15th February 2010

イマジネーション、Wi-Fi および ATSC で ENSIGMA UCCP310 がサポートする規格を拡張、システム オン チップ(SoC)テスト チップのデモを実施

モバイル マルチスタンダード プログラマブル通信 IP プラットフォームがテレビ、ラジオ、モバイル テレビおよび接続の主要規格に対応


2010 年 2 月 15 日バルセロナ発。マルチメディア チップ テクノロジーのリーディング カンパニー、イマジネーションテクノロジーズ(IMG)は、2010 年 2 月 15 ~ 18 日までスペイン・バルセロナで開催される「MWC 2010」において、先進のシステム オン チップ(SoC)テスト チップに統合されたリアルタイム Wi-Fi および ATSC を実行する IMG 最新の ENSIGMA UCCP310 IP プラットフォーム 2 種を披露します。

UCCP310 は、モバイルおよび組み込みエレクトロニクス製品で完全なプログラマブル放送および通信機能をもっとも包括的に実現するため、すべての主要なテレビ、デジタルおよび FM ラジオおよびモバイル テレビ規格、さらに 802.11 a/b/g Wi-Fi 接続性能を含むモバイル マルチメディア受信に必要な多様化する規格スイートを提供します。IMG は、UCCP310 がサポートする幅広い規格だけでなく、複数のプログラマブル ベースバンド通信エンジンを次世代モバイル SoC に統合するメリットも展示で示します。

IMG のマーケティング担当副社長トニー・キング=スミスは次のように述べています。「現在存在するほとんどのソリューションでは、引き続きセルラー モデム以外の通信機能はアプリケーション プロセッサとは別のチップに搭載されています。当社は、近年グラフィックスおよびビデオ アクセラレーションがそうであるように、通信も先進のアプリケーション プロセッサ SoC に統合するべきときに来ていると考えています。 現在、市場でこれを実現することができるマルチスタンダード通信 IP コアは UCCP310 だけです。これは、802.11 a/b/g Wi-Fi 接続性能および ATSC を含む世界中のデジタル テレビ放送で必要とされるデモジュレータの幅広いスイートの両方を、低消費電力モバイル開発に適した単一のプログラマブル IP プラットフォームで提供します。

ENSIGMA UCCP 310 は、モバイルおよび高度な組み込みアプリケーション向けの統合接続性能を有する IMG が最近発表した超小型 META プロセッサ ファミリを提供する Connected Processor ストラテジのキー コンポーネントです。

ENSIGMA UCCP310 プラットフォームは、増え続ける通信規格を実証済みで高効率かつ驚異の柔軟性を備えたプログラマブル ソリューションでサポートするよう設計されています。これは、Wi-Fi 規格の 802.11a/b/g ファミリのマルチスタンダード復調サポート、クラスをリードするデジタル テレビ(ATSC(8VSB)、NorDig Unified 2.0 DVB-T、13 セグ ISDB-T)、モバイル テレビ(DVB-H、T-DMB、ワンセグ ISDB-T)およびデジタル ラジオ受信(ISDB-Tmm、ISDB-Tsb、DAB、DAB+、DMB-R および RDS 対応 FM )のサポートを提供します。

キング=スミスはさらに、 「UCCP Series3 アーキテクチャがプログラマブルであるという事実は、当社のパートナーも独自のアルゴリズムを実装することで自社の通信に関する知識を活かすことができる一方、SoC への統合の次の大きな一歩を踏み出すこともできることを意味します。さらに多くの接続性能および放送規格が開発中であることと、複数の通信エンジンを次世代モバイルおよび組み込み SoC に統合する能力があるため、当社は UCC Series3 ベースの無線通信が携帯電話業界における次世代の接続性能の中心になるだろうと予想しています」と語っています。

UCC Series3 はプログラマブルな ENSIGMA UCCP マルチスタンダード通信 IP プラットフォーム ファミリの中核を成す第 3 世代のアーキテクチャで、使用可能なすべての規格に対して市場トップ クラスのパフォーマンスを実現すると同時に、小さなシリコン領域で完全にプログラマブルな超低消費電力ソリューションを提供します。

その他の重要な要因として、複数の UCC エンジンのサポート、多様性、1 つの UCC エンジンで同時に複数規格への準拠、バスの選択肢の拡大などが挙げられます。

UCCP310 プラットフォームのうち、UCC Series3 のプログラマブルなラジオ テクノロジーは物理層と復調を提供します。専用の 32ビット型 METAT プロセッサはシステムのハウスキーピング処理、DVB-H および 802.11a/b/g などの広帯域規格のデータリンク処理の管理、プラットフォーム独自の DMA コントローラによるデータ配信などを実行します。

ENSIGMA UCCP310 IP プラットフォームはすでにライセンス提供が可能です。

イマジネーションテクノロジーズについて
マルチメディアと通信におけるシリコン テクノロジーの世界的なリーディング カンパニーの Imagination Technologies Group plc(LSE:IMG)は、グラフィックス、ビデオ、マルチスレッド組み込み処理/DSP、マルチスタンダード通信アプリケーション向けの市場をリードするプロセッサ コアの製造およびライセンス供与を行っています。このシステムオンチップ(SoC)向けシリコン知的財産(IP)は、幅広い開発者およびミドルウェアのエコシステムだけでなく、強力なソフトウェア ツール製品ファミリやドライバによって補完されています。ターゲット市場としては、携帯電話、携帯マルチメディア機器、家庭用娯楽機器、モバイルコンピューティングや低消費電力コンピューティング、カー エレクトロニクスなどが挙げられます。ライセンス先には、主要な半導体や家庭用電化製品関連の企業が含まれます。イマジネーションテクノロジーズの本社はイギリスにあり、世界各国に販売拠点と研究開発拠点を置いています。詳しくは www.imgtec.com をご覧ください。

お問い合わせ
David Harold, Director of PR, Imagination Technologies


All Press Releases