6th January 2014

普及帯のモバイルやコンシューマとあらゆる領域へ、先進的なPowerVR Series6アーキテクチャを推進するイマジネーション

新たなPowerVR Series6XEファミリーは、OpenGL ES3.0/OpenCLをフルサポートする世界最小コアなど、革新的なGPU IPコア


英国ロンドン、 2014年1月6日 –イマジネーションテクノロジーズ(IMG.L)は、 コストが重視される量産市場向けアプリケーションをターゲットとした、 PowerVR
Series6 XE Rogue GPU(Graphics Processing Unit)IPコアの新ラインナップを発表しました。 新しいSeries6XEファミリーのラインナップは、 OpenGL
ES3.0とOpenCLをフルサポートした世界最小のIPコアを含み、 シリコン領域やメモリ帯域幅の制約下においても高性能グラフィックスパフォーマンスが要求されるエントリレベルのモバイル機器、 タブレットやウェアラブル機器、 DTV、 STB(Set
Top Box)等のコンシューマ向け製品においても、 高品位のグラフィックスや高効率のGPU汎用演算パフォーマンスを実現できるように設計されています。

新しいSeries6XE IPコアには、 最新の設計構成が取り込まれており、 OpenGL
ES3.0およびGPU汎用演算の開発に理想的なシリコン領域とパフォーマンスバランスを持ち、 低コストでも実用的なデバイスを提供することができます。 これらは、 高効率設計されたRogue
Series6 IPコア G6100を既に凌ぎ、 新しいSeries6XEファミリーの一員として最適化更新されました。 G6100 は、 2013年の発表以後、 大手企業を含む複数社のスマートフォン、 タブレットおよびコンシューマ向け等のアプリケーション用途として数多くライセンスされています。

Series6XE IPコアは、 効率的な領域、 消費電力、 パフォーマンスとの最適な組み合わせを実現し、 あらゆる機能を充実させた包括的なソリューションを提供します。

  • PowerVR Series6XE G6050:最新のRogueアーキテクチャの優位性の継承とスケーラビリティーを拡大した革新的な設計は、 従来の1クラスタから半分のクラスタで、 ソフトウェア完全互換を実現し、 OpenGL
    ES3.0とOpenCLをフルサポートした世界最小のGPUコアを可能にしました。 高効率のフィルレートスループットは、 モバイル、 ウェアラブルなど、 さまざまな普及価格帯の製品に理想的です
  • PowerVR Series6XE G6060: このIPコアは、 普及価格帯のモバイル製品、 タブレットおよびフルHDTV、 STBなどの製品をターゲットに、 領域縮小と帯域幅縮減をバランス良く最適化するためにイマジネーションの第2世代ロスレス画像圧縮(PVRIC2)技術を追加し、 G6050のハーフクラスタ設計を強化しています。
  • PowerVR Series6XE G6100: このIPコアは、 単一のUSC(Unified
    Shader Cluster)でも、 前世代マルチプロセッサGPUと同等のフィルレート性能を実現できる、 高性能なテキスチャマッピングユニットとの統合に最適化した、 オリジナルコアからの更新バージョンです。
  • PowerVR Series6XE G6110:
    この単一クラスタのコアは、 G6100の設計を拡張し、 スループット向上、 帯域幅の低減、 省電力およびシステムパフォーマンス改善を実現するため、 限られた帯域幅の低コストの4KUHD
    TVやタブレット製品には、 重要な手段となるイマジネーション第2世代ロスレス画像圧縮(PVRIC2)技術が追加されています。

G6050とG6110コアに実装されたPVRIC2は、 帯域幅縮減により、 SoC内のメモリサブシステムのコスト、 メモリモジュールのコスト、 部品表(BOM)上のデバイス総コストまで、 システムレベルでの低減を可能にし、 エントリレベル製品設計のコスト削減目標を達成する鍵を握ります。

イマジネーションのMartin Ashton氏(EVP Engineering、 PowerVR Visual IP)は次のように述べています。 「これらPowerVR
Series6XE RogueのIPコアの紹介を機にイマジネーションは、 シリコン領域、 電力消費、 帯域幅が重要課題となるコスト重視のエントリレベル製品設計へのフォーカスも深めていきます。 オリジナルのG6100コアは、 これら3つの尺度に既に適切にヒットしていますが、 新しいIPコアの特長は、 エントリレベルソリューションの幅をさらに拡げてくれます。 イマジネーションはまた、 すべての市場セグメントにおいてエンドユーザに満足を届ける事を重視し、 これらIPコアを設計しています。 高いフィルレート効率により、 PowerVR
Rogueアーキテクチャは、 お客様が、 最高のGUIとブラウジング性能を持つ製品の創造を可能にします。 」

