチャに内在するスケーラビリティを引き続き示します。 これによって、 あらゆるパートナーの電力、 面積、 熱に関する要件を満たしつつ、 グラフィックス重視、 GPU計算重視を問わず限りなく幅広いアプリケーションにわたって、 可能な限り最善のユーザーエクスペリエンスを実現することができます」

 

POWERVR Series6「Rogueのアーキテクチャ

拡張可能なコンピューティングクラスタ数に基づくPowerVR Series6アーキテクチャは、 モバイルからスマートフォン、 タブレット、 PC、 コンソール、 自動車、 TVなどの最高性能の組み込みグラフィックスを要求する、 拡大し続ける厳しい市場の要件をターゲットとして設計されています。 PowerVR G6xxxコアは、 これらのさまざまなプログラマブルコンピューティング要素を使用し、 消費電力および帯域幅要件を最小限に抑えながら、 GPU計算に対してクラス上位の高いコンピューティング消費電力効率を実現します。

PowerVR Series6 GPUコアは、 100GFLOPS(ギガFLOPS)を超えて1TFLOPS(テラFLOPS)以上に到達するRAWプロセッシング性能を提供し、 モバイルからハイエンドコンピューティングおよびグラフィックスソリューションまで高レベルのグラフィックス/GPU計算性能を実現するように設計されています。 Series6コアは、 最新の高解像度スマートフォン、 タブレット、 TVに加え、 自動車業界で求められているマルチスクリーンサポートに必要なRAWフィルレートを確保する仕様になっています。

POWERVR Series6 CPUは、 定評があるGPUおよび成長中のGPUを完全にサポートし、 OpenCL 1.xやRenderscript ComputeなどのコンピューティングAPIの要件を満たし、 モバイルおよび組み込みデバイスにとって最適な性能/消費電力比を実現します。 Series6ファミリのすべてのメンバーは、 次世代のOpenGL ES 3*/2/1.1、 OpenGL 3.x/4.x、 およびWHQLに完全に準拠するDirectX10を含む最新グラフィックスAPIのすべての機能をサポートするように設計されており、 一部のファミリメンバーはWHQLに完全に準拠するDirectX11.1の機能にまで機能を拡張しています。

PowerVR Series6 GPUファミリは高度で拡張可能なコンピューティングクラスタアーキテクチャ、 ロスレス画像、 パラメータ圧縮、 広く認められているPVRTC2™テクスチャ圧縮を含む効率の高い圧縮テクノロジー、 拡張されたスケジューリングアーキテクチャ、 イマジネーションのMETAテクノロジーをベースとする専用のハウスキーピング処理プロセッサ、 新世代のタイルベースの遅延レンダリングアーキテクチャなどの新しいテクノロジーおよび機能の重要なポートフォリオを提供します。 これらの機能の組み合わせにより、 mm2またはmWあたりパフォーマンス(構成により異なる)を最大化しながら、 業界で最も低いメモリ帯域幅を消費する高度なレイテンシー耐性アーキテクチャを実現しています。

 

POWERVRについて

イマジネーションのPowerVRグラフィックステクノロジーは、 グラフィック製品にパワーを与え、 最も先進的なユーザーインターフェースと最もパフォーマンスを要求するゲームを含む最高のスマートフォン、 タブレット、 TV、 コンソールアプリを実現するために世界のトップレベルのカンパニーがライセンスを取得しています。

POWERVR GPUテクノロジーは、 グラフィックスプロセッサ開発を専門とする世界最大級のエンジニアリングチームによって牽引されています。 このテクノロジーは、 イマジネーションのPOWERVR Insiderエコシステムによって補完されています。 ここでは、 PowerVR搭載デバイスに最適化された何十万本ものアプリの開発実績がある35,000人以上の開発者が参加する活発なコミュニティに対して詳細なサポートとツールを提供しています。

イマジネーションのPOWERVRグラフィックステクノロジーは、 モバイルおよび組み込みグラフィックスのデファクトスタンダードです。 複数のパートナーは、 すでにPOWERVR Series6をシリコンに含めています。 現在までに発表しているPOWERVR Series6パートナーは、 HiSilicon、 ST-Ericsson、 Texas Instruments、 Renesas Electronics、 およびMediaTekです

 

注記

* 製品は内部原案のKhronos仕様をベースにしており、 最終リリース前に変更される可能性があります。 これらの仕様に対する準拠基準はまだ確立していません。 詳しくはwww.khronos.orgを参照してください。

 

イマジネーションテクノロジーズについて

マルチメディアおよび通信におけるチップテクノロジーの世界的なリーディングカンパニーであるイマジネーションテクノロジーズは、 グラフィックス、 映像、 ディスプレイ、 組み込み処理、 マルチスタンダード通信および接続、 さらにプラットフォーム間共通のV.VoIP & VoLTE向けの市場をリードするプロセッサソリューションの製造とライセンス供与を行っています。 このシステムオンチップ(SoC)向けシリコンおよびソフトウェア知的財産(IP)ソリューションは、 ソフトウェアドライバ、 開発者ツール、 大規模な市場、 およびテクノロジー重視のエコシステムの充実したポートフォリオによって補完されています。 ターゲット市場としては、 携帯電話、 マルチメディア機器、 家庭用娯楽機器、 モバイルおよびタブレットコンピューティング、 カーエレクトロニクス、 通信、 医療、 スマートエネルギー、 センサ機器やコントローラなどが挙げられます。 イマジネーションのライセンス先には、 世界中の主要な半導体企業、 ネットワーク事業者、 エレクトロニクスOEM/ODM企業が含まれています。 イマジネーションテクノロジーズの本社はイギリスにあり、 世界各国に販売拠点と研究開発拠点を置いています。 詳しくはwww.imgtec.comをご覧ください。

 

お問い合わせ

David Harold, Director of PR, Imagination Technologies,
david.harold@imgtec.com
+44 (0)1923 260 511


All Press Releases