12th November 2012

イマジネーションのパートナーによる出荷が10億個に到達


2012年11月12日、 東京:マルチメディアおよび通信テクノロジー分野のリーディングカンパニーであるイマジネーションテクノロジーズがパートナーを通じて出荷した、 同社IPコア搭載のシステムオンチップ(SoC)が累計10億個を超えました。

同社は、 駐日英国大使館で本日行われたイベントで、 この重要なマイルストーン到達を発表しました。 イベントには、 半導体とデジタル家電製品のリーディングカンパニーの経営幹部が多数出席しました。

1985年に英国で創業したイマジネーションはIPプロバイダーとして長い歴史を誇り、 世界の上位20社にランクされる半導体メーカーやOEMメーカーの多くとパートナー契約を結んでいます。 同社は基礎となるマルチメディア、 通信、 プロセッサテクノロジーをライセンス供与し、 こうしたテクノロジーが市場に出荷されたときにロイヤルティを受け取ります。

イマジネーションのホセイン・ヤッサイCEOは次のように述べています。 「当社のコアテクノロジーはそれぞれ、 スマートなテクノロジーイノベーションに基づいて構築されています。 たとえば、 POWERVRグラフィックス処理ユニット(GPU)のタイルベース遅延レンダリング(TBDR)、 POWERVRビデオ処理ユニット(VPU)における専用ハードウェアとプログラマブルな要素の絶妙な組み合わせ、 コネクティビティと通信を担うラジオ処理ユニット(RPU)を駆動する完全にプログラミング可能なVLIWエンジン、 METAプロセッサ(CPU)のハードウェアマルチスレッディング機能などです。 当社の主要なIPファミリのそれぞれが大量に出荷され、 SoC出荷累計10億個の中で大きな割合を占めています。 同じSoC上に複数のIPコアを搭載している製品も珍しくありません。 つまり、 実のところコアは数十億個出荷していることになります。 最先端のSoCを製造するために、 パートナーの皆様には当社のIP製品をますます多くご利用いただいています」 特に重要な点として、 同社はさらに、 ビデオデコード・エンコード向けIPコアファミリの出荷が500億個を超えたことも発表しました。 これにより同社は、 ライセンス供与が可能なハードウェアビデオデコード・エンコードテクノロジーにおいて、 世界最大のサプライヤとなります。 POWERVRビデオコアは業界トップの低消費電力を誇り、 H.264HP 1080P30ビデオを15mW(40LP)未満でデコードできます。

イマジネーションは、 2012年11月14~16日に横浜で開催されるEmbedded Technology 2012で、 同社のライセンス供与可能なテクノロジーをテーマに幾つかプレゼンテーションを実施するとともに、 最新のライセンス供与可能なIPテクノロジーの実演も行います(ブースC-20)。

イマジネーションテクノロジーズについて

マルチメディアおよび通信におけるチップテクノロジーの世界的なリーディングカンパニーであるイマジネーションテクノロジーズは、 グラフィックス、 映像、 ディスプレイ、 組み込み処理、 マルチスタンダード通信および接続、 さらにプラットフォーム間共通のV.VoIP & VoLTE向けの市場をリードするプロセッサソリューションの製造とライセンス供与を行っています。 このSoC向けシリコンおよびソフトウェア知的財産(IP)ソリューションは、 ソフトウェアドライバ、 開発者ツール、 大規模な市場、 およびテクノロジー重視のエコシステムの充実したポートフォリオによって補完されています。 携帯電話、 マルチメディア機器、 デジタル家電、 モバイル/タブレット、 カーエレクトロニクス、 通信、 医療、 スマートエネルギー、 センサ機器やコントローラなどといったさまざまな分野をターゲットとしています。 イマジネーションのライセンス先には、 世界中の主要な半導体企業、 ネットワーク事業者、 エレクトロニクスOEM/ODM企業が含まれています。 イマジネーションテクノロジーズの本社はイギリスにあり、 世界各国に販売拠点と研究開発拠点を置いています。 詳しくはwww.imgtec.comを参照してください。


All Press Releases