Press release

25 Jun 2013

イマジネーションがMIPS CPUの新しいロードマップを発表

MIPS Aptivの新しいファミリ、次世代32/64ビット版MIPS「Warrior」を追加

英国ロンドン – 2013年6月25日 – マルチメディア、 プロセッサ、 通信、 およびクラウドテクノロジーで業界をリードするイマジネーションテクノロジーズ (IMG.L)は、 今後のMIPS CPU ラインナップの詳細を発表しました。
イマジネーションはMIPS Aptivファミリをアップデートし、 最新構成のAptivコアを追加しました。 さらに今年後半に、 32ビットおよび64ビットコアを含む新世代MIPS CPUのリリースを開始します。 「Warrior」のコードネームを持つMIPS 第5世代のCPUコアは、 トップクラスのパフォーマンスと効率を提供する新アーキテクチャを採用し広範なアプリケーションに対応します。

MIPS Aptivファミリに新しい仲間 イマジネーションは数々の高い評価を得ているMIPS Aptivコアを拡張します。 interAptivファミリには省スペース対応のシングルコアバージョンが、 microAptivファミリには浮動小数点バージョンがそれぞれ加わります。 ハイエンドのproAptiv、 マルチスレッド機能を搭載するinterAptiv、 コンパクトなmicroAptivの各ファミリは、 いずれも洗練された、 実績豊富なアーキテクチャにより、 業界最高峰の低消費電力と効率性を実現しています。

  • proAptivファミリはシングルコアから6コアまでのバージョンがあり、 オプションで浮動小数点演算をハードウェアサポートします。
  • interAptivファミリはハードウェアマルチスレッドに対応した製品群です。 シングル、 デュアル、 およびクアッドコアがラインナップされ、 オプションで浮動小数点数演算をサポートします。 interAptivの新しいシングルコアバージョンは、 マルチコアコヒーレンシとL2キャッシュコントローラ関連回路を削除し小型化した、 高効率のマルチスレッドシングルコアプロセッサです。
  • microAptivファミリは、 マイクロコントローラと深部に組み込まれるプロセッサをターゲットとした製品群で、 今回これにオプションの浮動小数点数演算ハードウェアユニットが加わりました。 電力計やモーター制御などの用途に適しています。

MIPSロードマップ イマジネーションは次世代のMIPSコア「Warrior」を今年後半から導入します。 すでにMIPSの主要顧客との間でコアの詳細情報の共有を始めています。
次世代のWarriorには、 32ビット版と64ビット版があり、 ハイエンドからミッドレンジ、 エントリレベル/マイクロコントローラ用CPUまでをカバーできるよう、 卓越したパフォーマンスと効率に注力しています。 業界で最も効率的なMIPS RISCアーキテクチャであるMIPS資産を継承し、 所定のエリアサイズで最高のパフォーマンスと最小の消費電力を実現することをターゲットにしています。
MIPS互換のTure32ビット/64ビット命令セットをベースにしたWarriorコアでは、 エントリレベルからハイエンドモデルまで、 バイナリレベルでの互換性が提供されます。 64ビット版Warriorコアは、 余計な「負荷」をかけることなく、 既存の32ビットコードを実行でき、 過去20年以上にわたり蓄積された資産と64ビットMIPSアーキテクチャ用の広範なツールとアプリケーションをシームレスに動作させることができます。
Warriorの主な特徴:

  • CPU負荷の大きい企業向け環境から、 電力効率が重視されるモバイルプラットフォーム用まで、 あらゆるアプリケーションに貢献するハードウェア仮想化を全モデルでサポート
  • トータルスループット、 QoS (quality of service)や電力/パフォーマンス効率などの向上を可能にするMIPSハードウェアマルチスレッド技術 (特定のWarriorコアのみ)
  • モバイル機器のコンテンツ保護、 安全なネットワークプロトコル、 課金サービスなどを含むアプリケーションに対応できるイマジネーション独自の柔軟拡張性を備えるセキュリティフレームワーク
  • 既存コードの活かし、 新規コードを速やかに開発するために、 CやOpenCLなど高級言語サポートを容易にする命令セットをベースとしたMIPS SIMDアーキテクチャ(MSA)
  • 迅速で簡単なコード開発やデバッグ環境を支援するWarriorシリーズ全モデル共通の包括的なツールチェーン

