6th December 2010

イマジネーション、POWERVR SGX554 MP マルチプロセッサ グラフィックス IP を発表

高効率でスケーラブルなマルチプロセッシング グラフィックス テクノロジーにより 8 パイプラインで「クラス最高の」パフォーマンスを実現


マルチメディアと通信におけるチップ テクノロジーの世界的なリーディング カンパニーであるイマジネーションテクノロジーズは、組み込みおよびモバイル アプリケーション用の完全マルチプロセッサ機能搭載のハイ パフォーマンス グラフィックス コア POWERVR SGX554 を発表しました。

POWERVR SGX554 は、ハイパフォーマンス 8 パイプ シングルコアとして、またはマルチプロセッサ(MP)構成で 2 ~ 16 コア(16 ~ 128 パイプ)として実装できます。

POWERVR SGX554 はイマジネーションの POWERVR Series5XT ファミリの最新製品であり、モバイルおよび組み込みのグラフィックスに新しいレベルのパフォーマンスをもたらすと予想されています。(Series5XT はシリコンに搭載され、本日 12 月 6 日に東京の英国大使館で行われるイマジネーションの  招待者限定の年次業界イベントでデモンストレーション展示されます。)

SGX554 は最大のハードウェア アクセラレーションで DirectX 9 Feature Level 3 をフルサポートしており、コンピュータ・デバイスやスマートフォンに最適です。SGX554 では POWERVR SGX コアの利点がすべて提供され、mm2 単位や mW 単位のパフォーマンスにおいて業界最高のメトリクスを実現しています。

イマジネーションのマーケティング担当副社長トニー・キング=スミスは次のように述べました。「この最新の POWERVR Series5XT コアは組み込みグラフィックスの性能の次のレベルに到達するでしょう。影響力のある組み込み/デスクトップ オペレーティングシステムにわたる当社の API の比類ない製品ラインを基にして、SGX554 は、電力やコストに制限のある組み込み環境におけるパフォーマンスの上限まで登りつめました。その上、当社では DX9 レベルの部品を 3 年以上、数百万の機器にわたって出荷してきました。そのため、SGX554 は当社の DX9 ドライバの完成度の恩恵を受けることでしょう。」

SGX554 ではまた、デスクトップ PC 用 OpenGL 2.1(DRI2、EXA、DRM 統合 X11 のサポートを含む)、OpenGL ES 1.1 & 2.0、OpenVG 1.1 および OpenCL 1.1 Embedded Profile 向けの、市場で実証された包括的なサポートを提供しており、今日使用できるあらゆるモバイル グラフィックス/埋め込みグラフィックス IP コアの API を幅広くサポートしています。

POWERVR SGX ソフトウェア スタックは Khronos および  Microsoft の適合試験の厳しい審査で認められ、幅広い組み込み/デスクトップ オペレーティングシステムで高い信頼性を実現して、発売までの早いリードタイムを保証します。Linux、Android、MeeGo、Palm の WebOS、Nokia の Maemo、Symbian、Windows Mobile、Samsung の Bada、その他多様な OS 用のソフトウェア構成が、今日、POWERVR SGX 搭載デバイスと共に出荷されています。

POWERVR Series5XT について
POWERVR SGX Series5XT グラフィックス処理ユニット(GPU)IP コア ファミリの一つであり、以前の IP コア SGX ファミリで使用された高評価の Series5 アーキテクチャより明らかに向上した性能を搭載しています。Series5XT SGX コアはすべて第2世代ユニバーサル スケーラブル シェーダ エンジン(USSE2)ベースであり、以前の Series5 USSE シェーダ エンジンと比較して著しく高い処理スループットと、2D、3D、,汎用(GP-GPU)処理向けに低電力で高いパフォーマンスが可能なその他のアーキテクチャ拡張を、シングル コア ソリューションやスケーラブル マルチプロセッサ(MP)ソリューションに提供しています。

イマジネーションテクノロジーズについて
[前回リリースのとおり]


All Press Releases