Press release

18 Mar 2014

イマジネーション・テクノロジーズがグラフィックスを革新する新しいPowerVR Wizard Ray Tracing GPUをリリース

革命的技術によりメインストリームデバイス上でインタラクティブな映画品質映像を実現

Game Developers Conference,  カリフォルニア州サンフランシスコ 2014年3月18日 – イマジネーション・テクノロジーズ(以下IMG.L)はレイトレーシンググラフィックスを劇的なレベルにまで引き上げ、 驚くべきリアリズムと性能をモバイル用の小電力で実現する革命的なIPコアをリリースしました。

「光の反射、 影、 透過等現実世界の光の効果を正しく表現する」ことは従来の技術では困難でしたが、 PowerVR RayTracing Wizardはこれを可能にしゲームやアプリをより没入感の増加したものと致します。 PowerVR
Wizard Ray Tracing IPは高いスケーラビリティを持ち、 モバイルに限らず様々な市場に革命を起こします。

世界で過半数のスマートフォンやタブレットで採用されているPowerVRグラフィックスプロセッサー(GPU)のラインアップに新しいPowerVR Wizard グラフィックス アーキテクチャーの追加することは市場をけん引するうえで重要な意味を持ちます。

WizardアーキテクチャーはPowerVRシリーズ6XT(Rogue)アーキテクチャーに“ダイナミックライトやシャドウを正確かつリアルタイムにモデリング”できるパイプラインによってレイトレーシング機能を追加したものです。 WizardGPUには多くの開発者に好評なPowerVR Rogueのアーキテクチャーのすべてが含まれており、 わずかな学習でレイトレーシングを使い始めることができます。

PowerVR GR6500は、 “コンシューマーやモバイルプラットフォーム”“ゲームコンソール”“メインストリームゲームPCからワークステーションやサーバー”まで幅広い市場にリアルタイムかつインタラクティブなレイトレーシンググラフィックスを提供する新しいWizardファミリーの最初の製品です。

Imagination Technologies President & CEO Hossein Yassaie:

イマジネーションの高効率なPowerVR GPUはモバイルデバイスの新しい領域を切り開く中心的な役割を果たしてきました。 今、 モバイルやコンシューマー機器映像のリアリズムを次のレベルに引き上げ、 ゲームの世界を再び革新します。 私共のレイトレーシングIPによって、 ライセンシーおよび開発者がPowerVRをベースにしたエキサイティングでみんなが夢中になる新しいコンシューマー体験を創造する準備が整いました。

期待のIPが、 最新鋭のグラフィックスのレベルを変える。

コンシューマーデバイスでレイトレーシングを使うためには、 GPUの機能ブロックの細心の注意によるさらなる最適化とともに、 レイトレーシングアルゴリズムの抜本的な技術革新が必要でした。 これらによって現在のメインストリームコンシューマーデバイスで限られたバンド幅や消費電力の中でもレイトレーシングが可能になったのです。

イマジネーション・テクノロジーズのWizard Ray Tracing Family カスタムハードウェアエンジン(特許技術)では、 GPUのプロセッサークラスターが高機能なShaderの実行に影響されずに驚くほど美しい映像を最小限の期間で開発できます。

このユニークなハードウェアレイトレーシングプロセッサは各光線の動き、 影の情報を調べ、 これらの作業をすべて従来のGPUの作業と並行に処理するようにできています。 この結果、 従来からのGPU機能はこれまでと全くコンパチブルになっております。

これらの追加機能により、 Wizardコアは、 インタラクティブで動的なコンテンツと写真のような光を持つレイトレーシングを現実に扱うことができます。 GPGPUで同様のレイトレーシング処理を行った場合と比較して正味およそ100倍効率的に処理を行います。

PowerVR GR6500特長:

· レイトレーシング
300MRPS(MRPS=毎秒100万レイ)および100MDTPS(MDTPS=毎秒100万動的三角形)
600MHz時

· シェーディング:4 Unified
Shading Cluster(USCs)、 128ALU 150
GFlops(FP32)または300 GFlops(FP16)  600MHz時

