6th January 2014

イマジネーションの次世代PowerVR Series6XTアーキテクチャが 最大50%の性能向上と先進のパワーマネジメントを提供

Series6XTファミリー第一弾となる3種類のIPコアを発表


  • 洗練されたグラフィックスとGPU演算における劇的なパフォーマンス改善
  • PowerGearing™G6XTパワーマネジメント
  • PVR3C™トリプル圧縮テクノロジ
  • UltraHD Deep Color GPU
  • DOKs(Design Optimization Kits)

英国ロンドン、 2014年1月6日  – イマジネーションテクノロジーズ(IMG.L)は、 先進のPowerGearingメカニズムにより、 消費電力を低減しながら、 パフォーマンスを新しいレベルへと引き上げるべく、 高評価を得ているPowerVR
Rogue GPU(Graphics Processing Unit)の次世代アーキテクチャを発表しました。 新しいPowerVR Series6XT
Rogueアーキテクチャは、 業界最小のメモリ帯域幅である画期的なSeries6アーキテクチャを基盤として単位面積(mm2)、 単位電力(mW)あたり最高のパフォーマンスを提供します。

Series6XTアーキテクチャは、 GFLOPSとテクスチャリングレートをリニアにスケーリングする演算クラスタを8つまで実装可能で、 市場をリードする拡張性を提供します。 OpenGL
ES3.0(*)の各コア横断的なサポート経験が、 業界最高レベルのOpenGL ES3.0 GPUパフォーマンスをSeries6XTにて提供します。 今回、 イマジネーションは、 Series6XTの第一弾として、 2、 4、 6の演算クラスタを有する3種類のIPコアを発表しました。

Series6XTアーキテクチャは、 ウェアラブル機器、 モバイルデバイスおよびタブレットから、 自動車インフォテインメント、 ハイエンドのゲーム、 演算処理などに至るまで、 広範な市場をターゲットにしています。 Series6XTはまた、 4K/UltraHD
TV用の拡張色域をサポートできるよう性能を強化しています。

イマジネーションのTony King Smith氏(EVP
Marketing)は次のように述べています。 「私たちは、 PowerVR
Series6XTの新しい機能と新しいレベルのGPUパフォーマンスの提供により、 Rogueアーキテクチャの効率向上を続けています。 イマジネーションは、 これからも引き続き改革速度を加速し、 業界をリードするGPU製品で競合他社を引き離し、 お客様に最新テクノロジにアクセスできるメリットをお届けします。 」

Jon Peddie ResearchのJon
Peddie氏(President)は次のように述べています。 「わが社の調査結果によると、 既にモバイルGPUで大きく業界をリードしているイマジネーションは、 革新的なパワーマネジメント技術と圧縮技術を特長とする新しい高性能Series6XTアーキテクチャにより、 Rogueグラフィックスファミリーを拡張しています。 全てのデバイスで消費者のグラフィックス要求性能が高まる中で、 Series6XTの約束されたパフォーマンスと拡張性は、 次世代のモバイルや組み込み機器で必要とされています。 」

劇的なパフォーマンス改善

Series6XTファミリー製品は、 TFLOPSレベルまでパフォーマンスをスケーリングできるように設計されています。 アプリケーション開発者は、 グラフィックスとGPU演算タスクの両方においてSeries6XT
GPUの強力な並列処理能力の特長を活用することができます。

Series6XT IPコアは、 前世代の同等レベルで構成されたコアと比較して、 最新の業界標準ベンチマーク上で最大50%のパフォーマンス向上を達成しています。 飛躍的なGFLOPS向上により、 Series6XTはGFLOPS/mm2、 GFLOPS/mWの両方において業界最高のパフォーマンスを提供します。

Series6XTは、 以下のアーキテクチャ上の強化がされています。

  • アプリケーションのパフォーマンス改善、 GPU演算効率向上へつながる最新のインストラクションセット
  • 高度なリソース利用を可能にする、 イマジネーションの次世代HST(Hierarchical
    Scheduling Technology)
  • 高速応答性とより滑らかなグラフィックス処理へと導く、 安定したポリゴン処理スループットとピクセルフィルレートの改善
  • より高度な並列処理性能に最適化されたGPU演算データパス

PowerGearing G6XTの高度なパワーマネジメント

PowerVR独自のTBDR(Tile Based Deferred Rendering)は、 世界最高の効率的なアーキテクチャで、 Series6XTでは、 クラス最高峰の電力効率を提供するよう、 いくつもの洗練されたパワーマネジメント機能による拡張を実施しています。

イマジネーションの強化されたPowerGearing
G6XTパワーマネジメントメカニズムは、 すべてのGPUリソースのきめ細やかなコントロールとシェーディングクラスタや他の演算ブロックのスケジューリングを要求ベースでダイナミックに行うことで、 決められた電力消費と発熱環境下でも安定したパフォーマンスを実現します。 要求されたリソースのみに電力を供給することで、 Series6XT
Rogueアーキテクチャは実証されたクラス最高の低消費電力性能を提供できます。

