16th January 2014

イマジネーションのテクノロジービジョンを反映するCES 2014の注目技術

ウェアラブル機器から4Kテレビまで、最新製品の心臓部に使用されるPowerVR、MIPS、Ensigmaプロセッサ


英国ロンドン、 2014116日-イマジネーションテクノロジーズ (IMG.L)は、 International CES 2014で展示された多くの製品で、 イマジネーションの技術が実装されていたことをレポートします。イマジネーションの技術は、 IoT(Internet of
Things)、 ウェアラブル機器から最新のモバイルフォン、 タブレット、 UltraHD 4Kテレビ、 自動車用機器に至るまで幅広い製品の心臓部に搭載されていました。

イマジネーションのSoCパートナーは、 コンシューマ向け電子機器のさらなる革新に向け、 イマジネーションの豊富なSoC IPコアを、 将来のユーザエクスペリエンスを向上させる多くの新製品の原動力としていました。

·         
操作性の良いUI、 リッチグラフィックス、 高品質映像、 画像用途に、 GPUとVPU(Video/Vision Processor
Unit)から成るPowerVRマルチメディアIPコア

·         
超低消費電力ウェアラブル機器、 IoTデバイス、 先進的ネットワーク接続機器、 スマートメディアプレイヤーなどを実現するMIPS CPU

·         
さまざまな通信(Wi-Fi、 Bluetooth)や放送受信機能(テレビ、 ラジオ)を提供できる無線通信技術、 Ensigma RPU

·         
デバイス間、 デバイス-クラウド間オーディオソリューションやV.VoIP/VoLTE向けのアプリケーション実装を実現するFlowCloud IPコア

·         
低遅延ワイヤレスマルチルームオーディオプラットフォーム、 Caskeid

ウェアラブル機器とIoT

ウェアラブル機器とIoT革命の幕開けが明らかとなったCESにおいて、 イマジネーションの技術が中核にあります。CESで展示されていた製品の中には、 現在、 中国で出荷されているYifang、 Tomoon、 SmartQ、 GeakなどのMIPSアーキテクチャを使用したスマートウォッチがありました。スマートグラスなどその他の製品でも、 PowerVRグラフィックスの優位性が活用されています。また、 有名なGoogle Glass、 Lumus DK-40、 Vuzix M100、 Epson Moverio
BT-200 AR、 XOne Safety Glasses、 Recon
Instruments Snow2スキーゴーグルなども展示もありました。

イマジネーションは、 ウェアラブルやIoTに理想的な、 MIPS microAptivを使ったクラス最高のパフォーマンスと実装密度を実現したMicrochip
Technology製32ビット、 PIC32MZ MCUを披露しました。

また、 超低消費電力のWPU(Wearable
Processor Unit)SoCの中に様々なイマジネーションのIPコアを組み合わせた、 ウェアラブル機器にフォーカスしたInedaのような新興企業も見られました。Inedaは、 MIPSの超低消費電力の草分け的なデバイスの実演展示だけでなく、 記録的なスピードで最初のSoC製品を立上げ、 イマジネーションを高品質IPパートナーとして選択することが、 最短期間で市場出荷を可能にすることを示しました。

モバイルフォン、 タブレット

Acer
Iconia A1-830、 Transformer Book T100、 ASUS ZenFone 4、 5、 6、 ASUS PadFone mini、 Padfone X 2014、 Commander3Dタブレット、 HaierPad H6000
Full HD Phablet、 Hampoo 3Dタブレット、 Kogan Agora HD Mini 3G、 Lenovo ThinkPad 8、 Meizu MX3スマートフォン、 Pipoタブレットなど、 PowerVRグラフィックスとビデオ技術を使った数々のスマートフォンやタブレット展示もCESの目玉でした。

PowerVRグラフィックスは、 Broadcom製M320リファレンスデバイス、 MediaTek製MT8135開発プラットフォーム、 Allwinner
Technologiesの最新のA80 SoC、 OptimusBoard、 さらにAllwinner製 A31/A31sプロセッサで動作する4Gタブレットなど、 最新のモバイル用アプリケーションプロセッサSoCに数多く使用されていました。

MIPS
CPUは、 Sequans VZ20Q
EZLinkLTEモジュール
を組み込んだVerizonの新型Kurio 7x 4G LTEタブレットで使用され、 さらにAltair
Semiconductor製FourGeeチップセットを搭載した、 Verizon初の直販ブランドタブレットとなるLTE対応 Ellipsis 7も展示されていました。

数多くのUltraHD TVの展示

イマジネーションは、 HEVC(H.265)デコードや4K TVの重要技術となるGPUなど、 UltraHD 4K TV向けの広範囲な技術展示を行いました。LG製WebOSベーステレビ、 Realtek製4K対応RTD2995 SoC搭載テレビなど、 PowerVRグラフィックスを使用した数多くのテレビや、 MIPS CPUも導入したTCL製Roku TVが展示されていました。

