8th January 2009

イマジネーションテクノロジーズ、接続型ラジオ/オーディオ IP ソリューションによる「オーディオ革命」を実現

META マルチスレッド処理/DSP、最適化ソフトウェアによる包括的なオーディオ・コーデックとインターネット接続


2009 年 1 月 8 日、米国ネバダ州ラスベガス ― 半導体用システムオンチップ向け知的財産(SoC IP)のリーディング・カンパニーであるイマジネーションテクノロジーズ(IMG)は、ライセンス提供しているマルチスタンダード・オーディオ用 META HTPP オーディオ・プラットフォーム・ソリューションを CES 2009 で公開することを発表しました。IMG の META IP コアとソフトウェアを基盤とするこの IP プラットフォームは高い柔軟性と効率性、そして大量生産される消費者製品において優れた実績を誇ります。

META HTPP オーディオ・プラットフォームは、Linux 完全対応、優れたリアルタイム性を実現するマルチスレッド処理、広範な最先端オーディオ・コーデックを、小さくて柔軟な高効率プラットフォームにまとめ、「接続型」オーディオ製品にとっての完全なソリューションであり、「オーディオ革命」をもたらします

IMG が誇る接続型ラジオ/オーディオ・テクノロジーのポートフォリオは、英国のデジタル・ラジオ業界トップを走る PURE 社の数々の賞を受賞している製品など、急速に普及しつつある「接続型」ラジオを可能にしています。これらのテクノロジーの多くは PURE だけでなく、Bang & Olufsen、Bose、Philips、Roberts、Sony、TEAC、Tivoli といった一流ブランドの大多数の DAB ラジオやインターネット・ラジオに採用されています。

IMG の META 処理ロードマップの最新メンバーである META HTPP オーディオ・ソリューションは以下によって構成されます。

  • • META HTP ハードウェア・マルチスレッド・プロセッサ/DSP IP コア
  • • META Linux(業界標準 OS の高度最適化バージョン)
  • • META CAP(Connected Audio Platform)― GStreamer マルチメディア・フレームワークに基づき、ソースを問わないオーディオ配信のために IMG が改良した包括的な接続用ミドルウェア・ソリューション
  • • META AAF(Advanced Audio Framework)― MP2、MP3、AAC、eAAC+、WMA、Dolby Digital、Real を含む主要オーディオ形式を実行できる包括的なオーディオ・コーデックとオーディオ後処理ツールからなる包括的スイート

さらに最新の ENSIGMA™ UCC テクノロジーと組み合わせることにより、PURE 社の EVOKE Flow、AVANTI Flow 製品のように Wi-Fi、そしてデジタル・ラジオとアナログ・ラジオの活用も可能になります。

IMG のマーケティング担当副社長トニー・キング=スミス氏は、「革新的な META HTTP オーディオ・プラットフォームにより、ユーザーにあらゆるデジタル・コンテンツを提供する、まったく新たな接続型製品が可能になります。システムの全構成要素を、高度最適化された単一の IP プラットフォームにまとめることで、弊社のお客様は完全な SoC ハードウェアやソフトウェア・ソリューションを開発し、短期間での市場投入を実現しています。さらに ENSIGMA UCC テクノロジーと組み合わせることで単一チップの包括的な SoC ソリューションが可能になり、お客様のメーカー・クライアントも柔軟で高性能の接続型オーディオ・ソリューションを開発し、競争力の高い価格設定にて市場投入することができています」と語ります。

PURE 社 GM のポール・スミス氏は、「IMG の META と ENSIGMA テクノロジーが PURE EVOKE Flow、AVANTI Flow の最先端製品の基盤となっています。これらのテクノロジーが弊社製品のソフトウェア性能をさらに高い水準へと引き上げることで、弊社は競争力が非常に高い、業界トップの製品を積極的な価格設定で提供することができています」と語ります。

META HTPP オーディオ IP プラットフォーム、META Linux、META CAP、META AAF は IMG よりライセンス提供しています。

IMG の META CAP、META AAF について
META CAP(Connected Audio Platform)は Linux を基盤としたMETA プロセッサ用の完全なソフトウェア・ソリューションで、インターネット・ラジオ、フラッシュ・メモリー機器、家庭用デジタル音楽コレクションなどほぼすべてのソースからのオーディオ配信を可能にし、さらに ENSIGMA UCC プラットフォームと組み合わせることでデジタル・ラジオやアナログ・ラジオからの配信を可能にします。

META AAF(Advanced Audio Framework)は人気のオーディオ・コーデックや後処理効果を実装した高度最適化ソフトウェアの集合体で、META DSP スレッドで効率的に動作するように高度な調整が施され、コンポーネント ベースのストリーム構成を採用して使いやすいフレームワークを提供します。META AAF は内蔵サブシステムとして単一の META スレッドで動作することも、複数のスレッドに分割して複雑なシステムの負荷を最適化することができます。META HTP プロセッサは最大 4 つのプロセッサ・スレッドをサポートし、各スレッドを個別に構成して汎用またはDSPのコードを実行できます。

PURE 社の接続型オーディオ・ラジオ「Flow」ファミリーについて
META HTTP オーディオ・ソリューションを活用する PURE 社の AVANTI Flow と EVOKE Flow 製品は CES 2009 で公開されます。

AVANTI Flow は、英国『What Hi-Fi? Sound and Vision』の「Radio Product of the Year 2008」を受賞した EVOKE Flow と同じ接続性を提供します。PURE 社 Flow ラジオ製品ファミリーはデジタル・ラジオ機能を Wi-Fi テクノロジーや FM、iPod ドッキング機能と組み合わせ、インターネット・ラジオ局、DAB デジタル・ラジオ、FM、ポッドキャスト、BBC の「Listen Again」コンテンツ、ローカル PC やネットワーク・ストレージのストリーミング・メディアなど、あらゆる方法でのオーディオ視聴を可能にします。

PURE はイマジネーションテクノロジーズの事業部です。

イマジネーションテクノロジーズについて
Imagination Technologies Group plc(FTSE:IMG)は、半導体システムオンチップ(SoC)向け知的財産(IP)のリーディング・カンパニーで、市場をリードするグラフィックス/ビデオ/ディスプレイ・アクセラレータ、マルチスレッド・プロセッサ、マルチスタンダード受信機テクノロジーのライセンス供与を行っています。これらのIPソリューションはダイナミックで幅広い開発者およびミドルウェアのエコシステムによって補完されています。ターゲットとしている市場は、デジタル・ラジオとオーディオ、携帯電話マルチメディア、PMP(パーソナル・メディア・プレーヤー)、車載ナビゲーションとドライバー・インフォメーション、PND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)、UMPC(ウルトラ・モバイルPC)とMID(モバイル・インターネット機器)、デジタル・テレビとセットトップ・ボックス、携帯テレビなどです。ライセンス先は、主要な半導体や家庭用電化製品関連の企業だけにとどまらず、革新的な最先端の新興企業や工場を持たない半導体企業も含まれています。イマジネーションテクノロジーズの本社はイギリスにあり、世界各国に販売拠点と研究開発拠点を置いています。詳しくは、www.imgtec.comをご覧ください。

広報担当者:
David Harold
Imagination Technologies
tel +44 (0)1923 260 511
fax +44 (0)1923 270 188
e-mail: david.harold@imgtec.com
Imagination House
Home Park Estate
Kings Langley
Herts WD4 8LZ


All Press Releases