Press release

13 November 2018

ImaginationがPowerVR Automotive戦略における次のステップを発表

15年の経験を有する当社の自動車機器向け製品パッケージにより、市場の成長が加速

Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Share on reddit
Share on digg
Share on email

英国ロンドンおよび東京 – 20181113Imagination Technologiesは、自動車用半導体業界の成長を加速させる完全な製品パッケージであるPowerVR Automotiveを発表しました。PowerVR Automotiveには、ハードウェアIP、ソフトウェア、ツール、ドキュメント、および長期サポートという重要な5つの要素が統合されています。本製品を使用することにより、既存のお客様や新規参入メーカーの皆様は、完全な自動運転へと向かう業界の流れの中でも必要な安全規格や性能要件に対応できるようになります。

本製品には、PowerVR Series8XT-A GPUコアが実装されており、インフォテインメントシステムやデジタルコックピットシステム、先進運転支援システム(ADAS)などで既に幅広く使用されている既存のIPを補完することが可能です。PowerVR Series8XT-Aでは、リカバリ機能や信頼性機能が強化されています。これにより、システムオンチップ(SoC)の設計者はデジタルヒューマンマシンインタフェース(HMI)や自動運転車両(AV)向けのSoCに関する自動車安全性認証を容易に取得できます。

PowerVR Automotiveを選択する理由

自動車向けアプリケーションには、システム設計のあらゆる側面に影響を与える特定の要件が存在するため、標準の家電用IPでは対応できません。PowerVR Automotiveは、これを解決するための完全なパッケージを実現しています。各種のサポートドキュメント、および自動車機器の安全性とトレーサビリティに関する情報を含むこのパッケージは、お客様のSoCが確実にASILレベルの機能安全性を達成し、ISO 26262やIEC 61506などの業界規格をシステムレベルで満たすことができるよう設計されています。Imaginationは、自動車機器市場に対する幅広い知識を有しており、実績のある長期サポート(LTS)パッケージを10年以上にわたって供給することにより、お客様の製品ライフサイクルに信頼性と安心感を提供しています。

当社では、要件の厳しい自動車市場への適合性を保証するため、パッケージ全体を当社の成熟した品質管理プロセスの下で考案、設計、およびテストしました。

PowerVR IPは、2006年以降、最先端の自動車機器製品を製造するうえでの重要な要素となっており、 GPUは、デンソー、ルネサス、Socionext、テキサス インスツルメンツ(TI)などを含むさまざまな大手自動車アプリケーションプロセッサベンダーにライセンス供与されています。これらの企業は現在までに数千万台のデバイスを出荷しています。そのため、車載アプリケーションプロセッサにおけるImaginationの市場シェアは50%を超えています。

Imagination TechnologiesのCEOであるLeo Liは、次のように述べています。「自動車業界の流れは、運転支援車両や完全自動運転車両へと急速に移行しています。PowerVRは、自動車用半導体市場でのさまざまな経験を通じて進化しており、消費電力や性能に対する要求が厳しくなり続ける中でも常に最先端であり続けようとしています。Imaginationはこのパッケージ製品を発表できることを大変うれしく思います。本パッケージを使用すれば、多くの自動車メーカーのお客様は、成長するこの市場で求められる複雑な要件にも対応することができます。」

PowerVR Automotiveパッケージの提供

PowerVR Automotiveパッケージは、新しい企業の市場参入を促すことが可能な製品です。また、業界の既存企業においても、安全要件を満たすうえでの負担が軽減されます。

この総合的な自動車機器パッケージを使用すると、PowerVRの高品質なIPの用途を自動車機器ソリューションにまで拡大できるようになります。お客様は多様なIPを選択することができ、自動車業界の認証要件にも対応できる拡張された安全パッケージにアクセスすることができます。これらには、ハードウェアIP、ソフトウェアおよびツール、車載オペレーティングシステムおよびハイパーバイザーのサポート、ドキュメントおよび分析、開発のトレーサビリティが含まれています。

ABI Research社の垂直市場担当副社長であるDominique Bonte氏は 次のように述べています。「自動車機器の進歩の速度は、Imaginationの従来の市場であるモバイル機器などの速度にいよいよ近づきつつあります。自動車用半導体ベンダーは、ImaginationのPowerVR Automotive専用スイートのターンキーソリューションを活用することにより、機能安全性、仮想化、電力最適化といった自動車機器に求められる要件に対応しながら、製品の市場投入期間を短縮することができます。」

PowerVR Series8XT-A GPUの導入

PowerVR FurianアーキテクチャをベースとするSeries8XT-Aは、クラスタ、HUD、インフォテインメント、デジタルコックピット、およびADAS機能向けのSeries8XT GPUファミリにおける新たな製品です。Series8XT-Aは、クラス最高のPPA(消費電力、パフォーマンス、および面積)を実現しており、ハードウェアとソフトウェアの新機能によってGPUの障害検出やリカバリを行います。また、誤り訂正符号(ECC)、ロジックビルトインセルフテスト(LBIST)、および業界最先端の検証手法など、その他のさまざまな新機能も搭載されています。

自動車機器のOEMメーカーは、独自の組み込みハードウェア仮想化機能を備えたSeries8XT-Aを使用することで、複数のアプリケーションとサービスを独立したコンテナ内で安全に稼動させながら、それぞれのサービス品質(QoS)を保証することができます。

車載向けPowerVRニューラルネットワークアクセラレータ(NNA)

ニューラルネットワークは、自動車機器の開発における基本要素になりつつあり、 その適用範囲はユーザーエクスペリエンスからADAS、自動運転にまで及びます。

複数の賞を受賞したPowerVR Series2NX NNAは、ドライバ監視、ドライバ視線追跡、座席占有率、道路標識検出、運転可能経路解析、道路利用者検出、ドライバ認識などのさまざまなADASアプリケーションで利用されています。組み込み環境に適した性能密度を持つPowerVRのNNAテクノロジーは、レベル3からレベル5の自動運転への移行を目指す業界にとって重要な存在となります。

Imaginationでは、最先端のGPUとNNAテクノロジーを組み合わせる技術に基づいて、業界による自動車機器向けソリューションの創造を極めて柔軟にサポートします。また、リスクの軽減や互換性の保証を通じて、お客様の製品寿命の向上にも貢献します。

ライセンス

PowerVR Series8XT-A GPUのライセンス供与はすでに開始されています。次世代の車載向けPowerVR GPUおよびNNAは、2019年中に販売開始の予定です。詳しくは、info@imgtec.comへお問合わせください。

Media contacts

If you have any enquiries regarding any of our news or press release items, please contact:

United Kingdom

david.harold@imgtec.com
Tel: +44 (0)1923 260 511

jo.ashford@imgtec.com
Tel: +44 (0)1923 260 511

Related blog articles

Putting Imagination into Engineering

Are women missing out on a fulfilling and creative career path by not choosing engineering and can we, as an industry help to address it?

Imagination marks 20 years of the Wi-Fi Alliance

One of the key reasons for Wi-Fi’s ubiquity in devices is down to the Wi-Fi Alliance, which on 4 June 2019 is celebrating 20 years of existence. But what exactly is the Wi-Fi Alliance?

Stay up-to-date with Imagination

Sign up to receive the latest news and product updates from Imagination straight to your inbox.

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.