15th May 2014

イマジネーションのPowerVR Rouge GPUは、モバイルに限らず32bit、64bitプラットフォームに搭載され大量に出荷中

PowerVRドライバは、MIPSやIA(Intel Architecture)等、業界をリードするCPUアーキテクチャ上で動作する主要な32bit、64bitモバイルOS(Operating System)をサポートします。


2014年5月15日、 英国ロンドン – イマジネーションテクノロジーズ(IMG.L)は、 PowerVR Rouge GPUがモバイル機器やタブレットアプリケーションをターゲットとした複数の半導体ベンダーの32bit、 64bitプラットフォームに搭載され、 大量に出荷されていることを発表しました。

PowerVR Rouge GPUのドライバは、 IA、 ARM、 イマジネーションのMIPSアーキテクチャ等、 主要なすべての32bit、 64bitのCPUアーキテクチャ上で動作するように最適化されており、 非常に高いパフォーマンスと、 超高効率のスケーラビリティを提供します。 PowerVR Rougeドライバは、 複数のベンダーからの64bitプラットフォームに搭載されて出荷されています。 例えば、 イマジネーションの最新の64bit PowerVRドライバは、 スマートフォンやタブレット用の64bit Intel® Atom™プロセッサ Z3480(開発コード「Merrifield」)と一緒に出荷されます。

PowerVR RougeGPUのドライバは、 Linux、 Windows、 Androidやその他多くの次世代32bit、 64bit OSの技術要件を満たすと同時に、 アプリケーションや開発ツールに、 比類のないシステム安定性を実現します。

イマジネーションのTony King-Smith氏(EVP Marketing)は次のように述べています。 「私達の先進的なPowerVR Rouge GPUは、 広い範囲での32bit、 64bitアプリケーション用に出荷されています。
64bitコンピューティングがモバイルでますます重要となる中で、 任意のCPUアーキテクチャ上で動作する高性能、 低消費電力のPowerVR GPU IPコアと、 高品質ドライバとを組み合わせて提供することによって、 イマジネーションは64bitモバイル革新を先導、 加速し、 あらゆる64bit、 32bitのCPUアーキテクチャ、 OSに対応する柔軟性をパートナー企業に届けます。 」

イマジネーションは、 任意の32bit、 64bitのコンピューティング環境で効果的に統合できるように設計された、 高性能、 低消費電力のPowerVR GPU IPコアの包括的なロードマップを提供し、 開発者へ超写実的な次世代アプリケーション制作を支援する最先端APIサポート、 高性能、 電力面積効率および優れた安定性を供給しつづけます。

最近開始したSeries6XT、 Series6XEファミリとSeries6世代のすべてのPowerVR
Rougeグラフィックスプロセッサは64bit対応GPUであり、 柔軟性に優れたMMU(Memory
Management Unit)を内蔵しています。

ライセンス

32bit、 64bit対応のPowerVR RougeGPU向けDDK(Driver Development Kit)の提供を開始しました。

詳しくは、 info@imgtec.comにお問い合わせください。

PowerVRグラフィックスについて

イマジネーションのPowerVRグラフィックステクノロジーは、 モバイルおよび組み込みグラフィックスのデファクトスタンダードです。 PowerVR Rogueアーキテクチャは、 OpenGL ES 1.1/2/3.0、 OpenGL 3.x/4.xを含む最新のグラフィックスAPIの機能をサポートするよう設計されており、 完全WHQL準拠のDirectX 9/10対応とDirectX 11.1へと拡張可能な製品も用意されています。 PowerVR Rogue GPUはOpen CL 1xおよびRenderscriptなど、 普及しつつあるGPU汎用演算APIのフルサポートを提供し、 モバイルおよび組み込みデバイス向けにパフォーマンス対電力消費の最適なバランスを実現します。

イマジネーションテクノロジーズについて

イマジネーションは、 世界中の何十億の人々の生活を豊かにする製品を支えるグローバルテクノロジーリーダ企業です。 広範囲なシリコン製品向けのIP(知的財産)には、 モバイル、 家電、 自動車、 企業、 インフラ、 IoT、 組込機器の原動力となる、 様々なSoC(Systems on Chips)の設計に欠かせないマルチメディア、 通信、 汎用プロセッサが含まれています。 独自のソフトウェアやクラウドIP・システムソリューションとの相乗効果によって、 ライセンシーやパートナーが高度に差別化されたSoCプラットフォームを利用した製品を素早く市場に投入することを可能にします。 イマジネーションのライセンシーである半導体メーカー、 ネットワークオペレータ、 OEMやODMなど多くの世界的な先端企業は、 各国で象徴的製品を創り続けています。 詳しくは www.imgtec.comをご覧ください。

イマジネーションの情報はTwitterYouTubeLinkedInRSSFacebookBlogで提供されています。

OpenCLとOpenCLのロゴは、 Khronosから許諾され、 使用しているApple
Inc.の商標です。 Open
GLは登録商標で、 Open
GL ESはKhronosから許諾され、 使用しているSilicon
Graphics Inc.の登録商標です。

イマジネーション・テクノロジーズとイマジネーション・テクノロジーズのロゴはImagination
Technologies Limitedと英国及びその他の国の関連会社の商標です。 その他すべてのロゴ、 製品、 商標、 および登録商標は、 それぞれの所有者に帰属します。

イマジネーション・テクノロジーのプレス担当者:

英国:
David Harold                       david.harold@imgtec.com  +44 (0)1923 260 511

米国: Jen
Bernier-Santarini         jen.bernier@imgtec.com   +1 408-530-5178


All Press Releases