2nd March 2015

イマジネーションのMIPS CPUがSequans社のIoT、M2M向けの最新 LTEチップセットColibriとCalliopeを強化

Best BuyやVerizonなどがMIPS搭載のSequansモジュールを後押し


MOBILE WORLD CONGRESS、 スペイン、 バルセロナ – 201532イマジネーションテクノロジーズ (IMG.L)は、 4GチップメーカーであるSequans Communicationsの最新の設計を通して、 MIPS CPU IPコアがLTEデバイスのけん引を続けていることを発表しました。 MIPS CPUは、 LTE対応のIoT(Internet of Things)向けのSequans製ColibriおよびCalliopeプラットフォームの中核を構成しています。 更に、 MIPSを搭載したSequans製チップセットやモジュールは、 多くの最終製品に実装されていく方向に進んでいます。

最近のSequansの採用事例として、 以下のVerizon Wirelessネットワーク認証の新製品があります。

·
Verizon Ellipsis Jetpack MHS800L: Verizon Wireless 4G LTEネットワークに最大8つのWi-Fiデバイスが接続可能な超小型モバイルホットスポット

·         BestBuy Insignia Flex LTE 8” Androidタブレット: Best Buy初の4G LTEタブレットInsigniaファミリ

·
MSI (Micro-Star International) S100 Note LTE (モデルND12): 2-in-1のLTEタブレットとキーボード

·
D-Link eMBMS TVドングル:にLTE eMBMS経由で高解像度ビデオコンテンツを受信し、 テレビ画面表示するLTE放送用コンシューマ向けドングル

Sequansのワールドワイドマーケティング責任者であるCraig Miller氏は次のように述べています。 「私たちは多くのLTEチップセットプラットフォームにMIPSを採用しています。 ハードウェアマルチスレッディングなど、 大きな差別化機能をもつMIPSを使用することで、 Sequansは、 IoT向けに世界初となるカテゴリ1のCalliopeプラットフォームから、 最高パフォーマンスのCassiopeia
カテゴリ 6 LTE-Advancedプラットフォームに至るまで、 さまざまなLTEソリューションの提供を実現しています。 LTEが非常に広い範囲の新しいデバイスに実装されていく中、 各社は開発リスクや時間を大幅に低減するため、 事前にインテグレーション、 テスト、 認証されたMIPSベースのSequans製LTEプラットフォームとモジュールに注目しています。 」

イマジネーションでマーケティング担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントを務めるTony King Smithは次のように述べています。 「当社はLTE分野でのSequansとの長期の連携を誇りに感じています。 ハードウェアマルチスレッディングのようなMIPS特有の機能は、 Sequansが市場をけん引する革新的なプラットフォームを構築することを支援し、 MIPSアーキテクチャの競争力の強さが実証されました。 また、 他のチップセット、 モジュールと同様に、 Sequansは新しいCalliopeおよびColibri IoTプラットフォームにより、 当社の高性能で電力効率の良いMIPS CPUを刺激的な次世代のLTEソリューションへと導いてくれます。 」

Sequansは、 さまざまなMIPS CPUを既存のプロダクトラインに使用しています。 SequansのStreamliteLTEやStreamrichLTEのチップセットソリューションは、 Sequansのキャリア認証済みLTEプロトコルスタックを実行するにあたり、 すべてMIPS CPUを使用しています。

·
Calliopeプラットフォーム:StreamliteLTEファミリ チップセットソリューションの最新製品で、 低コスト、 低消費電力用に最適化されており、 ウェアラブル端末やその他のIoTおよびM2M製品など、 LTEカテゴリ1 (下り10 Mbps)デバイス用に設計されています。

·
Colibriプラットフォーム: このプラットフォームもStreamliteLTEファミリ製品で、 モジュール、 ルーター、 およびタブレットといったカテゴリ4 (下り150 Mbps)のM2MおよびIoTデバイス用に設計されており、 Universal Scientific Industrial (Shanghai) Co., Ltd.,
(USI)が最近発表したオールインワンのシングルモードLTEチップソリューションなどのモジュールに実装されています。

