26th February 2014

Futuremarkの新しい3DMark OpenGL ES 3.0 ベンチマークをイマジネーションが初の公開デモ


2014年226日、 スペイン、 バルセロナ。 MOBILE WORLD CONGRESSイマジネーション・テクノロジーズ (IMG.L) はこの日、 モバイル機器上で初となる3DMarkのCloud Gateベンチマークの公開デモを行い、 Mobile World Congressの来場者からは驚きの声が聞こえてきました。 3DMark Cloud Gateは、 高性能ベンチマークソフトウェアをリードするFuturemarkのモバイルプラットフォーム向けの新しいOpenGL ES 3.0ベンチマークです。

バルセロナにおいて2月25日から27日まで開催されているMobile World Congress 2014(Hall 6, 6E30)で、 イマジネーションはPowerVR Series6 Rogue GPU上で他では見られない3DMark Cloud Gateのデモを実施しています。

3DMarkは、 PC、 ノートブック、 モバイル機器などクロスプラットフォームのポピュラーなベンチマークです。 3DMark Cloud GateはこれまでPC、 ノートブックのみに対応していましたが、 最先端のOpenGL ES 3.0レンダラーを使用することで、 AndroidやiOS製品でも実行できるようになりました。

FuturemarkのOliver Baltuch社長は次のように述べています。 「イマジネーションが自社技術の特長を公開するために、 3DMarkを選んだことを嬉しく思います。 3DMark Cloud Gateの実行には非常に高い性能が要求されるベンチマークですが、 強力なイマジネーションのPowerVR GPUよって、 本当に素晴らしい動きをしています。 」

イマジネーションのTony King-Smith氏(EVP Marketing)は次のように述べています。 「Futuremarkとの長年のパートナーシップにおける新たな一歩として、 3DMark Cloud Gateの初のデモ公開によって、 先進のOpenGL ES 3.0の機能を紹介できたことを本当に嬉しく思います。 」

PowerVR Series6 GPU上での3DMark Cloud Gateデモの詳細

OpenGL
ES 3.0 APIの活用によるハードウェア利用と開発者の効率性の向上をもたらす、 PowerVR
Series6 Rogueアーキテクチャの長所が3DMark Cloud Gateによって紹介されます。

Cloud
Gateで使われる完全マルチスレッドエンジンは、 ピクセルごとのライティング計算前に、 まず幾何学データの変形を累積する遅延レンダリングを実行します。

– ライティングパスの演算には以下の高度なテクニックを駆使しています:

– 光量に応じたシャドウマップ

– 照度と光線量の減衰マルチレンダリングターゲット

– トランスフォームフィードバックを使ったパーティクルシステム

– 被写界深度

– HDRレンダリングターゲットを使ったプロシージャルFFTベースのブルームフィルタ

3DMark
Cloud Gateは、 モバイルプラットフォーム向けに初めて遅延ライティングとともにHDRレンダリングを大量に演算するベンチマークであり、 最新の組み込みグラフィックスプラットフォームに対して特徴的な演算負荷を与えます。 3DMark Cloud Gateは、 現在Windows PC版のみ提供されており、 近日中にAndroidとiOS版が提供される予定です。 http://www.futuremark.com/3dmark

Futuremarkについて

Futuremark®は、 世界中に最も普及しているベンチマークテストを制作しています。 Futuremarkの3DMark®、 PCMark®、 Powermark®およびPeacekeeper™テストは、 世界中の何百万もの人々に、 PCやモバイル機器のパフォーマンス評価、 改善に寄与しています。 Futuremarkは、 カリフォルニア州サラトガ、 台湾の台北市、 フィンランドのヘルシンキにオフィスがあります。 http://www.futuremark.com/

イマジネーション・テクノロジーズについて

イマジネーションは、 世界中の何十億の人々の生活を豊かにする製品を支えるグローバルテクノロジーリーダ企業です。 広範囲なシリコン製品IP(知的財産)には、 様々なモバイル、 家電、 自動車、 企業、 インフラ、 IoT、 組込機器の原動力となるSoC(System on Chip)の設計に欠かせないマルチメディア、 通信、 汎用プロセッサが含まれています。 独自のソフトウェアやクラウドIP・システムソリューションとの相乗効果によって、 ライセンシーやパートナーが高度に差別化されたSoCプラットフォームを利用した製品を素早くに市場投入することを可能にします。 イマジネーションのライセンシーである半導体メーカー、 ネットワークオペレータ、 OEMやODMなど多くの世界的な先端企業は、 各国で象徴的で革新的な製品を創り続けています。 詳しくは
www.imgtec.comをご覧ください。

イマジネーションの情報はTwitterYouTubeLinkedInRSSFacebookブログで提供されています。

イマジネーション・テクノロジーズとイマジネーション・テクノロジーズのロゴはImagination
Technologies Limitedと英国及びその他の国の関連会社の商標です。 その他のロゴ、 製品、 商標や登録商標は各所有者に所有権があります。

イマジネーション・テクノロジーズのプレス担当者:

英国:
David Harold              
david.harold@imgtec.com  +44 (0)1923 260 511

米国: Jen
Bernier-Santarini 
jen.bernier@imgtec.com   +1 408-530-5178


All Press Releases