26th February 2014

イマジネーションのPowerVR Series6 GPU上で動作する先進のVP9デコーダ

OpenCLベースのソリューションが、モバイル機器などのYouTubeビデオ再生において、低消費電力のフルフレームレート性能を提供


2014年226日、 スペイン、 バルセロナ。 MOBILE WORLD CONGRESSイマジネーション・テクノロジーズ (IMG.L)は、 業界最先端のPowerVR Series6 Rogue GPU(Graphics Processor
Unit)向けに、 高性能GPUでアクセラレートできるVP9ソフトウェアデコーダを、 戦略パートナーであるMulticoreWareが提供開始することを発表しました。

Googleとのパートナーシップで開発されたOpenCLベースのデコーダは、 YouTubeビデオを1080p、 30fpsで再生でき、 モバイル機器やタブレット、 ネットワークTVなどのHDビデオデバイス用に低消費電力ソリューションを提供します。 PowerVR Series6 GPUを搭載した製品は、 VP9を使ったコンテンツ再生ができるようになります。

VP9は、 HDや4Kビデオに最適な高性能コーデックで、 前世代のエンコード技術と比べてビデオファイルやストーリミングデータを約半分のサイズに圧縮することができます。 GoogleがスポンサーをしているWebMオープンウェブメディアプロジェクトの一環として、 VP9はYouTubeやGoogle Hangoutsだけでなく、 様々なWebベースのビデオ再生用に使用される予定です。

イマジネーションのPeter McGuiness氏(Multimedia Technology Marketing)は次のように述べています。 「GPU汎用演算は、 拡張が進む新しいビデオ規格について、 ハードウェアで実装するよりも前に、 迅速なサポートをしていくのに理想的です。 VP9の新しいソフトウェアデコードソリューションは、 既存のPowerVR搭載製品上でVP9ビデオコンテンツのサポートをしたいライセンシー、 OEMメーカーのお客様の力添えをします。 イマジネーションは、 VP9とWebMプロジェクトを全面的にサポートし、 お客様やエンドユーザーに最先端ビデオコーデックを使用できる選択肢を提供します。 」

新VP9デコーダとPowerVR GPUは、 集中的な演算タスクをCPUからGPUに移し、 総消費電力を大幅に低減できます。 OpenCLを使用することで、 お客様の固有プラットフォームに合わせVP9デコーダを最適化することができ、 最高性能を引き出し、 確実でスムーズなビデオ再生ができるとともに、 バッテリー駆動時間を最大限に引き延ばせます。 PowerVR GPUによって、 アクセラレートされたVP9デコーダは、 既存のハードウェアビデオデコーダの能力を補完できる、 短期間ソリューションを提供します。 また、 業界最先端のビデオIPコアソリューションであるPowerVRビデオデコーダファミリを使用しているお客様には、 統一されたソフトウェアスタック利用できるメリットもあります。

GoogleのMatt Frost氏(Senior Business Product Manager, WebM
Project)は、 次のように述べています。 「ポピュラーなイマジネーションのPowerVR GPUとVP9とを組み合わせることで、 YoutubeやGoogle Hangoutsによるビデオ会議でのHDビデオを今の半分より少ない帯域幅で伝送することができます。 イマジネーションはVP9パートナーエコシステムに参加を通して、 業界の発展のために尽力しています。 」

Mobile World Congressでのデモ

Mobile
World Congressのブース番号6E30で、 イマジネーションは、 PowerVR上でハードウェアアクセラレーションされたVP9ビデオのYouTubeビデオプレイヤでの再生デモを行います。 Mobile World Congressはスペイン、 バルセロナで2月24日~28日の期間に開催されています。

ライセンス

PowerVR
Series6 GPUのVP9デコーダは、 イマジネーションのパートナーであるMulticoreWareから提供を開始しました。 詳しくはinfo@multicorewareinc.comにお問合わせください。 PowerVR IPコアについての詳細は、 イマジネーション、 info@imgtec.comにお問合わせください。

PowerVRグラフィックについて

イマジネーションのPowerVRグラフィックステクノロジーは、 モバイルおよび組み込みグラフィックスのデファクトスタンダードです。 PowerVR Rogueアーキテクチャは、 OpenGL ES 1.1/2/3.、 OpenGL 3x/4xを含む最新のグラフィックスAPIをサポートするよう設計されており、 WHQLへの完全準拠のため、 DirectX 9/10に対応した製品やDirectX11.1へ拡張できるファミリも用意されています。 また、 PowerVR Rogue GPUはOpen CL 1xおよびRenderscriptなど、 普及が進むGPU汎用演算APIもフルサポートし、 モバイル、 組み込みデバイス向けにパフォーマンス対電力消費のバランスの最適化が可能です。

イマジネーション・テクノロジーズについて

イマジネーションは、 世界中の何十億の人々の生活を豊かにする製品を支えるグローバルテクノロジーリーダ企業です。 広範囲なシリコン製品IP(知的財産)には、 様々なモバイル、 家電、 自動車、 企業、 インフラ、 IoT、 組込機器の原動力となるSoC(System on Chip)の設計に欠かせないマルチメディア、 通信、 汎用プロセッサが含まれています。 独自のソフトウェアやクラウドIP・システムソリューションとの相乗効果によって、 ライセンシーやパートナーが高度に差別化されたSoCプラットフォームを利用した製品を素早くに市場投入することを可能にします。 イマジネーションのライセンシーである半導体メーカー、 ネットワークオペレータ、 OEMやODMなど多くの世界的な先端企業は、 各国で象徴的で革新的な製品を創り続けています。 詳しくは
www.imgtec.comをご覧ください。

イマジネーションの情報はTwitterYouTubeLinkedInRSSFacebookブログで提供されています。

イマジネーション・テクノロジーズとイマジネーション・テクノロジーズのロゴはImagination
Technologies Limitedと英国及びその他の国の関連会社の商標です。 その他のロゴ、 製品、 商標や登録商標は各所有者に所有権があります。

イマジネーション・テクノロジーのプレス担当者:

英国:
David Harold              
david.harold@imgtec.com +44 (0)1923 260 511

米国: Jen
Bernier-Santarini 
jen.bernier@imgtec.com   +1 408-530-5178


All Press Releases