8th January 2013

CES 2013: イマジネーションの通信テクノロジーがどこでも、誰にでも‘クラウドのある夢の生活’を約束


国際CES 2013、 米国ラスベガス: マルチメディアおよび通信におけるチップテクノロジーの世界的なリーディングカンパニーであるイマジネーションテクノロジーズは、 CES 2013(ブース:LVCC South Hall 4 Suite S215)において、 次世代の接続されたデジタル家電技術を更にマスマーケットに拡大するコネクティビティとクラウド技術を紹介します。

イマジネーションは、 今日のマルチメディアワールド、 およびモバイルワールドの原動力となる先進のテクノロジーを開発し、 ライセンス供与します。 CES 2013では、 イマージネーションの最新技術が紹介されます。 デジタル駆動型接続スピーカー、 デジタルラジオ、 オーディオドック、 スマートエネルギーおよびその他のすべてのホームアプリケーションが接続され、 従来のテクノロジーと比較して大幅な省エネルギーを実現します。

イマジネーションのMetaFlow Connected Processorプラットフォームは、 イマジネーションのMetaプロセッサ、 ENSIGMAコネクティビィティおよびFlow Cloudテクノロジーを統合し、 総合テクノロジープラットフォームを提供します。 これにより、 チップ設計者は強力なホームオートメーション製品を開発できます。

ますます多くのイマジネーションのシリコンパートナーがMetaFlowベースの製品を発売し、 Pureおよび数多くのOEMおよびODMがこれらを使用して今日販売されているもっとも革新的なクラウド接続機能を持つデジタル家電製品を生産しています。

イマジネーションのマーケティング担当副社長トニー・キングスミス氏は次のように述べています。 「規格の多様化とデジタル家電製品の集中化のいずれもが、 クラウド時代のコネクティビィティを活用するためには、 デバイスがどのように進化しなければならないか考え直すよう示唆していることを市場が教えてくれました。 イマジネーションは、 エンターテイメントだけでなく、 ネットワーク、 セキュリティ、 スマートエネルギー、 パーソナルヘルスなどをホームオートメーションで新規のアプリケーションを実現する方法を探りながら、 これを今まで重視してきました。 これらの市場のすべてが、 イマジネーションの最新のクラウドおよびコネクティビティテクノロジーによって大幅に強化された機能性を活用し始めたことにより、 自動車からトースターまでが相互に、 またさらにインターネットに接続され、 消費者は喩えれば「クラウドのある夢の生活」を送ることができるようになります。 」

プロセス: META CPU
META CPUテクノロジーは、 包括的な汎用組み込み32ビットプロセッサ群で、 さまざまな用途および組み込み処理に対応しています。 Metaプロセッサの独自のハードウェアマルチスレッドおよびDSP能力によって、 最新鋭の製品を実現することができます。 MetaFlow Connected Processor IPプラットフォームは、 高性能な32ビットハードウェアマルチスレッドCPUアーキテクチャ(オプションで32ビットDSP能力も追加可)、 Ensigma RPUベースのフル802.11a/b/g/n Wi-FiおよびBluetooth通信プロセッサ(さらに20以上のテレビおよびラジオ標準もサポート)、 およびイマジネーションのFlowクラウドおよびポータルテクノロジーのすべてを超低電力、 徹底してコスト管理されたIPパッケージで統合します。

接続: ENSIGMA RPU
イマジネーションのENSIGMA Series4 RPU(ラジオプロセッサユニット)は、 最新の通信処理の心臓部です。 ENSIGMA IP プラットフォームは、 増え続ける放送規格および接続規格をすべてを1つのエンジンでサポートし、 SoCに統合できるようにすることにより、 最小限のシステムコストで規格対応の問題を解決します。

ENSIGMA Series4は、 グローバルシャーシのテレビやセットトップボックス、 ラジオ(消費者向けまたは車載)、 タブレットや他の消費者向け接続機能搭載製品、 および組み込み製品などの市場に最適な、 「Internet of Thing」(あらゆるモノをWebにつなぎネットワーク化する)を牽引するソリューションです。

包括的に標準をサポートしているため、 接続されたテレビ、 オーディオおよび他の家庭電化製品に理想的で、 また、 その「ワンワールド、 ワンチップ」アプローチによって、 半導体およびOEMメーカーにとって、 巨額のコスト削減が可能となっています。

ENSIGMA RPUの接続は、 802.11abgn、 MIMO、 802.11n、 MIMO 802.11ac、 (Complete、 Fully Embedded、 または同時Bluetooth機能搭載Thin MACなど)を含む、 すべての主要な規格をサポートしています。

また、 DVB-T2、 DVB-T、 ISDB-T、 SBTVD、 ATSC、 GB20600-2006(CTTB)、 DVB-S2,DVB-S,ISDB-S、 DVB-C2、 DVB-C、 J.83B、 ISDB-Cなどのテレビ標準により、 グローバルシャシーの放送製品を実現できます。 アナログテレビ向け、 モバイルテレビ向け(DVB-H、 T-DMB、 1-Seg ISDB-Tなど)、 およびラジオ向け(DAB/DAB+、 HD Radio、 3-seg ISDB-T、 ISDB-Tmm、 DRM、 FM、 AM)の主要な標準をすべてサポートしています。

管理: Flow
Flowは、 クラウド接続性能テクノロジーのポートフォリオで、 「Internet of Things」を実現するコンシューマ向け製品、 産業界向け製品、 および組み込み製品を完全にクラウド接続することができるようにするものです。 Flowにより、 製品設計者がエンドアプリケーションに完全に最適化した独自のクラウドベースソリューションを簡単に作成することができます。 また、 その一方で、 Flowの提案およびサービス/コンテンツパートナーといった成長するエコシステムにより、 OEMおよびODMが、 自社のコア製品の実力を補完する豊富なクラウドベースソリューションを提供することができます。

イマジネーションテクノロジーズについて
マルチメディアと通信におけるチップ テクノロジーの世界的なリーディング カンパニーの Imagination Technologies Group plc(LSE:IMG)は、 グラフィックス、 ビデオ、 ディスプレイ処理、 マルチスレッド組み込み処理/DSPコア、 マルチスタンダード通信アプリケーションおよびコネクティビティプロセッサ向けの市場をリードするマルチメディアIPコアの開発およびライセンス供与を行っています。 このシステム オン チップ(SoC)向けシリコンIPソリューションは、 プラットフォームレベルIP、 サービス、 多数の強力なソフトウェア ツール、 ドライバ、 多数の開発者、 ミドルウェアのエコシステムによってサポートされています。 ターゲット市場としては、 携帯電話、 携帯マルチメディア機器、 家庭用娯楽機器、 モバイルコンピューティングや低消費電力コンピューティング、 カーエレクトロニクスなどが挙げられます。 ライセンス先には、 主要な半導体や家庭用電化製品関連の企業が含まれます。 イマジネーションテクノロジーズの本社はイギリスにあり、 世界各国に販売拠点と研究開発拠点を置いています。 詳しくは www.imgtec.comをご覧ください。


All Press Releases