5th July 2011

イマジネーションテクノロジーズにより、サウサンプトン大学の学生による META 接続プロセッサ組み込みシステム開発が実現


マルチメディアおよび通信テクノロジーのリーディング カンパニーであるイマジネーションテクノロジーズ(IMG)は、サウサンプトン大学の電子工学およびコンピューター科学部門に組み込みシステム開発キット一式を寄付しました。

METAmorph と呼ばれるこの開発システムは、シングル チップ SoC(システム・オン・チップ)ベースで、IMG の META ファミリの META HTP マルチスレッド プロセッサ コアと IGM の ENSIGMA UCCP(Universal Communications Core Platform) RPU(radio-processing uint)の両方を内蔵し、プログラマブル マルチスタンダード ブロードキャスト受信機能と Wi-Fi 接続性能を提供します。META プロセッサは、Linux や IMG 製 MeOS™ リアルタイム OS などのオペレーティング システムの実行にも、高度な 32 ビット信号処理にも最適です。このユニークな高度統合型 SoC ベースの開発システムにより、学生たちは、パワフルな独自の研究が可能な開発プラットフォームを使用できます。

サウサンプトン大学 ECS(電子工学およびコンピューター サイエンス学部)の学部長である Neil White 教授は次のように述べています。「私たちは、イギリスでも世界でも画期的なエレクトロニクス製品を提供しているイマジネーションテクノロジーズとの関係を非常に重要視しています。IMG からの最新テクノロジーを使用した学生のプロジェクトのサポート、業界のニーズに関するアドバイス、社員としての学生たちの採用は、ECS が、将来のイギリス産業の成功に必要な高いレベルの卒業生を 送り出し続けるために役立っています。

METAmorph システムにより学生たちは、テレビ、セットトップ ボックス、デジタルおよび FM ラジオなどに搭載され、出荷されている数百万の製品で使用されているものと同じテクノロジーにアクセスでき、オーディオ市場に接することができます。

イマジネーションのマーケティング担当副社長トニー・キング=スミスは次のように述べています。「META および ENSIGMA UCCP テクノロジーは、IMG で「接続プロセッサ」と呼ばれている新しい波を生み出しています。これは、高度統合型通信および接続性能を備えた組み込みプロセッサで、将来の「すべてが接続された」M2M 世界のバックボーンとなるでしょう。クラウドに接続された組み込み機器や、それらの機器へのエンド ツー エンドのクラウドベース サービスの実現に必要なテクノロジーを経験することは、家庭と M2M 通信が接続されている時代を担う学生たちに不可欠な研究分野です。サウサンプトン大学に協力して、次世代の接続性能ベース組み込みシステムのエンジニアの育成を助けることができ、大変光栄に思います。

サウサンプトン大学 ECSの講師である Denis Nicole 氏は次のように述べています。「サウサンプトン大学の 3 年生は、イマジネーションテクノロジーズが提供してくれたこの先進の接続プロセッサ開発システムに、大変感謝しています。これらのシステムをいただいたことで、リアルタイム システム課程の学生は、METAmorph プラットフォームに緊密に統合された IMG の CodeScape ツールを使用して、幅広い範囲のマルチスレッド DSP プログラムを開発できるようになりました。特に学生たちは、市中のさまざまなサービスを利用できる最新のデジタル ラジオに含まれるものと同じコンポーネントを使用でき、世界的に成功しているイギリスのエレクトロニクス企業の 1 つである IMG との関係が生まれたことを喜んでおり、中には、IMG への就職を望んでいる学生もいます。


All Press Releases