29th July 2014

イマジネーション・テクノロジーズ、新製品Ensigma Series4「Whisper」を発表

IoTやウェアラブル機器などのネットワーク接続型IPの水準を引き上げる、超低消費電力「Whisper」 アーキテクチャが、生活を豊かにする新世代アプリケーションの中核を担う


イマジネーション・テクノロジーズ (IMG.L、 以下:イマジネーション)は、 超低消費電力や低価格が重要となる新世代のウェアラブル機器や、 IoTなどのネットワーク型デバイスを牽引すべく設計された、 新アーキテクチャの低消費電力RPU(Radio Processing Unit) Ensigma Series4「Whisper」を発表しました。 Ensigma「Whisper」コアのラインナップは、 2014年第4四半期から出荷予定です。

今後のIoT、 ウェアラブル機器などのネットワーク接続型組み込みデバイスには、 既存の通信チップセット以上の革新が要求されます。 消費電力、 コスト、 柔軟性を視野に入れ、 成長著しいこれらの製品分野に特化して設計されたソリューションが求められています。

イマジネーションでエグゼクティブ・バイス・プレジデントを務めるTony King Smithは次のように述べています。 「現在IoT対応をうたう多くのデバイスの実情は、 モバイル組み込み機器など他の市場の製品に手を加えたもので、 今後この市場で求められる、 超低消費電力や低価格の要件に完全に対応しているわけではありません。 すでにお客様には、 従来型のEnsigma RPUを利用して幅広い生活関連デバイスを製造していただいていますが、 新型の「Whisper」RPUをお使いいただくことで、 eヘルス、 エネルギー、 農業、 セキュリティなど多岐にわたる市場をターゲットに、 まったく新しい世代の効率性を重視した、 生活を豊かにするデバイスの創出が可能になります。 イマジネーションは、 これらの機器の開発にあたり、 根幹となる超低電力CPU、 GPU、 RPUを提供し、 正真正銘のデバイス~クラウド間接続のためにハードウェアIPプラットフォームと独自のFlowCloudテクノロジーの最適化をサポートします。 」

低消費電力のEnsigma「Whisper」RPUは、 Ensigma Explorer RPUと同様、 1つのアーキテクチャでさまざまな標準に対応し、 お客様がWi-Fi、 Bluetooth Classic、 Bluetooth Smart、 NFC、 GNSSなど、 既存のあるいは今後成長が見込まれる低電力ネットワーク技術をSoCに搭載できるように設計しています。 この機能をチップに搭載することで、 従来のソリューションと比較して電力消費、 シリコン面積、 システムコストを最小限に抑えることができます。

「Whisper」の主な特長
「Whisper」RPUは、 次世代の超低消費電力かつコスト重視のデバイス向けに特化した設計になっています。

  • 最適構成可能: 「Whisper」アーキテクチャは、 IoTなどネットワーク接続に対応した小型デバイスに必要な低ビットレートの通信規格に幅広く対応できます。
  • 電力効率: 「Whisper」RPUの特長は、 コア内の電力消費を、 静的、 動的の両面を最適利用するイマジネーションのPowerGearing for Ensigmaを搭載し、 高度に最適化できる再構成可能なハードウェアです。
  • クリーン設計: 「Whisper」のモデムとプロセッサは強く結合され、 最小の組み込みシステムサイズと消費電力を実現するため、 ホストプロセッサの削除や負荷軽減が可能になります。

「Whisper」とExplorerをはじめとするEnsigma RPUファミリの設計は、 幅広いデバイスやアプリケーションのニーズに対応します。

  • スケーラブル: 「Whisper」とExplorer RPUは、 超低消費電力から最高処理性能までのあらゆるアプリケーションに共通APIで対応し、 お客様は、 さまざまなプラットフォーム上でソフトウェアを再利用できます。
  • 市場実績: Ensigma RPUは現在、 さまざまな低電力のオーディオや通信接続型デバイスと性能内での設計範囲を拡大させながら出荷を続けています。
  • 高い完成度: お客様の市場投入期間を短縮するため、 Ensigma RPUはRF(必要な場合)や各種認証を含む独自のエンドツーエンド製品として提供されています。

ネットワーク接続型プロセッサIPプラットフォーム
IoTをはじめとする次世代のネットワーク接続型アプリケーションにおいて、 お客様はEnsigma RPUと、 業界でクラス最高性能の組み込み32ビットCPUであるMIPS CPUとの組み合わせがもたらす恩恵を得ることができます。 柔軟性と拡張性に優れたこれらのコアの連携は、 他にはない真の組み込みネットワーク接続型プロセッサIPプラットフォームを実現し、 IoTアプリケーションを革新する設計になっています。 MIPS WarriorシリーズCPUラインナップ全体にわたるハードウェア仮想化とマルチコンテキストセキュリティは、 これらのコアが近代システムの新たな要求に対応し、 さらに多くの利益もたらす開発が可能です。 また、 デバイス~クラウド間を繋ぐFlowCloudプラットフォームを活用し、 完成度の高いIoT/クラウドソリューションを開発できるようになります。

King Smithは次のように述べています。 「イマジネーションのネットワーク接続型プロセッサIPプラットフォームであれば、 お客様は業界標準のCPUに加え、 幅広いソフトウェアと緊密に統合された通信機能を活用できます。 これは、 業界でもユニークでパワフルなご提案であると確信しています。 」

出荷予定
Ensigma「Whisper」コアのラインナップは、 2014年第4四半期から出荷予定です。 詳しくは、 info@imgtec.comへお問合わせください。

イマジネーション・テクノロジーズについて
イマジネーションは、 世界中の何十億の人々の生活を豊かにする製品を支える、 グローバル規模のテクノロジー・リーディング・カンパニーです。 広範囲なシリコン製品向けのIP(知的財産)には、 様々なモバイル、 家電、 自動車、 企業、 インフラ、 IoT、 組込機器の原動力となるSoC(Systems on Chips)の設計に欠かせないマルチメディア、 通信、 汎用プロセッサが含まれています。 独自のソフトウェアやクラウドIP・システムソリューションとの相乗効果によって、 ライセンシーやパートナーが高度に差別化されたSoCプラットフォームを利用した製品を素早く市場に投入することを可能にします。 イマジネーションのライセンシーである半導体メーカー、 ネットワークオペレータ、 OEMやODMなど多くの世界的な先端企業は、 各国で象徴的で革新的な製品を創り続けています。 詳しくは www.imgtec.com及びwww.imgtec.com/jpをご覧ください。 イマジネーションの情報はTwitter、 YouTube、 LinkedIn、 RSS、 Facebookおよびブログで提供されています。

イマジネーション・テクノロジーズとイマジネーション・テクノロジーズのロゴはImagination Technologies Limitedと英国及びその他の国の関連会社の商標です。 その他すべてのロゴ、 製品、 商標、 および登録商標は、 それぞれの所有者に帰属します。

メディアの皆さまのお問い合わせ先
英国:David Harold
david.harold@imgtec.com
+44 (0)1923 260 511

米国:Jen Bernier-Santarini
jen.bernier@imgtec.com
+1 408-530-5178

日本:ミアキス・アソシエイツ(河西)
kasai@miacis.com

記事掲載時のお問い合わせ先
イマジネーション・テクノロジーズ株式会社
www.imgtec.com/jp
https://www.imgtec.com/jp/corporate/contactus.asp


All Press Releases