Press release

25 Nov 2008

シリコン・チップ・メーカーがイマジネーションテクノロジーズのPOWERVR SGX540を採用

POWERVR SGX、30以上のシステムオンチップ(SoC)に搭載

2008年11月25日モバイル向けグラフィックス・テクノロジーのリーディング・カンパニーであるイマジネーションテクノロジーズは、 POWERVR SGX540コアがシリコン・チップ・メーカーに採用されたことを発表しました。

SGX540(コード名「Ares」)用イマジネーション社独自の評価用シリコンのデモが、 今週東京で催される日本の家庭用電化製品と通信機器の大手企業限定のイベントで実施されます。 POWERVR SGX540は、 パフォーマンスがPOWERVR SGX530の2倍に強化されたのに対し、 シリコン領域と消費電力は大幅に低減しています。

POWERVR SGXは、 イマジネーション社のパートナーによって30以上のシステムオンチップ(SoC)に採用されています。 POWERVR SGX対応のSoCは、 Intel、 NEC、 Renesas、 Texas Instrumentsなど業界をリードする複数のシリコン・チップ・メーカーから出荷されており、 イマジネーション社は、 POWERVRSGXがモバイル向けグラフィックス・アクセラレーションの事実上の標準規格であるPOWERVR MBXの実績を着実に高めつつあることを確信しています。

イマジネーション社のマーケティング担当副社長トニー・キングスミス氏は、 次のようにコメントしています。 「シリコン・チップ・メーカーによるPOWERVR SGX540の導入で、 POWERVR SGX520はOpenGLES2.0に準拠した世界最小のコアとなりました。 日本初のPOWERVR SGX対応電話が発売され、 私たちは非常に重要な局面に遭遇しています。 さらに業界トップクラスの企業が何社かPOWERVR SGXベースのプラットフォームを導入して継続的に強力なパイプラインを構築することを確約しており、 POWERVR SGXがモバイル向けグラフィックスおよび組込みグラフィックスの事実上の業界標準としての評価を高めていることは大変光栄です」

POWERVR SGXアーキテクチャは、 エントリー・レベルの携帯電話からスマートフォーンやMID、 ナビゲーションやDTV/STBに至る製品群をターゲットにしたIP(知的財産)コアで独自の拡張が可能です。 このIPコアは小型で、 特許を取得した独自の効率性に優れたタイルベース・ディファード・シェーディング・アーキテクチャであるため、 チップ・メーカーにとっては、 コアのクロック速度を下げると同時にメモリの帯域幅を業界最低レベルに抑えることができ、 バッテリー寿命の延長が可能です。

POWERVR SGXに搭載された特許取得済みのタイルベース遅延レンダリングと、 マルチスレッドUSSE(Universal Scalable Shading Engine)がチップ上でグラフィックス処理を効率的に行います。 これらは、 確実にPOWERVR SGXGPUアーキテクチャで不要な処理を排除し、 消費電力を最小限に抑えてシリコン領域やメモリ・サブシステムに関係なく最高のフォーマンスを引き出すためにも不可欠です。 POWERVR SGXは、 既存のPOWERVR MBXアプリケーションとの完全互換性を確保した上で、 モバイル機器向けの完全に統一されたプログラマブルなシェーダ環境を実現します。

イマジネーションテクノロジーズについて
Imagination Technologies Group plc(FTSE:IMG)は、 半導体システムオンチップ(SoC)向け知的財産(IP)のリーディング・カンパニーで、 市場をリードするグラフィックス/ビデオ/ディスプレイ・アクセラレータ、 マルチスレッド・プロセッサ、 マルチスタンダード受信機テクノロジーのライセンス供与を行っています。 これらのIPソリューションはダイナミックで幅広い開発者およびミドルウェアのエコシステムによって補完されています。 ターゲットとしている市場は、 デジタル・ラジオとオーディオ、 携帯電話マルチメディア、 PMP(パーソナル・メディア・プレーヤー)、 車載ナビゲーションとドライバー・インフォメーション、 PND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)、 UMPC(ウルトラ・モバイルPC)とMID(モバイル・インターネット機器)、 デジタル・テレビとセットトップ・ボックス、 携帯テレビなどです。 ライセンス先は、 主要な半導体や家庭用電化製品関連の企業だけにとどまらず、 革新的な最先端の新興企業や工場を持たない半導体企業も含まれています。 イマジネーションテクノロジーズの本社はイギリスにあり、 世界各国に販売拠点と研究開発拠点を置いています。 詳しくは、 www.imgtec.comをご覧ください。

広報担当者:
David Harold
Imagination Technologies
tel +44 (0)1923 260 511
fax +44 (0)1923 270 188
e-mail: david.harold@imgtec.com
Imagination House
Home Park Estate
Kings Langley
Herts WD4 8LZ

Media contacts

If you have any enquiries regarding any of our news or press release items, please contact:

United Kingdom

david.harold@imgtec.com
Tel: +44 (0)1923 260 511

jo.ashford@imgtec.com
Tel: +44 (0)1923 260 511

Related blog articles

Image-based lighting

PowerVR Tools and SDK 2018 Release 2 now available

Here’s an early Christmas present for graphics developers – the release of the latest version of our PowerVR Tools and SDK! The headline features for this release include some exciting new examples demonstrating new techniques in our SDK, and some very

on stage in China

PVRIC4 a hit at ICCAD 2018 in China

Imagination’s PVRIC4 image compression tech garnered plenty of attention at the recent ICCAD China 2018 symposium, which took place on 29th and 30th November at the Zhuhai International Convention & Exhibition Centre, China. The annual event focusses on integrated circuit

The ultimate embedded GPUs for the latest applications

Introducing PowerVR Series9XEP, Series9XMP, and Series9XTP As Benjamin Franklin once said, only three things in life are certain: death, taxes and the ongoing rapid advancement of GPUs for embedded applications*. Proving his point, this week, Imagination has once again pushed

Opinion: the balance between edge and cloud.

Simon Forrest explains how embedded chips can meet the challenge of delivering true local AI processing. GPUs and NNAs are rapidly becoming essential elements for AI on the edge. As companies begin to harness the potential of using neural networks

Stay up-to-date with Imagination

Sign up to receive the latest news and product updates from Imagination straight to your inbox.

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.