PVR3Cトリプル圧縮: 電力消費とパフォーマンスにおいてさらに優位に

Series6XTは、 電力、 性能メリットの向上のために演算とグラフィックスの帯域をPVR3Cトリプル圧縮によりシステムレベルで最適化することを特長とします。 PVR3Cは、 不可逆テキスチャ圧縮(イマジネーションのPVRTCおよびKhronosのASTC)、 第二世代ロスレス画像圧縮(PVRIC2)およびロスレスの形状データ圧縮(PVRGC)を組み合わせています。

  • Series6XTは、 定評のある低消費電力テキスチャ圧縮PVRTC、 PVRTC2に加え、 ASTCを完全サポート
  • PVRIC2は、 劇的なスループット向上、 帯域幅低減、 省電力で競合他社を上回る、 システムパフォーマンスを改善
  • PVRGCは、 最近のゲーム環境で特に増えている複雑な幾何学データ処理のためのシステムコスト関連や、 利用帯域幅を全体的に低減

ソフトウェアおよびツールのサポート

イマジネーションは、 3Dグラフィックスアプリケーション開発をあらゆる側面からサポートできるように、 開発者へは、 複数プラットフォームに対応したツールキットであるPower
VRグラフィックスSDKのフリーアクセスを提供しています。 開発者はPowerVR Insider Communityに参加することで、 無償でSDKをダウンロードすることができ、 www.powervrinsider.comの開発フォーラム通して、 45,000名以上のメンバーからなるコミュニティで交流することができます。

ライセンス

第一弾のPowerVR Series6XT IPコアは、 リードパートナーに出荷され、 一般ライセンス提供も開始しました。 PowerVR
Series6XT コアであるGX6250、 GX6450、 GX6650は、 それぞれ2、 4、 6の演算クラスタを有します。 シリコン領域を最適化した2演算クラスタタイプのGX6240も出荷可能です。

イマジネーションの、 PowerVR Rogue IPコア用の物理Design Optimization
Kits(DOKs)は、 お客様にシリコン領域の縮小と消費電力削減と共に設計の期間短縮を可能にし、 より高品質な結果へ導くために、 電力、 パフォーマンスおよび領域(PPA)の最適化に対しての柔軟性を提供します。 イマジネーションのDOKは、 業界をリードするEDAソフトウェアをベースとした参照用フロアプラン、 設計フロー、 パートナーがチューニングしたライブラリ、 特性データやドキュメントで構成されます。 詳しくは、 info@imgtec.comへお問合わせください。

PowerVR グラフィックスについて

イマジネーションのPowerVRグラフィックステクノロジーは、 モバイルおよび組み込みグラフィックスのデファクトスタンダードです。 PowerVR Rogueアーキテクチャは、 OpenGL
ES 3x*/2/1.1、 OpenGL 3x/4xを含む最新のグラフィックスAPIの機能をサポートするよう設計されており、 DirectX
11.1へと拡張可能なフルWHQL準拠DirectX 9/10に対応した製品も用意されています。 PowerVR Rogue GPUはOpen CL 1xおよびRenderscriptなど、 普及しつつあるGPU汎用演算APIのフルサポートを提供し、 モバイルおよび組み込みデバイス向けにパフォーマンス対電力消費の最適なバランスを実現します。

注記

*  PowerVR
Series6XT Rogue IPコアは、 公開されているKhronos仕様に準じており、 Khronos Conformance
Testing Processに適合する予定です。 これまでのRogue
IPコアも既にConformanceに準拠しています。 最新の準拠状況は、 www.khronos.org/conformanceでご確認ください。

イマジネーションテクノロジーズについて

マルチメディア、 プロセッサ、 通信、 クラウドテクノロジーにおける世界的な先端企業であるイマジネーションテクノロジーズは、 グラフィックス、 ビデオ、 画像処理、 組込CPU、 マルチスタンダード通信、 プラットフォーム間共通のV.VoIPおよびVoLTE、 クラウド技術など市場をリードするプロセッサソリューションの開発とライセンス供与を行っています。 このシステムオンチップ(SoC)向けシリコンIPソリューションは、 ソフトウェア、 開発ツール、 エコシステムによってサポートされています。 ターゲット市場としては、 携帯電話、 ネットワーク家電、 モバイルコンピューティング、 カーエレクトロニクス、 通信、 医療、 スマートエネルギー、 ネットワークセンサーなどが挙げられます。 イマジネーションのライセンス先は、 各国の主要な半導体企業、 ネットワーク事業者、 OEM/ODM企業などです。 イマジネーションテクノロジーズの本社は英国にあり、 世界各国に販売拠点と研究開発拠点を置いています。 詳しくは
www.imgtec.comをご覧ください。

イマジネーションはTwitterYouTubeLinkedInRSSFacebook、 さらにブログで情報を提供しています。

イマジネーション・テクノロジーのプレス担当者: 

英国: David Harold         david.harold@imgtec.com    +44
(0)1923 260 511

米国: Jen Bernier-Santarini jen.bernier@imgtec.com     +1 408-530-5178


All Press Releases