7th April 2015

MEMSセンサー企業Standing Eggがモバイル、IoT、ウェアラブル、および自動車機器向けセンサーハブにMIPS CPUを採用

採用の全重要項目は、パフォーマンス、電力、面積、そして組込セキュリティだった


英国ロンドン – 2015年4月7日 – イマジネーションテクノロジーズ(IMG.L)は、 韓国を拠点とするMEMSセンサー開発企業Standing Eggが、 モバイル機器、 IoT、 ウェアラブル機器、 自動車機器など広範囲の製品をターゲットとする次世代センサーハブ向けに、 イマジネーションのMIPS Warrior M-class CPUのライセンスをしたことを発表します。

Standing Eggは、 加速度計、 ジャイロスコープ、 圧力センサーなどを含むMEMSセンサー製品を開発しています。 Standing Eggは、 こうした様々なセンサーからのデータを統合し、 処理する手段に、 MIPSベースのセンサーハブチップを搭載したモジュールやボードの提供を計画しています。

Standing
Eggは、 次世代製品向けのMCUクラスのCPUを選択するにあたって、 MIPS CPUと他の競合CPU IPコアを比較しました。 主な判断基準は、 パフォーマンス、 電力、 面積であり、 Standing Eggによれば、 これらの基準においてMIPS M5100は、 他のCPUを上回っていました。 また、 Standing EggではMIPS M5100 CPUがセンサー信号を高速に低電力で処理できることも確信しています。 これは同社にとって、 重要な設計配慮事項でした。 改ざん防止技術などのMIPS CPUがもつセキュリティ機能も、 この決定に重要な役割を果たしています。

Standing
EggのCEO、 Jongsung
Lee氏は次のように述べています。 「Standing Eggのセンサーは自社で設計、 製造しているため、 私たちがコンセプトからパッケージングにまであらゆる要素をコントロールすることができます。 CPUを選択する際に、 私たちは卓越した処理性能、 機能をもつMIPSを選択しました。 信号処理性能と同様に、 高度なアルゴリズムを処理できる能力は、 当社の次世代センサーハブとしてMIPS M5100は理想的であり、 既にいくつかのお客様からこれらの製品に関する問い合わせがきています。 ネットワーク接続IPやクラウドサービスなど、 イマジネーションのIPコアのフルラインナップは、 センサーハブアプリケーションにとってとても魅力的です。 」

イマジネーションテクノロジーズのJim Nicholas氏(Vice President、 MIPS Business
Operations)は次のように述べています。 「Standing Eggは、 設計から製造、 試験およびパッケージングまでを手がけるMEMSセンサー開発の革新的な企業であり、 同社が次の設計にMIPSを採用したことをうれしく思います。 これは、 アジアの他世界中でMIPSの需要が増大している一例です。 各社は、 次世代デバイスを設計する上で、 優位性を与えるハードウェア仮想化、 拡張セキュリティやハードウェアマルチスレッド処理などの特徴をもつ先進的CPUを求めるようになってきており、 MIPS Warrior CPUにとってIoTやウェアラブル機器は特に注目している分野です。 」

Standing Eggでは、 2015年後半にMIPS M5100 CPUをベースにしたセンサーハブ製品のリリースを計画しており、 先行してFPGAバージョンが利用可能です。

Standing Eggについて

Standing Eggは、 韓国を拠点とする、 MEMS(Micro
Electro Mechanical Systems)センサー開発プロフェッショナル企業です。 Standing Eggチームは、 MEMSエンジニアリング分野における専門家たちで編成されています。 同社は、 MEMSセンサーを通じて、 完全なネットワーク社会の可能性を切り開く、 世界的なマーケットリーダーを目指しています。 www.standing-egg.co.kr をご覧ください。

イマジネーションテクノロジーズについて

イマジネーションは、 世界中の何十億の人々の生活を豊かにする製品を支えるグローバル規模のテクノロジー・リーディング・カンパニーです。 広範囲なシリコン製品向けのIP(知的財産)には、 様々なモバイル、 家電、 自動車、 企業、 インフラ、 IoT、 組込機器の原動力となるSoC (Systems on Chips)の設計に欠かせないマルチメディア、 通信、 汎用プロセッサが含まれています。 インフラ技術とシステムソリューションの独自ソフトウェアのよって、 お客様が高度に差別化されたSoCプラットフォームを素早く市場に投入することを可能にします。 イマジネーションのライセンシーである半導体メーカー、 ネットワークオペレータ、 OEMやODMなど多くの世界的な先端企業は、 各国で象徴的で革新的な製品を創り続けています。 イマジネーションに関する詳細情報は www.imgtec.com及びwww.imgtec.com/jpをご覧ください。

イマジネーションは、 TwitterYouTubeLinkedInRSSFacebookブログで情報を提供しています。

イマジネーション・テクノロジーズとイマジネーション・テクノロジーズのロゴはImagination
Technologies Limitedと英国及びその他の国の関連会社の商標です。 その他すべてのロゴ、 製品、 商標、 および登録商標は、 それぞれの所有者に帰属します。

イマジネーション・テクノロジーズのプレス担当者:

英国: David Harold
david.harold@imgtec.com
+44 (0)1923 260 511

米国: Jen Bernier-Santarini
jen.bernier@imgtec.com
+1 408-530-5178


All Press Releases