8th October 2013

イマジネーションがPowerVR Graphics SDKのメジャーアップデートを発表

新しいPowerVR Graphics SDK v3.2が、今年の開発者向けの「ワールドツアー」、idc2013で公開されます。


2013年10月8日、 英国ロンドンマルチメディア、 プロセッサ、 通信、 クラウドテクノロジーにおける世界的な先端企業であるイマジネーションテクノロジーズ (IMG.L)は、 業界をリードするPowerVR Graphics
SDK(Software Development Kit)の最新バージョンであるv3.2をリリースしたことを発表しました。

このリリースは、 モバイル開発者のコミュニティがPowerVR Graphics SDKのツールやユーティリティを使って、 PowerVRベースのプラットフォームの性能を最大限引き出せるようにするための恒例のイベントである、 idc2013(Imagination Developers Connection 2013)のキックオフと同時に行われました。

イマジネーションのBryce Johnstone氏(Senior Marketing Manager for ecosystems)は次のように述べています。 「イマジネーションは、 PowerVR GPU、 MIPS CPU用のアプリケーション開発者向けに、 クロスプラットフォーム環境下で、 最高のプロファイル管理とデバッグユーティリティを提供すべく努力しています。 最新のPowerVR Graphics SDKで追加された機能、 サンプルおよびドキュメントは、 独自性が高く、 価値のあるリソース提供によって、 イマジネーションの開発環境をモバイル用グラフィックス開発における最先端のソリューションにしています。 」

Power Graphics SDK v3.2には、 PowerVR Series Series5XT GPU向けに、 OpenCL ES3.0の注目すべき特長である、 3Dテクスチャーと効率的にリアルタイムで処理する反射/屈折の事例をOpenGL ES2.0の拡張サンプルとして含まれています。 最新のPVRTraceでは、 マルチスレッドとウィンドウでレンダリングするアプリケーションの記録と再生をサポートしています。 更に、 API (Application Programming Interface)使用方法の誤りや、 パフォーマンス上の潜在的なバグを自動検知する静的コール分析機能も実装し、 開発者の貴重な時間の節約に貢献します。 また、 PVRTuneには、 開発者のより的確なアプリケーションのプロファイル設定のために、 PowerVR Series6 GPU、 OpenCL、 APIタイミングデータの拡張プロファイル設定が強力な機能として新しく追加されました。

idc2013(Imagination Developers Connection 2013)についてidc2013は、 ヨーロッパ、 北米およびアジアで開催される恒例のセミナーと交流のイベントです。 このイベントでは、 イマジネーションの専門技術者がPower Graphics SDKの新機能を解説し、 ゲーム、 UI(User Interface)、 アプリケーションのパフォーマンスを最大限に引き出すためのグラフィックス処理の一般的な方法やアイディアを提言します。

Bryce Johnstone氏は、 こう続けています。 「開発者がイマジネーション製のハードウェアIPコアやソフトウェアツールを最大限に利用するため、 イマジネーションは、 ワールドワイドで継続的にイベントを開催しています。 これらのイベントでは、 開発者は基本的なプロセッサアーキテクチャーに関する詳細な情報に触れることができ、 プログラムコードにどのような影響を与えるかを理解することができます。 」

Androidの最新タブレットも当たるこのイベントの詳細な情報をご覧になりたい方は、 イマジネーションのイベントページ.にアクセスして下さい。

PowerVR開発者ブログでは、 新しいPowerVR Graphics
SDK v3.2の詳細情報を見ることができます。 PowerVR Graphics SDKには、 チュートリアル、 ソースコード、 詳細ドキュメント、 プラットフォーム抽象化フレームワーク、 および便利なツールパッケージが含まれています。 開発者フォーラムwww.powervrinsider.comから好評いただいておりますPowerVR Insiderコミュニティに参加し、 SDKの無料ダウンロードとコミュニティ内での情報交換を行うことができます。

イマジネーションテクノロジーズについてマルチメディア、 プロセッサ、 通信、 クラウドテクノロジーにおける世界的な先端企業であるイマジネーションテクノロジーズは、 グラフィックス、 ビデオ、 画像処理、 組込CPU、 マルチスタンダード通信、 プラットフォーム間共通のV.VoIPおよびVoLTE、 クラウド技術など市場をリードするプロセッサソリューションの開発とライセンス供与を行っています。 このシステムオンチップ
(SoC) 向けシリコンIPソリューションは、 ソフトウェア、 開発ツール、 エコシステムによってサポートされています。 ターゲット市場としては、 携帯電話、 ネットワーク家電、 モバイルコンピューティング、 カーエレクトロニクス、 通信、 医療、 スマートエネルギー、 ネットワークセンサーなどが挙げられます。 イマジネーションのライセンス先には、 世界中の主要な半導体企業、 ネットワーク事業者、 OEM/ODM企業が含まれます。 イマジネーションテクノロジーズの本社は英国にあり、 世界各国に販売拠点と研究開発拠点を置いています。 詳しくは www.imgtec.comをご覧ください。

イマジネーション・テクノロジーのプレス担当者:

英国: David Harold              david.harold@imgtec.com           +44
(0)1923 260 511

米国: Jen Bernier-Santarini   jen.bernier@imgtec.com             +1
408-530-5178


All Press Releases