18th May 2010

イマジネーションテクノロジーズ、テキサス インスツルメンツと高性能グラフィックス プロセッサ コアのライセンス契約を締結


システム オン チップ向け知的財産(SoC IP)のリーディング カンパニーであるイマジネーションテクノロジーズグループ PLC(LSE:IMG、 以下 IMG)は、テキサス インスツルメンツ インコーポレイテッド(以下 TI)と、IMG の新製品 POWERVR SGX Series5XT IP コア ファミリのマルチプロセッサ コアに関してマルチユースライセンス契約を締結しました。

TI は、スマートフォンやその他のモバイル機器向けに、今後の OMAP™ プラットフォーム ベースのシステム オン チップ設計にこのテクノロジーを採用します。このコラボレーションは、超低消費電力で動作するモバイル プラットフォームでのグラフィックスのパフォーマンスの新たな頂点を決定付けるものになります。

IMG の POWERVR テクノロジーは高度なグラフィックスを生成し、GPU の高度な処理能力によりユーザー インターフェースの美しさや使いやすさ、ブラウザの速度、ゲームのリアリティ、ナビゲーション アプリケーションの効果は飛躍的に向上しました。さらに、OMAP プロセッサに搭載の拡張機能によって、パフォーマンスが劇的に向上した高解像度マルチ画面が前述のアプリケーションに提供されます。

イマジネーションテクノロジーズの CEO、ホセイン・ヤッサイ氏は、 「私たちは、TIとの長期にわたる協力関係をさらに継続することを確認して、たいへん喜ばしく思っています。当社のコア テクノロジーは、 業界トップのモバイル/組み込みシステム オン チップ プラットフォームである TI の OMAP プロセッサの今後の成長と成功に必要不可欠です。. この契約は、当社が最新の優れた POWERVR グラフィックス テクノロジーをデバイスメーカー、開発者、消費者に末永くお届けするために役立つものになるでしょう。」と述べています。

TI の OMAP プラットフォーム事業部副社長兼ゼネラルマネージャーであるレミ エル-ウアゼイン氏は、次のように述べています。「モバイル機器アプリケーションの品質が向上して洗練されることにより、この業界では低い消費電力で優れたグラフィックス機能を可能にする必要が生じてきました。IMG の POWERVR コアと統合することにより、TI ではこれらの要求を満たすことができました。」

POWERVR Series5XT について
高い評価を得ている POWERVR Series5 SGX コアの後続モデルであり POWERVR SGX Series5XT グラフィックス処理ユニット(GPU)IP コア製品ファミリの一つである POWERVR Series5XT は、IP コアの SGX ファミリの一つに使用されていた Series5 アーキテクチャを明らかに上回る性能を搭載しています。 Series5XT SGX コアはすべて第2世代ユニバーサル スケーラブル シェーダ エンジン(USSE2™)ベースであり、以前の Series5 USSE シェーダ エンジンと比較して著しく高い処理スループットと、2D、3D、,汎用(GP-GPU)処理向けに低電力で高いパフォーマンスが可能なその他のアーキテクチャ拡張を、シングル コア ソリューションやスケーラブル マルチプロセッサ(MP)ソリューションに提供しています。

イマジネーションテクノロジーズについて

システム オン チップ向け知的財産(SoC IP)のリーディング カンパニーであるイマジネーションテクノロジーズグループPLC(LSE:IMG)は、グラフィックス、ビデオ、マルチスレッド組み込み処理/DSP、マルチスタンダード通信アプリケーション向けの市場をリードするプロセッサ コアの製造およびライセンス供与を行っています。このシステムオンチップ(SoC)向けシリコン知的財産(IP)は、幅広い開発者およびミドルウェアのエコシステムだけでなく、強力なソフトウェア ツール製品ファミリやドライバによって補完されています。ターゲット市場としては、携帯電話、携帯マルチメディア機器、家庭用娯楽機器、モバイルコンピューティングや低消費電力コンピューティング、カー エレクトロニクスなどが挙げられます。ライセンス先には、主要な半導体や家庭用電化製品関連の企業が含まれています。イマジネーションテクノロジーズの本社はイギリスにあり、世界各国に販売拠点と研究開発拠点を置いています。詳しくは www.imgtec.com をご覧ください。


All Press Releases