14th February 2011

グラフィックス、ビデオ、およびコネクティビティがモバイル機器の技術革新と成長を促進


2011 年 2 月 14 日スペイン・バルセロナ(MWC 2011)。マルチメディアおよび通信テクノロジーのリーディングカンパニーであるイマジネーションテクノロジーズ(IMG)は、モバイルおよび組み込み市場の成長が続く 2011 年に、高度なマルチメディア、通信、およびコネクティビティを備える同社の IP コアを搭載したシステム オン チップ(SoC)のパートナー企業による出荷数が 2 億個を超える見込みであることを発表しました。

これにより、IMG のマルチメディア SoC IP コアを搭載したデバイスのパートナー企業による累計出荷数は約 5 億台となりました。
イマジネーションの社名は、高度統合型の低消費電力モバイル マルチメディアの台頭を予測して付けられており、イマジネーションの OpenGL、OpenGL ES、OpenCL、およびその他の API 向け POWERVR テクノロジーは、組込みおよびモバイルにおいて 70% を超える市場シェアを誇るデファクト スタンダードとなっています。
IP はテクノロジーから製品に連なる「食物連鎖」の開始点となるものであるため、イマジネーションは今後数年間での市場変革の動向を把握し、さらにそれを推進できる理想的な地位を確立しています。

高度なグラフィックスを求める顧客の声や OpenCL などの GPGPU API の登場を受けてモバイル機器および組み込み機器の GPU の計算密度は飛躍的に向上し、グラフィックスのパフォーマンスやリアリティがさらに強化され、拡張現実、モバイルマーケティング、位置認識型のゲームなど、新しい市場やビジネスチャンスを生みだす新しいアプリケーションの構築も可能になっています。

消費者は「クラウド内」のリッチメディアにどこからでもアクセスできるコネクティビティを求めており、Wi-Fi を使用した 3G モデムの補完やスマートフォン、タブレット、およびその他のモバイル機器でのさまざまな規格のデジタル テレビおよびデジタル ラジオの受信の需要に対応するため、プログラマブルなラジオ処理ユニット(RPU)によりコネクティビティが大幅に強化されています。
接続性能を SoC 自体に搭載し、これを新しい HD ビデオ テクノロジーと組み合わせると、インターネット ビデオ配信、テレビ電話、およびユーザーによる革新的なコンテンツ作成が可能になります。IMG はまさにモバイル時代の到来を確信しています。

イマジネーションのマーケティング担当副社長トニー・キング=スミスは次のように述べています。「この市場が変化する速度は加速しており、モバイル機器に快適な操作性や機能を求める消費者の声に伴い、最先端のオンチップテクノロジーへの需要が高まりつつあります。この市場では「十分な」性能だけでは勝ち残れません。IMG のマルチメディアおよび通信テクノロジーのポートフォリオは、モバイル市場の次の「大きな波」の中心に位置すると考えています。」

MWC 2011 では、エイサー、アップル、Archos、富士通、HTC、RIM、サムスン、シャープ、ソニー・エリクソン、ソニー、モトローラ、NEC、ノキアなどのブランド、およびインテル、MediaTek、ルネサス、サムスン、CSR、Toumaz、テキサス インスツルメンツなどの半導体企業から、IMG のソリューションを搭載したさまざまな主力製品やアプリケーションが出展されます。

モバイル SoC へのイマジネーションの展望

グラフィックス:携帯電話およびタブレット機器の画面解像度が向上し続ける中、高性能かつ電力効率に優れたグラフィックス/ビデオ テクノロジーの需要が高まり、市場をリードする IMG の POWERVR グラフィックス/ディスプレイ/ビデオ テクノロジーの需要が急速に伸びています。モバイルおよび組み込みマルチメディア市場は、大多数の機器分野で高性能/低消費電力のグラフィックスやビデオが必須とされるため、さらなる成長が見込まれます。このようなグラフィックスやビデオは、ユーザー インターフェース、ゲーム、パーソナル ナビゲーション、インターネット コンテンツ、ビデオ電話を含む広範囲のアプリケーション、そして OpenCL などの増加しつつある汎用のグラフィックス プロセッサ(GPGPU)機能を使用した高性能の非グラフィックス関連のアルゴリズムに使用されます。

IMG は、POWERVR SGX IP コアに対応した Khronos 準拠の OpenCL ドライバを発表し、GPGPU 機能をモバイルおよび組み込み市場に呼び込む次の波を起こすべくリーダーシップを発揮しています。
また、IMG は Adobe® Flash® プラットフォームがモバイルコンバージェンスを可能にする主要テクノロジーの 1 つであると考えています。IMG と Adobe は、現在 4 億台以上で急速に増加している POWERVR 搭載のモバイル機器およびデジタル家電における Flash Player および Adobe AIR® のビデオ/グラフィックスの GPU アクセラレーションの共同開発に 2007 年から取り組んできました。

