14th October 2015

イマジネーションが展開する、ベースバンドからRFまでの総合的なEnsigmaネットワークIPソリューション

柔軟なライセンス供与およびサポートモデルにより、顧客の市場投入期間を短縮


イマジネーション・テクノロジーズ(IMG.L、 以下:イマジネーション)は、 Wi-Fi/Bluetoothソフトウェア、 メディア・アクセス制御(MAC)レイヤ、 ベースバンド、 アナログ・フロントエンド(AFE)、 RFを含めた総合的なEnsigmaネットワークIPシステムソリューションを、 柔軟なライセンス形態およびサポートモデルにより提供していることを発表しました。

顧客の市場投入期間を短縮するため、 イマジネーションはEnsigma
Radio Processing Unit (RPU)を、 認証を含めた総合的な通信ソリューションとして提供します。 イマジネーションは、 ベースバンドIPのライセンス供与に加えて、 必要な顧客向けにRF IPを提供します。 イマジネーションは、 既にパートナーのRFプロバイダおよび顧客自身の社内RFとの協業により、 Ensigmaベースバンドとともに動作する広範なRFの選択肢を提供しています。 現在RF機能を保有していない顧客は、 Ensigma
RFをハードIPブロックとしてライセンスを受け、 SoC統合またはスタンドアロンで使用でき、 必要に応じてイマジネーションのバックエンドによる製品化、 事前認証、 特性評価やテスト機能も活用できます。

東芝セミコンダクター&ストレージ社でロジックLSI事業部事業部長附を務める松井俊也氏は、 次のように述べています。 「当社は、 イマジネーションのいくつものIPコアを、 当社の高集積のIoTプロセッサシリーズで活用しています。 この中には、 これらのプロセッサの特質である高速なWi-Fi機能を実現するEnsigma Explorer RPUも含まれています。 イマジネーションはRFも提供しているため、 当社はこれらのプロセッサを容易に量産することができました。 」

Celeno Communications社でCTOを務めるNir Shapira氏は、 次のように述べています。 「当社は高性能のWi-Fiチップとソフトウェアのリーディングプロバイダとして、 高品質のテクノロジーと柔軟なビジネス・モデルの組み合わせを提供する企業と提携することは極めて重要です。 当社は最近、 ハイエンドの4×4 802.11ac Wave 2デザイン・プロジェクトにおいてイマジネーションと協力しました。 同社の非常に柔軟で熟練した手法は、 出荷までの厳しい時間制約の中で最適化されたソリューションを市場へ送り出すために大いに貢献しました。 」

イマジネーションでEnsigmaビジネス運用担当バイス・プレジデントを務めるChakra
Parvathaneniは、 次のように述べています。 「ネットワーク機能がチップに搭載される傾向はますます強まってきており、 ベースバンドだけではなく、 多くの場合はRF機能までも含まれるようになっています。 イマジネーションのEnsigmaは、 世界で最も総合的なRFからベースバンドまでのエンドツーエンドのネットワークIPソリューションで、 顧客は広範な周波数帯の通信機能を自社のSoCデザインへ簡単に統合できます。 弊社のEnsigma
RPUには、 高性能なExplorerファミリと低消費電力のWhisperファミリがあり、 既に数百万ユニットが出荷されています。 」

Ensigma RPUに利用できる幅広いRF選択肢を提供する取り組みの一環として、 イマジネーションは高品質なIPソリューションの主要プロバイダであるSynopsysと提携しました。 Synopsysが提供するDesignWare® Bluetooth Smart IPは、 最新のBluetooth Low Energy規格をサポートして最低1Vの電源で動作し、 アナログ・フロントエンドIPにより低消費電力のワイヤレス・デバイス接続性を可能にします。

Synopsys社でIPおよびプロトタイプ作成マーケティング担当バイス・プレジデントを務めるJohn Koeter氏は次のように述べています。 「Synopsysは、 当社のシリコン実績のあるDesignWare Bluetooth Smart IPとアナログ・フロントエンドIPソリューションが、 イマジネーションのEnsigmaベースバンドIPと完全に相互運用可能になるように、 イマジネーションと提携しました。 当社はイマジネーションと密接に協力して無線ドライバを最適化し、 当社のBluetooth Smart IPとEnsigmaベースバンドを顧客が安心して統合設計できるようにしました。 」