MIPS – CPU IPの新しい選択肢へ イマジネーションのCEOであるホセイン・ヤサイは次のように述べています。 「業界にCPUの選択肢を待ち望む声がありました。 私たちはMIPSを、 そうした期待に応えられる卓越した選択肢として提供することにしました。 現在、 私たちは数多くの優れたコア製品を持っていますが、 。 それをさらに補完していくのがWarriorです。 Warriorは市場にある製品の水準を上回るパフォーマンス、 効率、 機能性を提供します。 」
「市場をリードするイマジネーションのMIPSコアロードマップを世界中のお客様と共有する過程で、 私たちは力強い手ごたえを感じています。 私たちはMIPSを、 小型の組み込み機器からネットワーク用64ビットマルチコア製品、 さらに高度なアプリケーションをカバーし、 さまざまな分野のお客様にメリットをもたらす、 息の長いソリューションに育てる考えです。 このロードマップに沿ってMIPSテクノロジーを展開することで、 私たちはCPU IP市場を大きく変えて行けると確信しています。 」
また、 The Linley Group / Microprocessor Reportのシニアアナリスト、 J.スコット・ガードナー氏は次のように述べています。 「MIPS Aptiv CPUコアファミリは、 The Linley Groupの年間アナリスト選考賞で『2012年最優秀プロセッサIP』賞に輝きました。 広範な品揃えで、 事実上あらゆるプロセッサカテゴリーをカバーしていることが授賞理由です。 MIPSの次世代コア Warriorが登場すると、 機能性が一段と強化され、 目まぐるしく変化する市場の要求に柔軟に応えることができます。 かつてPowerVR GPUで達成したように、 イマジネーションが新世代MIPSでも素晴らしい実績を成し遂げれば、 私たちはCPU IPの世界でも再び強力なパートナーに恵まれることになります。 」
今年初めにMIPSの買収手続きを完了し、 組織統合されたイマジネーションの最先端MIPS CPU開発リソースは、 以前のほぼ2倍に増強されました。 また、 MIPS開発のために、 ツール、 コンパイラ、 デバッガ、 オペレーティングシステム、 ソフトウェアなどに、 多額の投資を行っています。 MIPSエコシステムの継続的な成長、 オープンオペレーティングシステムの活用、 中立性やポータビリティの高いアーキテクチャへと向かうトレンドによって、 モバイル機器をはじめとする主要市場でMIPSの存在感が増しています。

MIPSプロセッサについて イマジネーションのMIPSファミリは、 超低消費電力、 コンパクトなシリコンサイズおよび高度な実装が要求される製品に最適のプロセッサです。 MIPSプロセッサのIPコアとアーキテクチャは、 超低消費電力の32ビットマイクロコントローラから、 先端アプリケーションおよびネットワーク処理プラットフォーム用のスケーラブルな32ビット/64ビットマルチコアソリューションまでをカバーしています。
30年以上にわたる資産継承と継続的な技術革新により培われたイマジネーションのMIPSアーキテクチャは、 業界最高レベルの効率的なRISCプロセッサであり、 所定のシリコンサイズにおいて、 他の追随を許さないパフォーマンスと低消費電力を実現します。 SoC設計者はこの優れた効率性を大幅なコストダウンと電力の低減に利用することや、 電力や発熱、 シリコンサイズを維持しながら追加コアの実装により性能向上に活用することもできます。

イマジネーションテクノロジーズについて マルチメディア、 プロセッサ、 通信、 クラウドテクノロジーにおける世界的な先端企業であるイマジネーションテクノロジーズは、 グラフィックス、 ビデオ、 画像処理、 組込CPU、 マルチスタンダード通信、 プラットフォーム間共通のV.VoIPおよびVoLTE、 クラウド技術をはじめとする市場をリードするプロセッサソリューションの開発とライセンス供与を行っています。 このシステムオンチップ(SoC)向けシリコンIPソリューションは、 ソフトウェア、 開発ツール、 エコシステムによってサポートされています。 ターゲット市場としては、 携帯電話、 ネットワーク家電、 モバイルコンピューティング、 カーエレクトロニクス、 通信、 医療、 スマートエネルギー、 ネットワークセンサーなどが挙げられます。 イマジネーションのライセンス先は、 各国の主要な半導体企業、 ネットワーク事業者、 OEM/ODM企業などです。 イマジネーションテクノロジーズの本社は英国にあり、 世界各国に販売拠点と研究開発拠点を置いています。 詳しくは www.imgtec.comをご覧ください。

イマジネーション・テクノロジーのプレス担当者:
英国: David Harold david.harold@imgtec.com +44 (0)1923 260 511
米国: Jen Bernier-Santarini jen.bernier@imgtec.com +1 408-530-5178

Media contacts

If you have any enquiries regarding any of our news or press release items, please contact:

United Kingdom

david.harold@imgtec.com
Tel: +44 (0)1923 260 511

jo.ashford@imgtec.com
Tel: +44 (0)1923 260 511

Related blog articles

Image-based lighting

PowerVR Tools and SDK 2018 Release 2 now available

Here’s an early Christmas present for graphics developers – the release of the latest version of our PowerVR Tools and SDK! The headline features for this release include some exciting new examples demonstrating new techniques in our SDK, and some very

on stage in China

PVRIC4 a hit at ICCAD 2018 in China

Imagination’s PVRIC4 image compression tech garnered plenty of attention at the recent ICCAD China 2018 symposium, which took place on 29th and 30th November at the Zhuhai International Convention & Exhibition Centre, China. The annual event focusses on integrated circuit

The ultimate embedded GPUs for the latest applications

Introducing PowerVR Series9XEP, Series9XMP, and Series9XTP As Benjamin Franklin once said, only three things in life are certain: death, taxes and the ongoing rapid advancement of GPUs for embedded applications*. Proving his point, this week, Imagination has once again pushed

Opinion: the balance between edge and cloud.

Simon Forrest explains how embedded chips can meet the challenge of delivering true local AI processing. GPUs and NNAs are rapidly becoming essential elements for AI on the edge. As companies begin to harness the potential of using neural networks

Stay up-to-date with Imagination

Sign up to receive the latest news and product updates from Imagination straight to your inbox.

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.