· PowerGearing G6XT先進的なパワーマネジメントメカニズムおよび動的リソース配分機能

· PVR3C™トリプル圧縮技術 {テクスチャ圧縮(PVRTCおよびASTC)、 フレームバッファ圧縮(PVRIC)、 ジオメトリ圧縮(PVRGC)}

· Deep Color対応でUltra-HD以上の画像サイズでも超高品質

先進的なPowerVR
Wizardアーキテクチャーでは、 複数のレイトレーシングエンジンとシェーダーが同時に動作することで、 シェーディングおよびレイトレーシングの性能を現実的に維持できます。

さらにコアは“超低消費電力”、 “極小面積”などのきびしい制限への対応とともに、 スケールアップすることで映画品質のレイトレースコンテンツのサポートもできます。 すべてのWizardコアは先進的なAPIであるOpenGL ES 3.x,
OpenGL 3.x, Direct3D 11 Level 10_0, OpenCL 1.x,. OpenRL 1.xに対応しております。

PowerVR Ray tracing:開発者にとって新しいチャンス

加えて従来のゲームエンジンへの明らかなメリットとしてさまざまな効果“高品質なダイナミックシャドウ”“反射”“透過”“グローバルライティング”“アンビエントオクルージョン”等、 従来のテクニックでは不可能、 低品質、 非効率であったさまざまな効果がPowerVR Wizard GPUを用いることで簡単に追加できます。 SDKの事例サンプルでは、 lens distortion correctionレンズによるゆがみ補正、 lenticular
display rendering(3D表示)、 multi-perspective rendering, targeted rendering to points of interest,
line-of-sight calculations, collision detection(衝突判定)などがあります。

高効率シェーディングクラスターと低バンド幅レイトレーシングの組み合わせは開発者を大きく一歩前進させ、 新しいレベルの高い品質と強化された現実感をゲームやアプリケーションに加えます。

例えば、 レイトレーシングを用いることで、 多くの開発投資をしてきた既存のゲームエンジンやツールを維持しながら、 ゲームに優れたシャドウやライティングを追加できます。 さらにシャドウなどをレイトレーシングが動的に生成することで、 コンテンツ作成ワークフローを効率化し、 ゲームファイルの数、 サイズも減らすことができます。

David Helgason, CEO of Unity Technologies: “UnityはImagination Technologiesのレイトレーシングソフトウェアを“幅広いコンシューマーラップトップでの高い性能”、 “組み込みやすさ”、 そして“優れたハードウェアロードマップ”によりUnity5 エディターに組み込みました。 私達はImaginationと共同で作業を進めることで、 PowerVR Ray Tracing GPU IPの機能すべてをUnityエンジンで活用しゲーム体験をより良いものとし、 加えて開発者のコンテンツ作成を容易にしていきます。 “

James McCombe, director of research for PowerVR
Ray Tracing at Imagination:“PowerVR Wizard RayTracing GPUは革新的な技術でありながら、 開発者がすでに利用しているPowerVR
GPUの親しみやすさ、 使いやすさは残しています。 PowerVRWizardIPを使えばレイトレーシングの機能は直接既存のプログラマブルシェーディングハードウェアを通して表示されますので、 ソフトウェア開発者は現在市場ですでに利用可能なGPUで動作するように開発したソフトウェアを活用しながら超高速なレイトレーシングを用いた効果を追加できる大きなアドバンテージを得ることができます。

Matt Pharr, ‘Physically Based
Rendering, from Theory to Implementation
’ 共著 アカデミー賞受賞者:PowerVR Wizardアーキテクチャーは目覚ましい進歩です。 高速かつエネルギー効率の良いレイトレーシングを開発者に提供することを約束し、 一般的なGPUの効率的なラスタライズや高速なshaderコアも備えています。