·
Cassiopeiaプラットフォーム: カテゴリ6のスループットと、 柔軟なデュアルキャリアアグリゲーションをサポートするこのLTE-Advancedプラットフォームは、 タブレット、 モバイルルータといった多機能、 高性能なLTE携帯デバイスや、 アドオンデータカードを使用するPCおよび住宅用ゲートウェイ向けに設計された、 SequansのStreamrichLTE製品ファミリ製品です。

さらに、 デバイスメーカーにプラグ&プレイLTE接続ソリューションを提供し、 開発費用と時間を大幅に削減できるように設計されたオールインワンのLTE接続モジュールであるEZLinkLTEファミリに、 SequansはMIPS CPUを使用しています。 EZLinkLTEファミリには、 コンシューマ機器とM2Mデバイス向けのVZ20Q、 ノートブック、 ラップトップ、 タブレット、 およびその他のポータブルコンピュータ向けのVZ20M、 そしてGPS機能を搭載したVZ21Mがあり、 すべてVerizonの認証を受けています。

Sequans Communicationsについて

4GチップメーカーであるSequans Communications S.A. (NYSE: SQNS)は、 世界中の無線機器製造業者にシングルモードLTEチップセットソリューションを提供しています。 2003年創業のSequansは、 これまでに6世代の4G技術を開発提供し、 そのチップは世界中のLTEとWiMAX両方の4Gネットワークで認証、 出荷されています。 現在、 Sequansには2つのLTE製品ラインナップがあります。 1つは多機能モバイルコンピューティングや住宅用/携帯用ルーターデバイス向けに最適化されたStreamrichLTE™であり、 もう1つはM2Mデバイスやその他IoT(Internet of
Things)向け接続デバイス用に最適化されたStreamliteLTE™です。 Sequansの本拠はフランスのパリにあり、 米国、 英国、 イスラエル、 香港、 シンガポール、 台湾、 韓国、 および中国にも拠点があります。 Sequansの詳細については、 www.sequans.comwww.facebook.com/sequanswww.twitter.com/sequansをご覧ください。

イマジネーションテクノロジーズについて

イマジネーションは、 世界中の何十億の人々の生活を豊かにする製品を支えるグローバル規模のテクノロジー・リーディング・カンパニーです。 広範囲なシリコン製品向けのIP(知的財産)には、 様々なモバイル、 家電、 自動車、 企業、 インフラ、 IoT、 組込機器の原動力となるSoC(Systems on Chips)の設計に欠かせないマルチメディア、 通信、 汎用プロセッサが含まれています。 独自のソフトウェアやクラウドIP・システムソリューションとの相乗効果によって、 ライセンシーやパートナーが高度に差別化されたSoCプラットフォームを利用した製品を素早く市場に投入することを可能にします。 イマジネーションのライセンシーである半導体メーカー、 ネットワークオペレータ、 OEMやODMなど多くの世界的な先端企業は、 各国で象徴的で革新的な製品を創り続けています。 イマジネーションに関する詳細情報は www.imgtec.com及びwww.imgtec.com/jpをご覧ください。

イマジネーションは、 TwitterYouTubeLinkedInRSSFacebookブログで情報を提供しています。

イマジネーション・テクノロジーズとイマジネーション・テクノロジーズのロゴはImagination
Technologies Limitedと英国及びその他の国の関連会社の商標です。 その他すべてのロゴ、 製品、 商標、 および登録商標は、 それぞれの所有者に帰属します。

イマジネーション・テクノロジーのプレス担当者:

英国: David Harold     david.harold@imgtec.com           +44 (0)1923 260 511

米国: Jen Bernier-Santarini  jen.bernier@imgtec.com +1 408-530-5178


All Press Releases