さらにQualcommは、 世界中のテレビ放送復調にイマジネーションのEnsigma IPを使用した、 UltraHDスマートテレビ、 スマートセットトップボックス、 スマートデジタルメディアアダプタ向けのSnapdragon™ 802プロセッサを公開しました(*)。

マルチルームオーディオ体験

Ensigma
RPUとCaskeidオーディオ同期技術を組み合わせたイマジネーションの技術が、 新製品のネットワークスピーカーとラジオ製品として、 イマジネーションのPure部門から展示されていました。Pure Jongo製品ファミリとCaskeid技術がワイヤレスオーディオ製品における先端技術として急速に評価が高まっていることを反映し、 Pureは、 Jongo T6ワイヤレスマルチルームスピーカーで、 International
CES Innovations 2014 Design and Engineering Awards Honoreeを受賞しました。

ネットワーク型自動車向け製品

イマジネーションのソリューションは、 ADAS(Advanced
Driver Assistance Systems)や車載用のインフォテインメントディスプレイなどの自動車向けアプリケーションに理想的です。CESでは、 HARMANやPanasonic
Automotive Systems Companyなどの企業から支持された、 PowerVR GPU搭載のTI製「Jacinto 6」自動車用OMAP™ プロセッサベースの車載向けリファレンスデザインが披露されました。さらに、 Mobileyeは最新のMIPSベースのADAS技術を公開し、 車に接続されたAccel製VOYAGERスマートフォンと自社製衝突回避システムのインテグレーションも発表しました。

未来のネットワーク社会を推進

イマジネーションのMIPS CPUは、 未来のネットワークワールドをパワーアップする、 幅広いソリューションで採用されています。CESでは、 Qualcomm Atherosが業界最先端メーカ製のMIPSをベースとしたネットワーク接続型製品ラインアップを紹介していました。さらにLantiq製MIPSベースのホームネットワークソリューションの展示、 Cavium製64ビットMIPSベースのOCTEONとOCTEON Fusion
SoCを基盤としたクラウド-ホーム間のソリューションが展示されていました。

CES全体を通して、 イマジネーションの技術を使用した著名なブランドから、 その他多数の製品展示されていました。

イマジネーションのTony King-Smith氏(マーケティング担当副社長)は次のように述べています。「CESでは、 戦略的パートナー、 顧客、 アナリストの方々のイマジネーションブースへの記録的な数のご来場を嬉しく思っています。この展示会において、 電子産業が新しいフェーズに移行していることを再確認し、 イマジネーションは既にその準備が整っています。私たちは何年もの間、 ウェアラブル機器、 IoT、 UltraHDなどのトレンドについて語りつづけ、 あらゆる価格帯とパフォーマンスの製品が市場へ投入できるよう、 IPポートフォリオの充実に大きな投資をしてきました。SoC、 OEM、 アプリケーションパートナーが、 2014年を通して、 私たちの業界最先端技術がもたらす革新的な次世代の電子製品を市場へ導入し続けることには、 感激の思いです。」

イマジネーションの次なるイベント、 MWC(Mobile World Congress) 2014では、 イマジネーションのIPコアを使用したSoCや最終製品のさらなる発表があります。MWCでイマジネーションとのミーティングを希望される場合は、 mwc@imgtec.comにご連絡ください。

注記

*
アメリカ合衆国、 その他各国で登録された、 Qualcomm、 Snapdragon、 AdrenoはQualcomm
Incorporatedの商標です。Qualcomm SnapdragonはQualcomm Technologies, Inc.の製品です。すべてのQualcomm 社 の商標は許可を得た上で使用しています。その他の製品やブランド名は、 それぞれの所有者の商標や登録商標です。

イマジネーションテクノロジーズについて

マルチメディア、 プロセッサ、 通信、 クラウドテクノロジーにおける世界的な先端企業であるイマジネーションテクノロジーズは、 グラフィックス、 ビデオ、 画像処理、 組込CPU、 マルチスタンダード通信、 プラットフォーム間共通のV.VoIPおよびVoLTE、 クラウド技術など市場をリードするプロセッサソリューションの開発とライセンス供与を行っています。このシステムオンチップ(SoC)向けシリコンIPソリューションは、 ソフトウェア、 開発ツール、 エコシステムによってサポートされています。ターゲット市場としては、 携帯電話、 ネットワーク家電、 モバイルコンピューティング、 カーエレクトロニクス、 通信、 医療、 スマートエネルギー、 ネットワークセンサーなどが挙げられます。イマジネーションのライセンス先は、 各国の主要な半導体企業、 ネットワーク事業者、 OEM/ODM企業などです。イマジネーションテクノロジーズの本社は英国にあり、 世界各国に販売拠点と研究開発拠点を置いています。詳しくは
www.imgtec.comをご覧ください。

イマジネーションの情報はTwitterYouTubeLinkedInRSSFacebookブログで提供されています。

イマジネーション・テクノロジーのプレス担当者: 


英国: David Harold              
david.harold@imgtec.com           +44
(0)1923 260 511

米国:
Jen Bernier-Santarini 
jen.bernier@imgtec.com +1 408-530-5178


All Press Releases