Adobe の Flash プラットフォームの業務開発部門の上級管理者である Jennifer Carr 氏は次のように述べています。「Flash Player の汎用性と POWERVR GPU およびビデオ デコーダを搭載するデバイスの莫大な規模を考えると、魅力的なコンテンツ エクスペリエンスを最大限のコミュニティに提供するために、Adobe と IMG が緊密に共同開発を行うことが必要でした。モバイル機器で Flash Player を使用して POWERVR GPU 機能を最大限に活用できるよう、IMG と引き続き緊密に連携していきます」

次世代 POWERVR Series6 グラフィックス アーキテクチャ(コード名「Rogue」)は、すでに複数の主要パートナーにライセンス供与されており、1 mm2 当たりのパフォーマンスと 1 mW 当たりのパフォーマンスにおいて最適な業界指標を提供することによって、市場を牽引し続けるでしょう。さらにその他の「Rogue」ライセンス供与契約の商談も進行中です。

ビデオ:POWERVR VXD ビデオ デコーダおよび VXE ビデオ エンコーダ ファミリも堅調な伸びを見せており、IMG のビデオ IP パートナー企業はすでに 1 億台以上を出荷しています。モバイル HD ビデオには、復号化と符号化の両方に対する高品質なマルチストリームのマルチスタンダード機能が必要になります。モバイル環境でこれを実現するには、高性能かつ低消費電力のビデオ アクセラレータが必要です。これらは、商用のビデオ コンテンツ配信、ソーシャル ネットワーキング、ユーザーのコンテンツ作成、ビデオ電話の変革し続ける中で、モバイル機器および組み込み機器の主要機能になると考えられています。

通信:マルチスタンダードのラジオ処理ユニット(RPU)は柔軟性が高く放送規格と接続規格に幅広く対応しているため、現在の GPU のように、今後数年のうちに積極的にチップに統合されるようになると IMG は考えています。IMG の ENSIGMA UCCP IP プラットフォームは次に来るこの統合の波の原動力となり、デジタル テレビの受信、ラジオ、Wi-Fi、およびその他のコネクティビティをすべて同一のオンチップ RPU に実装することを可能にします。

IMG の ENSIGMA UCC マルチスタンダード放送ラジオ/テレビ通信と接続テクノロジーも、現在では何千万台もの機器に組み込まれて出荷されており、全世界で接続可能な製品を展開しています。

MWC 2011 では、IMG は世界各国の主要なテレビ、ラジオ、モバイル テレビ、および 802.11n などの接続規格をサポートする最新の ENSIGMA UCCP330 接続プラットフォームを発表します(2011 年 2 月 14 日付の別途プレス リリースを参照)。
処理:IMG の METAFlow 接続型プロセッサは、同社の独自の META ハードウェアマルチスレッドプロセッサ + DSP CPU と Wi-Fi 向けに最適化された ENSIGMA UCCP 通信プラットフォームを兼ね備えており、「すべてがオンライン」世代の製品向けの組み込みプロセッサの新しい標準になりつつあります。META プロセッサも継続的に拡張しており、デジタル オーディオや強力な 32 ビット DSP 機能に加え Android および Linux を稼働する高性能ハードウェア マルチスレッド プロセッサ コアなどのアプリケーション向け IP プラットフォームをさらに追加しています。

V.VoIP:イマジネーションによる HelloSoft の買収により、最先端の V.VoIP(Video & Voice over IP)テクノロジーの活用および HelloSoft のテクノロジーと IMG のマルチメディア コアの統合が実現されます。これによりインターネットプロトコルによるメディア配信向けのエンドツーエンドのソリューションをプロセッサで最適化できるようになります。これはすべての接続型機器で重要な課題になりつつあります。さらに、買収により OEM やネットワーク/サービス オペレータが市場をリードする HelloSoft のソフトウェア資産を利用できるようになりました。

レイトレーシンググラフィックス:イマジネーションによる Caustic Graphics の買収により、革新的な新技術を活用して専門性の高い画像処理市場に参入し、さらに映画品質の画像をゲーム プラットフォーム、組み込み機器、モバイル機器に利用することが可能になりました。

イベントへの出展予定
IMG は、2011 年に以下の世界各地の主要な業界イベントにおいて、携帯電話マルチメディア、ポータブルマルチメディア、家庭用デジタル製品、モバイルコンピューティング、そしてカーエレクトロニクス向けの最新テクノロジーを披露し、デモを実施する予定です。

MWC 2011 – バルセロナ(スペイン)、2 月 14 ~ 17 日開催
GDC 2011 – サンフランシスコ(米国)、2 月 28 日~ 3 月 4 日開催
Eurographics 2011 – ランディドノ(英国)、4 月 11 ~ 15 日開催
ESC Silicon Valley 2011 – サンノゼ(米国)、5 月 2 ~ 5 日開催
Siggraph 2011 – バンクーバー(カナダ)、8 月 7 ~ 11 日開催


All Press Releases