このプラットフォームを利用するすべての開発者がレイトレーシングを利用可能になることでモバイル用インタラクティブなグラフィックスアプリケーションの画像品質に飛躍的な進歩の可能性を提供します。 モバイルアプリケーションにも十分に省電力でありながら、 PowerVR Wizardアーキテクチャーはその構成をスケールアップすることでハイエンドのゲーム機やコンシューマー機器上でインタラクティブな映画を描画することもできます。

近藤康博 株式会社セガ Nプロ研究開発本部 部長(アミューズメントハードウェア開発リーダー):株式会社セガはイマジネーション・テクノロジーズ株式会社がPowerVR Ray Tracing IPを発表されたことを歓迎いたします。 私達はWizardコアがゲーム市場のグラフィックスに大きな革命を起こすことと期待しています。

ライセンス

PowerVR Wizard GR6500 coreのライセンス契約は可能です。 ご興味のある方は以下までお問い合わせください。 info@imgtec.com または shige.matsue@imgtec.com(日本語)

イマジネーション・テクノロジーズについてイマジネーションは、 製品で世界中の何十億人の生活を豊かにするグローバルテクノロジーリーダ企業です。 広範なシリコン製品IP(知的財産)には、 様々なモバイル、 家電、 自動車、 企業、 インフラ、 IoT、 組込機器の原動力となるSoC(System on Chip)の設計に欠かせないマルチメディア、 通信、 汎用プロセッサが含まれています。 独自のソフトウェアやクラウドIP・システムソリューションとの補完によって、 ライセンシーやパートナーが高度に差別化されたSoCプラットフォームを利用した製品を素早くに市場出荷することを可能にします。 イマジネーションのライセンシーである半導体メーカー、 ネットワークオペレータ、 OEMやODMなど多くの世界的な先端企業は、 各国で象徴的で革新的な製品を創り続けています。 詳しくは www.imgtec.comをご覧ください。

イマジネーションはTwitterYouTubeLinkedInRSSFacebook、 さらにブログで情報を提供しています。

イマジネーション・テクノロジーズとイマジネーション・テクノロジーズのロゴはImagination Technologies
Limitedと英国及びその他の国の関連会社の商標です。 その他のロゴ、 製品、 商標や登録商標は各所有者に所有権があります。

イマジネーション・テクノロジーのプレス担当者:

英国:David Harold             david.harold@imgtec.com+44 (0)1923 260 511

米国Jen Bernier-Santarini jen.bernier@imgtec.com+1 408-530-5178

日本:松江繁樹shige.matsue@imgtec.com            +81 3 5795 4648 (FAX: +81 3 5795 4649)

Media contacts

If you have any enquiries regarding any of our news or press release items, please contact:

United Kingdom

david.harold@imgtec.com
Tel: +44 (0)1923 260 511

jo.ashford@imgtec.com
Tel: +44 (0)1923 260 511

Related blog articles

Image-based lighting

PowerVR Tools and SDK 2018 Release 2 now available

Here’s an early Christmas present for graphics developers – the release of the latest version of our PowerVR Tools and SDK! The headline features for this release include some exciting new examples demonstrating new techniques in our SDK, and some very

on stage in China

PVRIC4 a hit at ICCAD 2018 in China

Imagination’s PVRIC4 image compression tech garnered plenty of attention at the recent ICCAD China 2018 symposium, which took place on 29th and 30th November at the Zhuhai International Convention & Exhibition Centre, China. The annual event focusses on integrated circuit

The ultimate embedded GPUs for the latest applications

Introducing PowerVR Series9XEP, Series9XMP, and Series9XTP As Benjamin Franklin once said, only three things in life are certain: death, taxes and the ongoing rapid advancement of GPUs for embedded applications*. Proving his point, this week, Imagination has once again pushed

Opinion: the balance between edge and cloud.

Simon Forrest explains how embedded chips can meet the challenge of delivering true local AI processing. GPUs and NNAs are rapidly becoming essential elements for AI on the edge. As companies begin to harness the potential of using neural networks

Stay up-to-date with Imagination

Sign up to receive the latest news and product updates from Imagination straight to your inbox.

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.