7th January 2016

イマジネーションのPowerVR GPU、クロノス・グループのOpenVXコンフォーマンス・テストに合格

Rogueアーキテクチャの能力をビジョン(視覚情報)処理アプリケーション開発者へ提供


英イマジネーション・テクノロジーズ(IMG.L、 以下:イマジネーション)は、 同社のPowerVR Rogue Series6 GPUが、 クロノス・グループが仕様策定するOpenVX™ 1.0.1コンフォーマンス・テストに合格したことを発表しました。 OpenVXを使用することで、 開発者は世界をリードするスマート・フォン、 タブレット、 その他の製品の多くに使用されているPowerVR GPU上で、 充分に最適化されたビジョン処理アルゴリズムを高い並列性と電力効率で実行できます。

OpenVXは、 クロス・プラットフォーム上でコンピュータ・ビジョン・アプリケーションをアクセラレートするオープンでロイヤリティフリーの標準仕様です。 OpenVXは、 性能と電力を最適化したコンピュータ・ビジョン処理を実現し、 顔、 身体やジェスチャ検出、 高度な監視システム、 先進運転支援システム(ADAS)、 オブジェクトおよびシーン復元、 拡張現実、 外観検査、 ロボット工学などの組み込みとリアルタイムの事例で特に重要です。 既に世界中に多数出荷されているPowerVR Series6 GPU上で、 開発者がOpenVXを使ってRogueアーキテクチャの全処理能力を利用できるように最適化されています。

イマジネーションで、 マルチメディア技術マーケティング担当ディレクタを務めるPeter McGuinnessは、 次のようにコメントしています。 「視覚情報処理は、 ほとんどすべてのアプリケーション分野において、 私たちが外界と接触する方法を根本から変える中心的な革新技術です。 PowerVRマルチメディア・プロセッサやMIPS CPUなどイマジネーションのIPコアは、 各種製品で増え続けるビジョンアプリケーションで使われています。 OpenVX 1.0.1はビジョンアプリケーションをすばやく作成し採用するための重要な出発点であり、 量産中のシリコン製品上でコンフォーマンス・テストに合格したことを喜んでご報告します。 」

Itseezのプレジデントで、 クロノス・グループOpenVXワーキング・グループのチェアマンを務めるVictor Erukhimov氏は、 次のようにコメントしています。 「OpenVXは、 低消費電力、 リアルタイム・モバイルおよび組み込みユースケース向けに最適化された、 独創的な視覚情報処理を促進させるフレームワークを開発者に提供します。 OpenVXはISP、 専用ハードウェア、 DSP、 DSPアレイ、 マルチコアCPUをはじめ、 イマジネーションのPowerVRのようなGPUといった、 多様なヘテロジニアス・プロセッサ間で移植できます。 私たちは多くのモバイル、 車載、 組み込みデバイスで中心的なPowerVR GPU上で、 開発者がOpenVXの能力を利用できることをうれしく思います。 これにより、 OpenVXが広く普及し、 次世代の視覚情報をベースとしたアプリケーションの制作が可能となるでしょう。 」

開発者の方は、 PowerVR Insiderコミュニティwww.powervrinsider.comにおいて、 PowerVR Series6 GPUでのOpenVX 1.0.1の使用方法の詳細について、 ご確認いただけます。

イマジネーションは、 画像処理プロセッサ、 GPU、 ビデオ・エンコーダ、 組み込みCPUなどの深い知識とOpenCL、 やRenderScriptのようなヘテロジニアス処理とコンピュートAPIからOpenVX™といったビジョンアプリケーション向けのハイレベルのAPIの専門性も備えており、 革新的な視覚情報処理システムを開発するパートナーを支援できる独自の立場にいます。

PowerVR GPUについて

イマジネーションのPowerVRグラフィックス・プロセッサ(GPU)は、 モバイルおよび組み込みグラフィックスとGPUコンピューティングのデファクト・スタンダードです。 PowerVR GPUファミリは、 技術的能力、 充実したロードマップ、 エコシステムで市場をリードしており、 これまで同種の技術としては圧倒的な採用、 出荷実績を誇ります。 PowerVRグラフィックスIPは、 業界トップクラスの総合的なGPUラインナップを構成しており、 幅広いアプリケーションをサポートします。 詳しくはhttps://www.imgtec.com/powervr/graphics.aspをご覧ください。

注:*
PowerVR G6230 GPUを備えたAllwinner A80チップ上で実行するOpenVX DDKによる適合申請が承認されました。 https://www.khronos.org/conformance/adopters/conformant-products#openvx

イマジネーション・テクノロジーズについて

イマジネーションは、 世界中の何十億の人々の生活を豊かにする製品を支える、 グローバル規模のテクノロジー・リーディング・カンパニーです。 広範囲なシリコン製品向けのIP(知的財産)には、 様々なモバイル、 家電、 自動車、 企業、 インフラ、 IoT、 組込機器の原動力となるSoC(Systems
on Chips)の設計に欠かせないマルチメディア、 通信、 汎用プロセッサが含まれています。 独自のソフトウェアやクラウドIP・システムソリューションとの相乗効果によって、 ライセンシーやパートナーが高度に差別化されたSoCプラットフォームを利用した製品を素早く市場に投入することを可能にします。 イマジネーションのライセンシーである半導体メーカー、 ネットワークオペレータ、 OEMやODMなど多くの世界的な先端企業は、 各国で象徴的で革新的な製品を創り続けています。 詳しくは www.imgtec.com及びwww.imgtec.com/jpをご覧ください。 イマジネーションの情報はTwitterYouTubeLinkedInRSSFacebookBlogで提供されています。

イマジネーション・テクノロジーズとイマジネーション・テクノロジーズのロゴはImagination Technologies Limitedと英国及びその他の国の関連会社の商標です。 その他すべてのロゴ、 製品、 商標、 および登録商標は、 それぞれの所有者に帰属します。

イマジネーション・テクノロジー プレス担当者:

英国:David Harold      david.harold@imgtec.com +44 (0)1923 260 511

米国:Jen Bernier-Santarini       jen.bernier@imgtec.com +1 408-530-5178

日本:ミアキス・アソシエイツ(河西) kasai@miacis.com

記事掲載時のお問い合わせ先

イマジネーション・テクノロジーズ株式会社

www.imgtec.com/jp

お問合せ https://www.imgtec.com/jp/corporate/contactus.asp


All Press Releases