EnsigmaネットワークIPは、 RF/AFE/ベースバンドを種々のテクノロジ・ノードへ組み入れられる総合的なIPサブシステムとしてライセンス可能です。 当初のサブシステムとしては、 次のようなコンポーネントがあります。

l  Ensigma Whisper低消費電力Wi-Fi 802.11n 1×1サブシステム。 ウェアラブル・コンピューティング、 健康管理、 ホームコントロールなどのアプリケーションに適しています。

l  Ensigma Whisper超低消費電力Bluetooth Smartおよび802.15.4サブシステム。 ウェアラブルやIoTセンサなど、 非常に低消費電力のアプリケーションに適しています。

l  Ensigma Explorer高パフォーマンスWi-Fi 802.11ac 2×2 MIMOサブシステム。 ビデオ・ストリーミング、 Wi-Fiカメラ、 アクセスポイントなどのアプリケーションに適しています。

ライセンス

イマジネーションのEnsigma ExplorerとWhisper RPUは、 現在ライセンス供与中です。 詳しくは、 info@imgtec.comまでお問い合わせください。

Ensigma RPUについて

Ensigma RPUには、 低消費電力のWhisperファミリと高性能のExplorerファミリがあり、 超低消費電力のアプリケーションから最高のパフォーマンスを発揮するアプリケーションまで、 さまざまなアプリケーションに対応できるよう設計されています。 また、 共通のAPIを使用しているため、 顧客はプラットフォーム間でソフトウェアを再利用できます。 Ensigma RPUは単一のアーキテクチャで複数の規格をサポートし、 顧客がWi-Fi、 Bluetooth
Classic、 Bluetooth Smart、 NFC、 GNSS、 その他、 既存または将来の新しい低消費電力のコネクティビティテクノロジなどの規格を自社のSoCに実装できるよう設計されています。 この機能をオンチップに搭載することで、 従来のソリューションと比較して消費電力、 シリコン面積、 システムのコストを最小化できるようになります。 Ensigma RPUは、 設計範囲も拡がり、 既に非常に多くの低消費電力オーディオおよびコネクティビティデバイスに搭載されて、 出荷され続けています。

イマジネーション・テクノロジーズについて

イマジネーションは、 世界中の何十億の人々の生活を豊かにする製品を支える、 グローバル規模のテクノロジー・リーディング・カンパニーです。 広範囲なシリコン製品向けのIP(知的財産)には、 様々なモバイル、 家電、 自動車、 企業、 インフラ、 IoT、 組込機器の原動力となるSoC(システム・オン・チップ)の設計に欠かせないマルチメディア、 通信、 汎用プロセッサが含まれています。 独自のソフトウェアやクラウドIP・システムソリューションとの相乗効果によって、 ライセンシーやパートナーが高度に差別化されたSoCプラットフォームを利用した製品を素早く市場に投入することを可能にします。 イマジネーションのライセンシーである半導体メーカー、 ネットワークオペレータ、 OEMやODMなど多くの世界的な先端企業は、 各国で象徴的で革新的な製品を創り続けています。 詳しくは www.imgtec.com及びhttp://jp.imgtec.comをご覧ください。 イマジネーションの情報はTwitterYouTubeLinkedInRSSFacebookおよびブログで提供されています。

イマジネーション・テクノロジーズとイマジネーション・テクノロジーズのロゴはImagination Technologies Limitedと英国及びその他の国の関連会社の商標です。 その他すべてのロゴ、 製品、 商標、 および登録商標は、 それぞれの所有者に帰属します。

 

メディアの皆さまのお問い合わせ先

英国:David Harold        david.harold@imgtec.com +44 (0)1923 260 511

米国:Jen Bernier-Santarini          jen.bernier@imgtec.com +1 408-530-5178

日本:ミアキス・アソシエイツ(河西) kasai@miacis.com

記事掲載時のお問い合わせ先

イマジネーション・テクノロジーズ株式会社

http://jp.imgtec.com/


All Press Releases