15th February 2011

イマジネーションのパートナー企業が新しいモバイル/組み込みグラフィックスを推進

Series5XT SGX543MP と SGX544MP を搭載したシステムオンチップ(SoC)を披露、次世代の POWERVR™ Series6 グラフィックスを使用した最初のデバイスを発表


2011 年 2 月 15 日スペイン・バルセロナ(MWC 2011)。マルチメディアおよび通信テクノロジーのリーディングカンパニーであるイマジネーションテクノロジーズ(IMG)が開発したシングルプロセッサ/マルチプロセッサの高性能 POWERVR SGX ソリューションは、新次元のモバイルおよび組み込みグラフィックスパフォーマンスを可能にするものです。このソリューションは、最新世代の SoC に利用されています。次世代の POWERVR テクノロジー(コード名「Rogue」)は先行開発中ですが、すでに複数の大手パートナー企業にライセンス供与されています。

イマジネーションの CEO、ホセイン・ヤッサイは、次のように述べています。「モバイルおよび組み込み市場全体でグラフィックスのデファクトスタンダードとして POWERVR が広く支持されており、今後ますます多くの採用が見込まれています。POWERVR は、スマートフォン、タブレット、モバイルコンピューティング、およびゲーム機のコンソール分野でその地位を確立し、メーカーの主力製品にも利用されており、POWERVR 開発者の大規模なコミュニティも形成されています。」

POWERVR は世界最大のグラフィックス エンジニア チームにより推進されており、明確なテクノロジーの利点と優れたロードマップを備えています。さらに、現在まで POWERVR 対応デバイス向けに最適化された数十万個のアプリケーションを構築しているサード パーティ開発者の広範なエコシステムも大きな魅力です。

IMG の POWERVR Series5XT MP(マルチプロセッサ)グラフィックスコアをベースとしたチップについては、MWC 2011 でルネサス社がデモを実施します。ソニーは近日発表する携帯ゲーム NGP (PSP後継機種)にこのグラフィックス コアを採用することを発表しており、テキサス インスツルメンツは最近発表した OMAP5 ファミリのデバイスにこのグラフィックス コアを採用しています。

Jon Peddie Research の Jon Peddie 氏は次のように述べています。「IMG は非常に好調です。買収により規模を拡大し、新規顧客を獲得して新しいテクノロジーを開発しています。さらに、IMG の素晴らしい点は業界全体に有益であることです。デバイスへの新次元のグラフィックス/マルチメディア機能の搭載を推進し、クロスプラットフォームテクノロジーにより革新的なアプリケーションやツールの開発を可能にしています。」

POWERVR Series5XT の製品化

IMG の最新のマルチプロセッサ POWERVR SGX MP コアを利用した 10 種類を超える SoC が現在設計中、またはシリコン内に搭載されています。

テキサスインスツルメンツの OMAP5430 および OMAP5432 は、マルチコア POWERVR SGX544MP グラフィックスアクセラレータを 3D ゲームおよび 3D ユーザーインターフェースに利用しています。

ルネサスの SH-Mobile APE5R は、イマジネーションテクノロジーズの POWERVR SGX543MP グラフィックスを搭載します。

Sony Computer Entertainment の次世代の携帯型エンターテインメント システム(コード名: NGP)は、SGX543MP4 グラフィックス アクセラレーションを搭載します。

POWERVR SGX はパフォーマンスの面で競合他社のソリューションより優れています。実際に POWERVR SGX は数年間で大量に出荷されているのに対して、競合他社のソリューションの多くはまだ出荷されていません。POWERVR を強化した SGX MP によりこのパフォーマンスの差がさらに広がり、1 mm2 および 1 mW 当たりのパフォーマンスにおいて市場をリードしています。

広範な特許を取得している IMG 固有のグラフィックス用タイルベース遅延レンダリング(TBDR)アーキテクチャをハードウェア マルチスレッドなどの高度なアーキテクチャ技術と組み合わせて利用し、さらに、すべてのモバイルおよび組み込みオペレーティング システム向けの製品対応ドライバの開発に十分な投資を行うことで、IMG はすべてのオンチップ マルチメディアおよび通信ソリューションにおいて、1 mm2 および 1 mW 当たりのパフォーマンスで市場をリードしています。

先行開発中の次世代ソリューション

IMG の次世代 POWERVR Series6 アーキテクチャ(コード名「Rogue」)はすでに複数の主要パートナー企業にライセンス供与されています。「Rogue」はすべての API で比類のない 1 mm2 および 1 mW 当たり 1 GFLOPS のパフォーマンスを実現します。

ST-Ericsson は同社の Nova アプリケーションプロセッサに IMG の次世代 POWERVR Series6「Rogue」アーキテクチャを搭載することを発表しました。

Series6 GPU は Series5 および Series5XT の GPU と完全互換性を持つため、開発者は移行作業において Series5 用に最適化されたアプリケーションをこの新しいアーキテクチャにスムーズにアップグレードできます。

POWERVR Series5XT GPU IP コアは現在、すべてのパートナー企業に対するライセンス供与が可能です。POWERVR Series6 は現時点で複数の主要パートナー企業にライセンス供与されています。

その他の複数のパートナー企業も POWERVR Series5XT および Series6 コアのライセンス供与を受けており、準備が整い次第、製品を発表する予定です。


All Press Releases