DOK(Design Optimization Kits)によりシリコン領域を30%縮小

イマジネーションの、 PowerVR Rogue IPコア用の物理Design
Optimization Kits(DOKs)は、 お客様にシリコン領域の縮小と消費電力削減と共に設計の期間短縮を可能にし、 より高品質な結果へ導くために、 電力、 パフォーマンスおよび領域(PPA)の最適化に対しての柔軟性を提供します。 イマジネーションのDOKは、 業界をリードするEDAソフトウェアをベースとした参照用フロアプラン、 設計フロー、 パートナーがチューニングしたライブラリ、 特性データやドキュメントで構成されます。

イマジネーションによるDOKへの継続投資は、 G6100
コアの30%シリコン領域縮小へつながっています。

ソフトウェアおよびツールのサポート

イマジネーションは、 3Dグラフィックスアプリケーション開発をあらゆる側面からサポートできるように、 開発者へは、 複数プラットフォームに対応したツールキットであるPower
VRグラフィックスSDKのフリーアクセスを提供しています。 開発者はPowerVR Insider Communityに参加することで、 無償でSDKをダウンロードすることができ、 www.powervrinsider.comの開発フォーラム通して、 45,000名以上のメンバーからなるコミュニティで交流することができます。

ライセンス

PowerVR Series6XE コアのライセンス提供を開始しました。 詳しくは、 info@imgtec.comへお問合わせください。

PowerVR グラフィックスについて

イマジネーションのPowerVRグラフィックステクノロジーは、 モバイルおよび組み込みグラフィックスのデファクトスタンダードです。 拡張可能なコンピューティングクラスタをベースにしたPowerVR
Rogueアーキテクチャは、 モバイルからスマートフォン、 タブレット、 PC、 コンソール、 自動車、 TVなどの最高性能の組み込みグラフィックスを要求し、 拡大を続ける厳しい市場の要件をターゲットとして設計されています。 これらのプログラミング可能な処理ブロックを組み合わせることで、 PowerVR
Rogue IPコアは、 最低限の消費電力と帯域幅でクラス最高性能のGPU演算能力を提供します。

PowerVR Rogueアーキテクチャは、 OpenGL ES 3x/2/1.1、 OpenGL 3x/4xを含む最新のグラフィックスAPIの機能をサポートするよう設計されており、 DirectX
11.1へと拡張可能なフルWHQL準拠DirectX 9/10に対応した製品も用意されています。 PowerVR Rogue GPUはOpen CL 1xおよびRenderscriptなど、 普及しつつあるGPU汎用演算APIのフルサポートを提供し、 モバイルおよび組み込みデバイス向けにパフォーマンス対電力消費の最適なバランスを実現します。

イマジネーションテクノロジーズについて

マルチメディア、 プロセッサ、 通信、 クラウドテクノロジーにおける世界的な先端企業であるイマジネーションテクノロジーズは、 グラフィックス、 ビデオ、 画像処理、 組込CPU、 マルチスタンダード通信、 プラットフォーム間共通のV.VoIPおよびVoLTE、 クラウド技術など市場をリードするプロセッサソリューションの開発とライセンス供与を行っています。 このシステムオンチップ(SoC)向けシリコンIPソリューションは、 ソフトウェア、 開発ツール、 エコシステムによってサポートされています。 ターゲット市場としては、 携帯電話、 ネットワーク家電、 モバイルコンピューティング、 カーエレクトロニクス、 通信、 医療、 スマートエネルギー、 ネットワークセンサーなどが挙げられます。 イマジネーションのライセンス先は、 各国の主要な半導体企業、 ネットワーク事業者、 OEM/ODM企業などです。 イマジネーションテクノロジーズの本社は英国にあり、 世界各国に販売拠点と研究開発拠点を置いています。 詳しくは
www.imgtec.comをご覧ください。

イマジネーションはTwitterYouTubeLinkedInRSSFacebook、 さらにブログで情報を提供しています。

イマジネーション・テクノロジーのプレス担当者: 

英国: David Harold         david.harold@imgtec.com    +44
(0)1923 260 511

米国: Jen Bernier-Santarini jen.bernier@imgtec.com     +1 408-530-5178


All Press Releases